トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MSM-04〕アッガイ(Mobile Suit New版)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

アッガイ

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MSM-04
兵器区分水陸両用モビルスーツ
所属ジオン公国軍
パイロットジオン公国軍兵
製作データ
デザイナー大河原邦男
初出作品Mobile Suit New
参考文献大河原邦男IRON WORKS

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

 武装

 詳細不明

 概要

 MSM-04《アッガイ》は,ジオン公国軍が開発・配備した水陸両用量産型モビルスーツの一種である。公国軍が開発した水陸両用モビルスーツのなかでも成功した部類に入る機体であるが,その開発については解明されていない謎も多く,新たな資料の発見が待たれるところである。

 公国軍で実用となった初の水陸両用型モビルスーツ,MSM-03《ゴッグ》は,比較的良好な結果をもたらしたが,軍上層部は,さらなる高性能モビルスーツの設計を各メーカーに求めた。
  アッガイは,こうした軍の要求に対する一つの答えとして提示された機体で,一説に依れば,他にもそうした機体が提示されたことから,水陸両用機のみの開発コンペティションが行われたともいわれている。

 ゴッグは,初期の地球降下作戦などで大きな戦果を挙げた機体ではあるが,その耐圧を重視した形状から運動性は低く,また,ジェネレータを水冷式にした結果,陸上での活動時間が短くなるなどの問題を抱えることとなった。さらに,内蔵式の(比較的出力の高い)メガ粒子砲のため,重量がかさんだ上にコスト面でも大きく影響がでてしまっていた。
 アッガイは,このゴッグの問題点に対して,(ゴッグに対して)小型軽量,低コストで調達が容易,という条件の下,開発が進められた機体である。

 機体のパーツにMS-06J《ザク供佞離僉璽弔鯊真利用した簡易量産型として設計され,新造機としては非常にコストを抑えた機体となっている。MS-06のパーツを流用したための諸問題も生じているが,これらは本機の開発においては,問題とされなかった。
 一例を挙げれば,メインフレームを流用した関係上,その機体サイズは重モビルスーツというほどのものになってしまったというものがある。しかし,それを感じさせない軽快な動きは,アッガイの特徴のひとつとなっている。

 本機は,水陸両用機としては,装甲が薄く,火力もあまり高くない。しかし,陸上での運動性は高く,一説にはバラストタンクの海水を排出するとさらに運動性が向上するとも言われている。
 その操縦感覚をMS-06に近づけるなど,操作性も良好で,一部では水陸両用MSの訓練機としても使用されていた。また,対ソナー形状および熱排出量が少ないという機体特性が評価され,隠密作戦や偵察用としても用いられ,多くの戦場で用いられたようである。

 引用


 備考

 大河原邦男氏が進めていたモビルスーツのリファイン企画,「Mobile Suit New」において書き下ろされた新デザイン(リファインデザイン)版モビルスーツとしての機体。
 従って,設定上は全て劇中登場機と同一である。

 実際には諸般の事情で中止となったシリーズだが,作成されたデザインは,後のM-MSVやガンダムF90のオールズモビルに流用されていると考えて間違いないと思われる。(従って,扱い的には没MSと同じである。)
 このデザインにおけるジムは,マッシブなイメージで,どちらかといえばヘビーガン的な印象をうけるものとなっている。
 なお,機体詳細については,一般の項目を参照して欲しい。

 関連項目

 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・Mobile Suit New]


最終更新時間:2016年06月13日 21時48分21秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注