トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MSZ-006〕Ζガンダム(ウェイブシューター仕様)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

Ζガンダム(ウェイブシューター仕様)

  • [MS]

データ

機体データ
型式番号MSZ-006
兵器区分汎用攻撃型可変試作モビルスーツ
所属エゥーゴ
パイロットカミーユ・ビダン
製作データ
デザイナー藤田一己
変形案,ベースデザイン:大河原邦男
初出作品1/144HG MSZ-006 Ζガンダムインストラクション
参考文献1/144HG MSZ-006 Ζガンダムインストラクション



 スペック

項目内容
全高19.85m
頭頂高18.7m
本体重量28.7t
全備重量62.3t
ジェネレータ出力2020 kW
スラスタ推力12200kg x5,10600kg x2,7600kg x4
スラスタ総推力112600kg
センサ有効半径14000m
装甲材質ガンダリウム合金

※スペックは,通常のWR装備時のもの。

フライングアーマー

 ウェイブライダー・モードのフライングアーマーの設計には,ジャブロー降下戦時にガンダムMk.兇使用したフライングアーマーのデータがフィードバックされている。又,ウェイブシューターのウイングバインダーの設計は,カラバの再設計量産機であるΖplusにフィードバックされるなど,PROJECT-Ζは開発MSの実戦データにより成長を続けた。

 武装

60 mm バルカン x2

 百式のバルカン砲と同じシステムになっている。
 1秒間に数十発の弾丸を発射でき,接近戦に威力を発揮する。

XBR-M87A2 ビームライフル(5.7MW)/ビームサーベル x1

 この時期「ビームライフル」はMSの標準的な武装となっているが,Zガンダムが携行するビームライフルは,標準的なエネルギーパックを使用しながら,通常型を上回るビーム収束率と罠通力を獲得している。さらに,ロングビームサーベルとして使用することもでき,近接戦闘においても威力を発揮する。

ビームサーベル(0.65MW)/ビームガン(1.3MW)

 Zガンダムに標準装備されているビームサーベルは,サイドアーマーに収納された状態で,ビームガンとして使用することもできる。ただし武装としては出力が低いため,主に変形時などの牽制や撹乱,離脱のために用いられることが多い。

腕部グレネードランチャー x2

 下腕部に備えられたグレネードランチャー。2x2発が片腕に備えられている。
 オプションのグレネードカートリッジ(18発入り)を装着すると変形は不可能だが,多数の弾体を持つことができる。(この場合,給弾は腕部ラッチを介して行う。

シールド

 通常のWR装備時のシールドとは異なり,より整流効果の高いタイプのシールドとなっている。

 概要

 エゥーゴの攻撃型可変MS。
 その時点で頓挫していたG計画を充填するために計画されたZ計画によるMSで,エゥーゴ/アナハイムの当時の最高技術が投入されている。

 当初,RMS-099から始まるアナハイムガンダムの完成形として計画されたが,様々な問題が生じ,試作型のMSZ-006Xシリーズの完成を持って中断していた。
 しかし,カミーユ・ビダンによってRX-178がエウーゴにもたらされ,さらに彼のプランニングによるZガンダムのデータを入手したアナハイム技術陣が,フライングアーマー,MSN-00100MSA-005などの試作を経て完成させた機体である。

 本装備は,いわゆるウェイブシューター仕様と呼ばれ,一説には「MSZ-006-2」との型式表記があったともされる装備形態で,主に大気圏内運用時の装備のひとつである。(無論,大気圏外での運用も可能である。)
 最大の特徴は,やはり量産機であるΖプラスタイプと同様のVG翼型のフライングアーマーを装備していることで,これによって大気圏内での飛行時の安定性が劇的に改善された。

ウェイブシューター

 MSZ-006,Zガンダムの通常装備であるフライングアーマーを取り外し,MSZ-006A1などで評価が定まったウイングバインダータイプのウェイブシューターユニットを装着した際のMAモードの事である。大気圏内での安定飛行を念頭に置いており,通常のウェイブライダー時と比較して航続距離などが伸びる。

 引用

1/144HG ゼータガンダム インストラクション(抜粋)

■第3世代MS,"Ζガンダム"誕生
 TMSのメリットは多数存在するが,Ζガンダムに求められたのはMS単体での航続距離問題が主であった。この為,Ζガンダムはウェイブライダー・モードと呼ばれる巡航形態への可変能力が組み入れられた。又,同時にこの形態を利用してのノン・オプションでのMS単体による大気圏再突入をもが計画された。逆V字型の正面形とクサビ型の平面型を持つ飛行体であるこの形態は,超音速飛行で発生する衝撃波(ショック・ウェイブ)を機体下面に集中させ,それに波乗りする様なスタイルで飛行する。WRというネーミングも,ここから来ている。その後もノン・オプションで単体大気圏再突入が唯一可能なシリーズ機として,重宝されていく事になる。
 MS形態時背中のムーバブルフレームにマウントされるフライングアーマーは,状況に応じての交換も考慮された設計となっており,ウイングバインダー式のVG翼(可変後退翼)タイプの物も同時設計されている。再突入能力は持たないものの,大気圏内低空での飛行性や離着陸距離,航続距離を向上させる他,宇宙空間ではMS形態時にAMBACシステムとして活用できた。同ウイングバインダー装着時のWR形態は,運用区別上ウェイブシューターとも呼ばれる事があった。

 備考

 機体解説は,基本的にベースとなるΖガンダムに集約している。
 詳細は,〔MSZ-006〕Ζガンダムを参照のこと。
 なお,出典がプラモデルのインストラクションであるため,分類を「Z-MSV」としているが,これはサイト内区分で,暫定的なものである。

 関連項目

 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・Z-MSV]


最終更新時間:2016年08月17日 21時34分57秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注