トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔OZ-06MS〕リーオー(ALIVE版)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

リーオー

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号OZ-06MS
兵器区分汎用量産型モビルスーツ
所属-
パイロット-
製作データ
デザイナーカトキハジメ
コミック用アレンジ:高山瑞穂
初出作品機動戦士ガンダムALIVE
参考文献
登場話数Ep.6,Ep.7

 スペック

項目内容
全高16.2m
頭頂高16.2m
本体重量7.0t
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown
装甲材質チタニュウム合金
開発OZ

※新機動戦記ガンダムW劇中のスペック。

 武装

105mmライフル

 105mm口径の実体弾を用いる火器。

ビームライフル

 主に宇宙用の機体が使用するビーム兵器。
 長銃身型と短銃身型の2種が存在するが,威力にそれほど大きな違いはない。
 対モビルスーツ戦闘を想定して開発された装備ではあるが,ガンダニュウム合金製の装甲に対しては,あまり効果を期待できないものとなっている。
 通常,20発分のエネルギーがチャージされている。

ショートタイプビームライフル

バズーカ

 各種弾頭を運用可能。

ビームサーベル

 概要

 OZ-06SMS《リーオー》は,地球圏統一連合が初めて本格配備した量産型モビルスーツである。
 機体として突出した性能は持っていないものの,高い汎用性と量産性に優れる機体であり,ユニット化が進んでいたことからオプションも豊富であり,地球圏のありとあらゆる場所に配備されていたといっても過言では無い。

 開発そのものは,後にOZとして連合そのものを掌握することとなるスペシャルズによって行われたもので,史上初のモビルスーツと言われるOZ-00MS《トールギス》をベースとしている。
 トールギスは,モビルスーツとしての性能のみを追求したことから,パイロットに与える影響を全く考慮しなかったことから,兵器としては失敗作と判断せざるを得ず,事実上,封印されることとなった。
 しかし,機体そのもののポテンシャルは高いものがあり,これをベースに不用な機能を削除するとともにユニット化を進め,量産するための各部の簡素化とパイロットに与える高い負荷を改善する形で再設計が行われている。
 背部,両肩,大腿部などにオプション用ハードポイントを用意し,装備の換装とユニットの換装によって様々な局面に対応できる機体となった。
 また,そうした設計から,新型機開発におけるテストベッドとしても位置づけられ,様々な機体が開発されることとなったのである。

 開発されたリーオーは,その生産性と操作性からも評価は高く,連合軍の主力として運用されていたが,A.C.195年のオペレーション・メテオに始まる一連の戦いでは,続々投入される新型モビルスーツやモビルドールに対して力不足となっており,苦戦を強いられることとなった。
 だが,OZ総帥トレーズ・クシュリナーダの主張する人間の尊厳を体現する機体として,モビルドールに対する対極にある兵器として一連の戦いの最後まで使用され続けている。

 引用

コミックス第2巻解説

 操作性や生産性に優れた量産機。汎用性が高く,オプション換装によってあらゆる戦況に対応することが可能だ。

 部隊での運用を前提に開発されたため,単機での戦闘能力はさほど高くない。

 備考

 劇中,シミュレーションで時夫が操作したガンダムと戦っていた機体として登場。
 コミック,本編中とも説明は存在しないため,本文はガンダムW劇中のものである。

 関連項目


 編集者

 編集者


[MS/MA・O]
[モビルスーツ・ALIVE]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2017年03月11日 16時23分22秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注