トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MSM-07E〕ズゴックE(ナーガ圭蠡圧 

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ズゴックE(ナーガ圭蠡圧 

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MSM-07E
兵器区分水陸両用モビルスーツ
所属ジオン公国軍
パイロットジオン公国軍兵
製作データ
デザイナー出渕裕
初出作品ガンダムコレクション
参考文献ガンダムコレクション

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高18.4m
本体重量69.5t
全備重量88.9t
ジェネレータ出力2570kw
スラスタ推力20000kg x4,16000kg x2
スラスタ総推力56200kg[1]
スラスタ総推力112000kg
センサー有効半径112000m[2]
アポジモーター数9
基準排水量311.0t[3]
水中巡航速度118 knots
装甲材質チタン・セラミック複合材
開発基地キャリフォルニアベース

※スペックは,通常のズゴックEのもの

 武装

メガ・粒子砲

ミサイル発射管

 概要

 MSM-07E《ズゴックE》は,ジオン公国軍が開発した水陸両用モビルスーツである。
 公国軍の名機MSM-07《ズゴック》をベースに,統合整備計画の一環として,機体各部の再設計を行った結果,水中・地上両面での性能が大きく向上した完成度の高い機体となっている。機体名称の「E」は,エクスペリメントを意味しており,あくまでも実験機・試作機の域を出ないが,その完成度においては,統合整備計画での開発機の中でも,群を抜いて突出した機体であると言えるものとなっている。

 公国軍が開発した水陸両用モビルスーツは複数存在するが,その中でもズゴックは突出した完成度の機体として認識される機体である。水陸両用機として開発されながらも,陸戦能力でMS-06《ザク》をも上回る性能を獲得しており,熟練したパイロットは,この後,いわゆる第2世代モビルスーツに対しても引けを取らない戦いを繰り広げたとも言われている。(実際,第1次ネオ・ジオン戦争や,ラプラス戦争といった後の時代,地下に潜った公国軍残党が運用したズゴックは,様々な局面で第2世代機と渡り合っている。)
 特に,生産の歩留まりが安定すると,機体性能はいわゆる指揮官機と言われるS型と同等のものへと移行しており,性能の底上げが行われていたのである。

 統合整備計画においてズゴックを再設計するにあたり,他の水陸両用モビルスーツの利点などが取り入れられており,総合的な性能はさらに向上している。
 具体的に言えば,装甲形状の改善および四肢の伸縮機能の導入(これは,MSM-03《ゴッグ》で採用された機構である)による,水中航行時の抵抗の軽減や,ジェットパックの採用による,強襲上陸能力の向上といったものがある。
 また,これに合わせ武装も強化されており,腕部のビーム砲は,エネルギーCAPシステムの導入により,速射性が高められるなどの改良が施されている。

 統合整備計画そのものが大戦末期の実働であったことから,完成した機体は少なかったものの,サイクロプス隊による連邦軍の北極基地襲撃など,いくつかの作戦での運用記録が残されている。

 引用


 備考

 ガンダムコレクションにおいて投入されたマーキングバリエーションのひとつ。
 潜水艦隊ナーガ靴僚蠡圧,箸靴謄福璽靴離沺璽ングが施されている。
 なお,ナーガ靴砲蓮ぅ坤乾奪の配備記録はあるが,ズゴックEの記録は存在しない。

 なお,部隊マークがMSV設定のため,MSVとしてのカテゴライズを行っているが,実際にはガンダムコレクションオリジナルである。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・MSV]
[モビルスーツ・ガンダムコレクション]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年06月14日 20時46分13秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]MS大全集2015
  • [2]MS大全集2015
  • [3]MS大全集2015