トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MSZ-006-3〕Ζガンダム3号機

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

Ζガンダム3号機 / スペシャル・ブースター装備仕様機

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MSZ-006-3
兵器区分汎用型可変モビルスーツ
所属カラバ
パイロットアムロ・レイ?
製作データ
デザイナー藤田一己
初出作品グリーン・ダイバーズ
参考文献GUNDAM EVOLVE../Ωライナーノーツ ほか

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

 武装

ビーム・ライフル

 原型機が保持していたものと同じビーム・ライフルを使用する。

バルカン

 頭部に装備された機関砲。
 威力は高くないが,牽制や飛来するミサイル等に対する弾幕として用いることができる。

ビーム・サーベル(ビーム・ガン兼用)

 原型機同様,腰部サイドスカートに内蔵された斬撃用装備。
 ウェイブライダー形態では,ビーム・ガンとして運用可能。

シールド

 原型機同様,ウェイブライダー形態でのサブユニットを兼ねるパーツ。

 概要

 MSZ-006-3《Ζガンダム3号機》は,アナハイム・エレクトロニクスからカラバに貸与され,様々なデータ収集に用いられたMSZ-006《Ζガンダム》のバリエーションのひとつである。
 Ζプロジェクトによって開発されたΖガンダムは,ノンオプションで大気圏突入が可能な高性能,高機能なモビルスーツとして完成したグリプス戦役当時を代表する機体のひとつである。ところが,Ζガンダムという機体は,その要求スペックどおりに建造しようとすると膨大なコストが必要となる機体であった。そのため,機体そのままの量産は,早い内に見送られ,改良機によるいくつかの別量産プランが進行したのである。
 これがMSZ-007《量産型Ζガンダム》や後年誕生したRGZ-91《リ・ガズィ》といったプランである。これらは,あくまでも量産を前提とした簡易機の意味合いが強い機体である。その一方で,空間戦闘に限定した形で再設計されたプランがMSZ-008《Ζ供佞任△蝓て瑛佑紡腟し内に限定して再設計されたプランがMSK-006《Ζプラス》である。後者は,一定の成果を挙げ,さらに空間戦闘用に再設計されている。)
 一方,当初建造された予備機を含む主要パーツの一部がカラバへと貸し出され,様々なテスト運用が行われている。

 このテストは,カラバが発案したブースター装備のΖガンダムによる高高度迎撃をシステムパッケージ化するためのプランのために行われたもので,Ζガンダムそのものの大気圏内での運用評価を兼ねたものでもあった。ブースター装備の弾道飛行テストなどが実施されたが,様々な問題点も確認されており,テストそのものは比較的短期で終了している。(Ζ系による高高度迎撃そのものに問題があったのではなく,Ζガンダムという機体を多数配備するだけのメリットが見いだせなかったということになる。)
 この結果,高高度迎撃機としての任務は,ティターンズからデータ入手されたORX-005《ギャプラン》系列機が担うこととなった。

 しかしながら,Ζタイプの有用性は誰しも認めるところであり,カラバにおいてはMSK-006《Ζプラス》系列として採用されることとなる。
 一方,Ζガンダム3号機系列の運用も継続されている。当初,運用された3号機はU.C.0087年12月のプロスペロー号事件などで実際にその有用性を示しており,これをベースにさらに仕様として特化させた3号A型仕様が誕生している。また,同様の運用目的でありながら,機体仕様を変更したB型,C型も開発されており,一定の成果があったようである。

 これまでほとんど情報が無かった本機の存在が公式に確認されたのは,U.C.0087年12月のプロスペロー事件である。
 この事件では,事故[1]により,大気圏突入を余儀なくされた宇宙船ブロスペローの脱出艇をティターンズ側のNRX-044《アッシマー》と協力して救助しており,これが本機の存在を明らかにする貴重な資料となっている。
 蛇足ながら,この際ティターンズ機との更新音声が残されており,この音声が,一部では一年戦争の英雄で,後にカラバに参加したアムロ・レイ大尉ではないかとする説もあるが,詳細は不明である。

 なお,本機は公式には数度の衛星破壊任務の後,MSZ-006(MSZ-006-1)仕様に戻されたとされる。これは最大速度マッハ15にも達する速度での耐Gに対する問題が解決されず,パイロットへの負担が予想以上に大きかったことが原因と推察されている。

 引用

GUNDAM WAR 月下の戦塵 地球連邦軍 U-143

 宇宙船プロスペローを脱出したアサギとタクヤを,脅威的な技量で救出したカラバのMS。

 備考

 本来,3号機仕様というものは,「Ζガンダムに大気圏離脱用ブースターを装着した形態(=ウェイブライダーモード)」であったが,近年の解説文を見る限り,「大気圏離脱用ブースターを装着可能な仕様のΖガンダム」と変化しているようである。
 逆説的に言えば,カミーユ機は,大気圏離脱用ブースターが装着できない,ということなのであろう。

 なお,HJ03/12では「ブースターを装着した状態をMSZ-006-3とする」となっており,機体単体では「MSZ-006(-1)の3号機」と記載されている。
 すなわち,MSZ-006-3の-3は,仕様ナンバーであり,機番ではないとされたのである。
 そのため,MSZ-006の枝番については,仕様説がほぼ確定すると思われ,MSZ-006-2がウェイブシューター仕様である可能性が出てきた。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・グリーンダイバーズ]


最終更新時間:2015年04月24日 20時40分50秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]厳密には,条約を無視したティターンズの攻撃による流れ弾