トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MSU-010〕ΖガンダムMk-

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ΖガンダムMk-

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MSU-010
兵器区分汎用試作モビルスーツ
所属新生エゥーゴ
パイロットタロ・アサティ
製作データ
デザイナー不明
初出作品機動戦士Oガンダム〜光のニュータイプ
参考文献OUT 1986/03

 スペック

項目内容
全高21.63m
頭頂高Unknown
本体重量38.5t
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown
装甲材質ガンダリウム合金

 武装

ビーム・ライフル

ビーム・サーベル

 斬撃用装備[1]

 概要

 MSU-010《ΖガンダムMk-供佞蓮た契献┘ァ璽瓦開発した新型モビルスーツである。
 その名称が示すように,MSZ-006《Ζガンダム》の後継機として開発された機体であるが,ウェイブライダーへの可変システムは取り除かれ,可変モビルスーツではなく,純粋なモビルスーツとして設計されている。
 この点で言えば,Ζガンダムの発展機というコンセプトではなく,Ζガンダムの原型となったMSN-00100《百式》などの機体に近い設計コンセプトであると言えるだろう。(これは,Ζガンダムという機体を量産するために各部を整理していった結果と考えられる。)

 可変システムは失われたものの,総合的な戦闘能力ではΖガンダムに勝るとも劣らないものとなっており,スーパー・ジオンに対抗する新生エゥーゴの主戦力となる。

 引用

OUT 1986/03(抜粋)

 Zガンダムの後継機だが,ウェイブライダーへの可変システムはなくなり,発展型というより原型となった百式に近い設計コンセプトに戻っている。"量産型"Zガンダム化への,やむをえないモデルチェンジといえよう。

 備考

 月刊アウト1986年3月号に掲載された「機動戦士ガンダムΖΖ」放映前の嘘企画である「機動戦士Oガンダム」の登場機。
 この号では,Oガンダムの記事が続いた後に,「本当はガンダムΖΖですよ」という形で新番組の紹介が行われている。

 なお,機体解説を見ると判るように,Ζ-MSVにおける量産型Ζガンダムの登場をある意味予見した形になっており,この企画における設定が,実はかなりまっとうなものであったことを示している。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・Oガンダム]
[モビルスーツ・OUT誌]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年04月10日 01時49分56秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]画稿ではビームサーベルを装備している