トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

〔ORX-013〕G-后塀藉型)の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
>>[[ユーザーファイル入口|USER/〔ORX-013〕G-]]
!!!G-后塀藉型)
*[MS]
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,読み,ジーファイブ
,型式番号,ORX-013
,兵器区分,汎用攻撃型試作重モビルスーツ
,所属,地球連邦軍
,パイロット,不明
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,明貴美加
,初出作品,MG別冊 MissionZZ
,参考文献,MG別冊 MissionZZほか

!!スペック
,項目,内容
,全高,25.11m{{fn MG別冊 MissionZZ(以下同じ)}}
,頭頂高,21.7m
,本体重量,31.3t
,全備重量,70.5t
,ジェネレータ出力,4340kw
,スラスタ推力,98900kg
,装甲材質,ガンダリウム合金
,開発,オーガスタ研究所

!!武装
!ビーム・ライフル
!ビーム・サーベル(出力0.9MW)
!インコム(出力4.5MW)
!背部ビームキャノン(出力12MW)

!!概要
 地球連邦軍が開発を進めた試作モビルスーツ。
 開発コードが示すようにオーガスタ研究所で開発が進められたもので,機体名称こそ「ガンダムMk-后廚任△襪,実質的にはムラサメ研究所が開発したMRX-009《サイコガンダム》の小型版を目指して開発が進められた機体であり,正当な「ガンダムの系譜」とは言いがたい機体である。その為か,一般的には「G-后淵検璽侫.ぅ屐法廚噺鴇里気譴襪海箸多い{{fn この名称についての一文は,完全にオリジナルなので注意。}}。

 本機の開発コンセプトは,先に示した通り,サイコガンダムの小型化であるが,ムラサメ研究所の開発陣もMRX-013《量産型サイコガンダム》という同様のコンセプトの機体を開発している。
 いずれの機体もニュータイプでは無い(いわゆるオールドタイプの)パイロットによる操縦を前提としており,ほぼ通常のモビルスーツサイズ(ただし,MRX-013はORX-013と比して大きめの機体ではある)に納めており,似通った機体として誕生している。

 しかし,MRX-013がサイコガンダムの火力を継承することを前提とした機体であるのに対して,本機はオーガスタ研究所ならではの独自機能が盛り込まれている。
 それが,ティターンズでテストされていたRX-121《ガンダムTR-1[ヘイズル]》でも採用されていたシールドブースター{{fn 設定上では時代的にこのように処理したが,実際にはG-垢離妊競ぅ鵑諒が先である点に注意されたし。}}や,疑似オールレンジ攻撃を実現するインコムの採用である。

 G-垢蓮3機が試作され,そのうち1機はムラサメ研究所のローレン・ナカモトの手によってアクシズに送られ,AMX-014《ドーベンウルフ》の原型機となった。

!!引用

!!備考
 モデルグラフィックス別冊GUNDAM WARS競潺奪轡腑鵙ΖΔ坊悩椶気譴織弌璽献腑鵝

!!関連項目

!!編集者
*あさぎり
*だっちん
----
{{category MS/MA・O}}
{{category モビルスーツ・MG誌}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。