トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

〔OMS-90R〕ガンダムF90 火星独立ジオン軍仕様の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
>>[[ユーザーファイル入口|USER/〔OMS-90R〕ガンダムF90 火星独立ジオン軍仕様]]
!!!F90オールズモビル仕様{{br}}ガンダムF90 火星独立ジオン軍仕様
*[MS]
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,型式番号,OMS-90R
,兵器区分,汎用多目的型試作モビルスーツ
,所属,オールズモビル
,パイロット,ボッシュ
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,大河原邦男
,初出作品,機動戦士ガンダムF90
,参考文献,B-CLUBほか

!!スペック
,項目,内容
,全高,Unknown
,頭頂高,15.2m
,本体重量,8.9t
,全備重量,20.22t
,ジェネレータ出力,3160kw
,スラスタ推力,27510kg x2,11350kg x2
,スラスター総推力,95850kg
,アポジモーター数,62
,装甲材質,ガンダリウム合金/セラミック複合材 
,装甲材質,ガンダリウムγ合金/セラミック複合材{{fn B-CLUB 071}}
,黒歴史コード,07-0688693

!!武装
!頭部バルカン砲
!ビーム・サーベル
!ビーム・ライフル
!グレネード x4

!!概要
 俗にOMS-90R《ガンダムF90火星独立ジオン軍仕様》という型式名で呼称されるこの機体は,U.C.0120年にサナリィの試験中に強奪されたF90《ガンダムF90》2号機を,オールズモビル(火星独立ジオン軍)が独自に改修した機体である。
 外部装甲のほとんどに手を加えられているため,一見するとベースとなったF90とは異なった機体であるとの印象を受けてしまうが,本体の基本的構造や搭載装備については,変更されていない機体である。しかし,駆動部(関節部)などは,補充やメンテナンスが行いやすいように改造が加えられている。(内部の反応炉,ジェネレータなどの動力系統や,疑似人格型ニューロ・コンピュータなどはそのままである。)

 F90最大の特徴であるハード・ポイントによる換装機能は,オールズモビル側の技術的問題や適合する装備が無いことから撤去されているが,後に回収された本機を検証したサナリィ側のスタッフによれば,本機には独自規格のハード・ポイントが設置されており,特に前腕部には膨大な電力を供給するための接続マウントが設けられており,その構造的にビーム・シールドを装着する為のエネルギーバイパスであった可能性が高いということである。
 なお,F90はもともとミッションパックの運用において最高の能力を発揮するように調整されており,機体本体はベーシックなものである。このため,機体本体の能力を高める単体のモビルスーツとしての能力調整が施されており,重量増加等の影響で機動性は低下しているものの,近接格闘戦時の対応能力は高められており,トータルで言えば,1号機の能力を上回っている部分も多い。

 本機のパイロットとなったボッシュは,もとネオ・ジオン軍のモビルスーツ,AMS-119《ギラ・ドーガ》のパイロットで,第2次ネオ・ジオン戦争時にRX-93《νガンダム》とともに,アクシズ落下を防いだ経験がある。その際にνガンダムから発せられた力(サイコ・フレームによる共振現象であったとされている)を見て,「ガンダムの力」に取り込まれていた。そのため,F90の改修においてもガンダムの力をジオンの為にという意識からか,ジオン的意匠を意識して加えているように思われる。また,そのオレンジがかった赤という塗装も,搭載コンピュータがC・Aであることからのものではないかと考えられる。

 なお,本機は火星における戦闘によって大破しており,1号機パイロット,デフ・スタリオンによって回収された後,損壊部を刷新し,F90兇箸靴得犬泙貶僂錣辰討い襦

!!引用
!GUNDAM WAR 戦慄の兵威 ジオン軍 U-286
 強奪したF90の2号機をオールズモビルが改修した機体。ミッションパック方式を排除しているが,MS単体の能力はベース機を上回る。ボッシュ大尉が搭乗し火星上で1号機と対峙している。

!!備考

!!関連項目

!!編集者
*あさぎり
*だっちん
----
{{category MS/MA・O}}
{{category モビルスーツ・F90}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。