トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MW-01〕モビルワーカー01式 後期型(マッシュ機)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

モビルワーカー初期型

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MW-01
兵器区分作業用重機
所属ジオン自治共和国
パイロットマッシュ
製作データ
デザイナーベースデザイン:大河原邦男
アニメーションアレンジ:
初出作品ガンダムTHE ORIGIN(第2章)
参考文献公式サイト ほか

 スペック

項目内容
全高16.1m
頭頂高13.88m
全幅14.6m
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

 武装

クロー

シールド

 概要

 MW-01《モビルワーカー(初期型)》は,ジオン自治共和国が開発した作業用重機である。従来の重機(特に空間作業用重機)とは大幅にことなる人型に近い意匠が特徴的な機体となっている。
 月面開発作業用の人型作業機械開発という名目で開発されたため,「モビルワーカー」という名称で呼ばれていたが,実際には来る独立戦争に向けた新型兵器の開発用テストベースであった。

 01式は,初期型の改良発展型で,近接格闘戦などのデータ収拾を行うために,パイロット保護を目的としてコックピット周辺の形状が変更されている。
 また,前腕部を運用状況に合わせて交換するようなアタッチメント機構がそなえられている。これにより,両腕にマニピュレーターを取り付けられる以外にも,さまざまな専用作業パーツに換装することが可能となった。
 基本構造は初期型と大きく変わらず,融合炉の小型化などの課題は残されたままである。
 なお,格闘実験に合わせて機体のカラーリングが変更されており,マッシュの乗る機体はオレンジで塗装されている。

 引用

ガンダム・ジ・オリジン 公式サイト(抜粋)

 初期型の改良発展型。近接格闘戦などのデータ収拾を行うために,パイロット保護を目的としてコックピット周辺の形状が変更されている。

 備考


 関連項目

 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・オリジン]


最終更新時間:2015年08月03日 18時25分19秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注