トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MSM-04〕アッガイ(第08MS小隊版)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

アッガイ

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MSM-04
兵器区分水陸両用モビルスーツ
所属ジオン公国軍
パイロットジオン公国軍兵
製作データ
デザイナー大河原邦男/安彦良和
山根公利(アレンジ)
初出作品機動戦士ガンダム〜第08MS小隊
参考文献GUNDAM WAR
MS大全集2003 ほか

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高19.2m
本体重量91.6t
全備重量129.0t
ジェネレータ出力1870kw
スラスタ推力109000kg
水中巡航速度53knots
陸上装甲速度80km
装甲材質超鋼スチール合金

※上記は,標準的なアッガイのスペック

HEAD UNIT

 ヘッドユニットには,推進や駆動以外のほとんどの機能が盛り込まれている。4門のバルカンを取り囲むようにレドーム状のセンサーアレイとモノアイ軌道が配置された構造となっており,さらに,航行時と陸戦時の双方に対応した水冷/空冷のラジエーターシステムを持っている。

BODY UNIT

 ボディユニットは水陸両用MSとして開発されたわけではなく,基本的にMS-06Jの部材を水中でも使えるようにしたものだと言うことができる。基本フレームはザクのものがそのまま流用されている場合も多く,コクピット周りなどは,ほぼそのままで複座式とされている。

ARM UNIT

 胸部は,柔軟な可動肢と,隠顕式のクロー状アイアンネイルによって構成されている。基本的な仕様は,機関砲とクローのもの,6連ミサイルランチャーを内装するもの,メガ粒子砲を搭載したものを左右で配置するが,別のユニットや左右を交換して装備することも可能であった。

LEG UNIT

 脚部は,歩行脚であると同時に,主要な推進装置でもある。ただし,初期の機体の足下に装備された推進装置は当初,スクリューと同等程度の速度しか得ることができなかったと言われている。ゴッグと同様に,航行時の抵抗を減らすため,股関節をボディ内に引き込むことができるようになっている。

フレキシブル・ベロウズ・リム

 アッガイのものは肩から肘まで。
 基本仕様は左右に機関砲とクロー/6連ミサイルランチャーを配置するが,入れ替えや別のユニットの装備も可能。

 武装

バルカン砲

 クローの収納機構の中央に配置された機関砲。

メガ粒子砲

 クローの収納機構の中央に配置したとされる,採用/開発計画および数機の実装例を示す資料が存在する。

ロケットランチャー x1

頭部105mmバルカン x4

 105mm口径のバルカン砲を頭部に4門装備している。

アイアン・ネイル

 6本のクローで敵に斬撃や打突を加える。
 簡易マニピュレーターとしても機能する。

6連装ミサイルランチャー

 ザクが脚に装備する3連ミサイルランチャーに近い。

 概要

 MSM-04《アッガイ》は,ジオン公国軍が開発・配備した水陸両用量産型モビルスーツの一種である。公国軍が開発した水陸両用モビルスーツのなかでも成功した部類に入る機体であるが,その開発については解明されていない謎も多く,新たな資料の発見が待たれるところである。

 公国軍で実用となった初の水陸両用型モビルスーツ,MSM-03《ゴッグ》は,比較的良好な結果をもたらしたが,軍上層部は,さらなる高性能モビルスーツの設計を各メーカーに求めた。
  アッガイは,こうした軍の要求に対する一つの答えとして提示された機体で,一説に依れば,他にもそうした機体が提示されたことから,水陸両用機のみの開発コンペティションが行われたともいわれている。

 ゴッグは,初期の地球降下作戦などで大きな戦果を挙げた機体ではあるが,その耐圧を重視した形状から運動性は低く,また,ジェネレータを水冷式にした結果,陸上での活動時間が短くなるなどの問題を抱えることとなった。さらに,内蔵式の(比較的出力の高い)メガ粒子砲のため,重量がかさんだ上にコスト面でも大きく影響がでてしまっていた。
 アッガイは,このゴッグの問題点に対して,(ゴッグに対して)小型軽量,低コストで調達が容易,という条件の下,開発が進められた機体である。

 機体のパーツにMS-06J《ザク供佞離僉璽弔鯊真利用した簡易量産型として設計され,新造機としては非常にコストを抑えた機体となっている。MS-06のパーツを流用したための諸問題も生じているが,これらは本機の開発においては,問題とされなかった。
 一例を挙げれば,メインフレームを流用した関係上,その機体サイズは重モビルスーツというほどのものになってしまったというものがある。しかし,それを感じさせない軽快な動きは,アッガイの特徴のひとつとなっている。

 引用


 備考


 関連項目

 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・08小隊]


最終更新時間:2016年06月13日 21時51分16秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注