トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔NZ-333〕α・アジール(EVOLVE版)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

α・アジール(EVOLVE版)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号NZ-333
兵器区分ニュータイプ専用超大型試作モビルアーマー
所属ネオ・ジオン軍
パイロットクェス・エア(クェス・パラヤ)
製作データ
デザイナー出渕裕
アレンジ:不明
初出作品GUNDAM EVOLVE5
参考文献劇中キャプチャ
GUNDAM EVOLVEマテリアル ほか

 スペック

項目内容
全高108.26m(シュツルムブースター含む)
頭頂高58.4m
本体重量128.6t
全備重量267.4t
ジェネレータ出力19830kw
スラスタ推力933500kg x1,468000kg x2,87000kg x4
スラスタ総推力2217500kg
アポジモーター数31基
センサー有効半径23800m
装甲材質ガンダリウム合金

※スペックは逆襲のシャア劇中のもの

 武装

頭部2連装バルカン

 側頭部に装備された機関砲。両側計4基が内蔵されている。頭部の火器を一斉に使用すると,重装甲のモビルスーツも消し飛ぶ威力がある。

頭部バルカン砲

 頭部額に装備された2連装バルカン砲。ショートレンジ用兵器。1分間に6千発もの実体弾をばらまく。

頭部メガ粒子砲

 頭部の口に装備されているビーム砲。ショートレンジ用兵器。
 収束装置をOFFにすることで拡散ビーム化可能。

有線サイコミュ式メガアーム砲

 有線コントロール式の5連装ビーム砲。
 サイコミュ制御により砲身ひとつひとつが独立して照準を合わせられる。
 本体から切り離し,離れた位置から射撃可能。

ファンネル

 腰アーマーに装備されているサイコミュ制御式無人攻撃機。9機搭載されている。
 MSN-03に搭載されている型よりも大型でビーム砲を装備する。

 概要

 NZ-333《α(アルパ)・アジール》は,ネオ・ジオン軍が開発したニュータイプ専用の超大型試作モビルアーマーである。
 シルエット的には,一年戦争で旧ジオング公国軍が投入したMSN-02《ジオング》に似ているが,実際には,ジオングを含めこれ以降に建造されたMAN-08《エルメス》,AMX-004《キュベレイ》,NZ-000《クィン・マンサ》といった,いわゆるジオン系サイコミュ対応機のノウハウが全て投入された機体である。
 第2次ネオ・ジオン戦争に投入されたが,ロンド・ベル隊のモビルスーツによって撃破されている。

開発コンセプト

 先述の通り,α・アジールは,ジオン系ニュータイプ対応機の集大成として開発が進められた機体であるが,開発コンセプトそのものは「対艦戦闘」に主眼が置かれており,MSN-03《ヤクト・ドーガ》やMSN-04《サザビー》とは異なったコンセプトの機体である。
 このため,高い火力の搭載が前提とされており,多数の艦艇と渡り合うだけの戦闘力は十分保持されている。(この点では,エルメスの持つ能力に近いというべきであろうか。)

 その一方で,多数の防御用兵装も備わっており,ファンネルや有線式メガアームなどによって対モビルスーツ戦にも十分対応できる機体となっている。だが,いわゆるインファイト(接近戦)では,身を守る兵装が少なく折り畳まれた隠し腕などで対応するしかないため,パイロットに与える負担もかなりのものである。その巨体が徒となり,小回りも効かないため,あくまでも移動砲台,あるいは高加速能力を活用した突撃が本機が取る戦術であると言うことができる。

 α・アジールの脚部に相当する部分には,シュツルムスラスタユニットで,巨大なプロペラントタンクと推進器がセットになったものである。これは,戦線へ機体を投入するときに使用されるもので,燃料が切れたとき,あるいは戦闘状態に突入したときに切り離され,投棄される。
 そのため,最初から歩行を前提とした脚部ユニットは計画されていない。要塞などへの着挺時には,フロントスカート部とリアスカート内部に折り畳まれている降着脚を使用する。

 引用


 備考

 ガンダムイボルブ5に登場したバージョン。
 基本的には,逆襲のシャア劇中の機体と同一であるが,肩部アーマーが可倒式など細部の相違点は多い。(デザイン上の差異も含む。)
 新たな解釈として,各部パーツのボルトアウト機構が取り込まれており,胸部と頭部カバー(メインスラスタ)部を除き,各部パーツを分離することができる。
 イボルブ劇中では,被弾したハサウェイ機の元へ移動する際に,肩部アーマー(隠し腕などを含めた3ブロックに分離),スカート部(数パーツに分離),腹部など,多数のパーツをボルトアウトした後,頭部カバーを閉じた状態で移動している。
 なお,劇中ではアムロが「アルファ・アジール」と呼称しているように聞こえるのだが…(^^;

 関連項目

 編集者


[MS/MA・N]
[モビルスーツ・EVOLVE]


最終更新時間:2015年04月25日 22時09分17秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注