トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MSZ-010S〕ΖΖガンダム(EVOLVE版)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ΖΖガンダム(EVOLVE版)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MSZ-010S / MSZ-010SS[1]
兵器区分汎用攻撃型可変試作重モビルスーツ
所属ジュピトリス
パイロットジュドー・アーシタ
製作データ
デザイナー一色まさと
初出作品GUNDAM EVOLVE ../10
参考文献GUNDAM EVOLVE MATERIAL ほか

 スペック

項目内容
全高23.14m
頭頂高19.86m
本体重量32.7t
全備重量71.6t
ジェネレータ出力7340kw
スラスタ推力31200kg x4
センサ有効半径16200m
装甲材質ガンダリウム合金
姿勢制御用バーニア32基

※スペックは「強化型ΖΖガンダム」のもの

 武装

ダブルビームライフル

 ΖΖガンダムの主武装である。従来型のビーム・ライフルを大きく上回る出力を持ち,百式が運用したメガ・バズーカ・ランチャーや,Ζガンダムが運用するハイパーメガランチャーに匹敵する威力をもっている。
 これは,このモジュール自体が複数のジェネレーターを内蔵している上,本体からのエネルギー供給を受けることも可能なためである。ただし砲身の消耗が激しく,およそ200発程度の使用で交換が必要になるとされている。
 ダブル・ビームライフルは,コア・トップ及びGフォートレス形態時のコクピットとしての機能も併せ持っている。このため,後端部(変形後は先端部となる)にはコクピットブロックが設置されており,このユニットでコア・トップおよびGフォートレスのコントロールが可能である。(ただし,Gフォートレス形態で本ユニットからコントロールした場合,モビルスーツ形態への変形は不可能である。)
 なお,このモジュールにコクピットが装備されているのは,メンテナンスあるいは緊急用とされているのが通説だが,元々別の機体の,またはバックパックをメインボディとする航宙砲艦として開発されたものを転用したためだという説もある。ただし,コア・トップ自体が陸戦モードを持っていたとする説と合わせ,この件に関しても詳細は不明である。

ハイパービーム・サーベル / ダブルビーム・キャノン

 ハイパー・ビーム・サーベルは,ビーム束が従来の1.5倍の長さを持ち,ガンダリウム製の装甲版を容易に切断することが出来る。ホルダーに装着した状態であれば,ビーム砲としても使用可能である。

頭部ハイメガキャノン

 ΖΖガンダムを象徴する兵装がこのハイメガキャノンである。
 ハイメガキャノンは,当時モビルスーツがノンオプションで運用する武装としては,最強といって間違いではない装備で,機体に積載されたジェネレータの生み出すエネルギーを全て用いる強力なものであった。(故に,最大出力で運用すると機体そのものが稼動不能に陥るほどで,通常の使用であっても機体の稼働は大きく制限される状況となる。)

60mmダブルバルカン

 頭部ユニットに設置された60mm機関砲。威力は低いが牽制攻撃や近接防御に用いられる。
 なお,時期により設置位置などに変更が加えられている場合がある。

背部ミサイルランチャー

 バックパック上部のモジュールに設置されたミサイルランチャー。
 小型ミサイルのAMA-13Sが21発づつ装填されている。このミサイルは熱誘導型で,敵のスラスターの噴射熱をロックオン時にインプットするため,太陽やフレア弾に妨害されることはない。

ウイングシールド

 ΖΖガンダムの防御兵装として用意されるウイングシールドは,その名の通り,コア・トップおよびGフォートレス形態時の主力および垂直翼として機能する。

 概要

 MSZ-010S《ΖΖガンダム》は,U.C.0088年の第1次ネオ・ジオン戦争後に修復されたMSZ-010S《強化型ΖΖガンダム》の姿である。
 この機体は,第1次ネオ・ジオン戦争当時,ΖΖガンダムのパイロットであったジュドー・アーシタの木星船団加入に伴い,ジュピトリス兇鉾惰されたMSZ-010S《ΖΖ-GR》(上半身は細かいパーツの変更はあるもののほぼ原型機のままの姿であるが,下半身は失われたBパーツを新造したもので,その姿は(あえて言えば)ΖΖのプロトタイプに近い形状となっている。)が,U.C.0090年に勃発したジュピトリス兇悗竜譽献ン系要人の亡命事件に際して,突発事故から推進剤を喪失した際に,リィナらかつての仲間たちが用意した補給用コンテナとのランデブーに成功,搭載されていたBパーツとドッキングしたことで,本来の姿を取り戻したものである。

 引用

GUNDAM EVOLVE 公式サイト

 「Z計画」の発展型として開発された機体。高出力のハイ・メガ・キャノンなどを装備。
 今回は全てがイボルブ用オリジナルデザインとなっている。

 備考

 一部で「ΖΖガンダム改・改」としている場合もあるが,正確な名称は不明である。(劇中では,単に「ΖΖ」,多くの資料では「ΖΖガンダム」となっている。)
 また,型式も初期段階では「MSZ-010SS」だったと言われる。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・EVOLVE]


最終更新時間:2015年05月10日 17時39分08秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]一部資料に見られる記述。