トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MSM-07〕ズゴック(ナーガ圭蠡圧 

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ズゴック(ナーガ圭蠡圧 

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MSM-07
兵器区分水陸両用型モビルスーツ
所属ジオン公国軍
パイロット公国軍兵
製作データ
デザイナー大河原邦男
初出作品ガンダムコレクション
参考文献GUNDAM WAR
Gジェネレーションポータブル
ほか

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高18.4m
本体重量65.1t
全備重量96.4t
ジェネレータ出力2480kw
スラスタ推力35000kg x2,13000kg x1
センサ有効半径5200m
最高速度103kt[1]
装甲材質超硬スチール合金

※スペックは通常の機体のもの。

 武装

 ズゴックの武装は,水陸両用型モビルスーツとしては標準的なものばかりである。

メガ粒子砲(3.2MW[2])

 熱核反応炉の冷却に水冷構造を初めて採用したゴッグは,メガ粒子砲をボディに装備していたが,ズゴックは腕部に装備することで,使い勝手を飛躍的に向上させている。

240mm ミサイルランチャー

 水中発射も可能なミサイルを射出する。
 発射管はある程度の与圧もできたようだが,耐圧深度はさほど深くはなかった。
 基本的には上陸,あるいは浮上した上で射出する。

クロー

 ズゴックの近接戦闘用の武装。機体運用の問題からオプション兵装の携行が困難であったため斬撃武装の代替案として装備されたが,実戦においては非常に有効に機能した。開閉機構を使ってマニピュレーター並みの作業をこなす熟練パイロットもいたという。

 概要

 MSM-07《ズゴック》は,ジオン公国軍が実用型として実戦に投入した水陸両用モビルスーツの一機種で,一年戦争当時,補給線の寸断,通商破壊,上陸作戦など,公国軍の各種作戦において重要な役割を果たし,制海権の支配に大きな貢献があった機体である。
 開発そのものは,初の実用型水陸両用型MSであるMSM-03《ゴッグ》の完成直後から進められていたが,同時期に開発されていた各種水陸両用型MSの開発データのフィードバックによって多くの改良が施されたため,当初の予定よりもかなり遅れてロールアウトしている。
 しかしながら,時間が掛かった分,その性能は期待に違わず極めて高い完成度となり,一説には陸戦能力でMS-06《ザク》すらも上回っているとさえ言われるようになったのである。

 この機体は,公国軍の潜水艦隊のひとつ「ナーガ掘廚暴蠡阿垢覽‖里任△襦
 特徴的なマーキングを除けば,基本的に通常の機体であり,スペック的な違いは存在しない。

 引用


 備考

 トレーディングフィギュア「ガンダムコレクション」に存在したマーキングバリエーションのひとつ。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・ガンダムコレクション]


最終更新時間:2017年05月21日 01時02分00秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]HGUC
  • [2]フルカラーモデルインスト