トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MSM-03〕ゴッグ(ALIVE版)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ゴッグ(スタンパコレクション)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MSM-03
兵器区分水陸両用型モビルスーツ
所属コロニー政府軍
パイロットコロニー政府軍兵士
製作データ
デザイナーコンセプトデザイン:富野喜幸
デザイン:大河原邦男
フィニッシュ:安彦良和
コミック用アレンジ:高山瑞穂
初出作品機動戦士ガンダムALIVE
参考文献
登場話数Ep.0

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高18.3m
本体重量82.4t
全備重量159.4t
ジェネレータ出力1740kw
スラスタ推力38000kg x2,15000kg x3
スラスタ総推進力121000kg
センサー有効半径5400m
装甲材質超硬スチール合金

※スペックは標準的なゴッグのものである。

 武装

メガ粒子砲

 ゴッグは熱核反応炉の冷却に水冷機構を採用したため,他の機体に先んじてメガ粒子砲を装備する事が可能となった。
 ただし,腹部に2門の固定武装とされたため,取り回しが困難であったとも言われている。

アイアンネイル

 ゴッグの近接戦闘用武装兼簡易マニピュレーターとして機能する。水中巡航時には,腕部が伸縮し,肩アーマーと一体化することで,整流効果を高める。
 機体運用上,オプションの携行が困難であったため,斬撃武装の代替案として装備された。実戦に於いては,防御用装備としても非常に有効に機能したとされる。

魚雷発射管

フリージーヤード

 敷設された機雷や爆雷などの信管が作動するのを防ぐ防護装置。
 頭頂部から射出される弾頭には,特殊な高分子化合物が充填されており,射出された弾頭は,自機の前方で展開し,海水を取り込んだゲル状の保護膜となって機体を包み込む。
 万一爆発したとしても,防護膜の作用で機体の損傷は軽微となる。
 一説には,磁気機雷の作動も防御できたと言われている。

 概要

 MSM-03《ゴッグ》は,ジオン公国軍が開発した,初の本格的量産型水陸両用モビルスーツである。
 公国軍の地球侵攻作戦においては,その戦力で橋頭堡のない地球上での戦力展開の必要上,地上の7割を占める海洋での活動に大きな意義があった。航空戦力に乏しい公国軍にとって海中で活動できる機体の有用性は語るまでも無く,新たに編成された潜水艦隊は,まさに我が物顔で連邦軍を翻弄したのである。
 一年戦争当時,機動性能の高い水中戦用兵装を持たなかった地球連邦軍にとって,水陸両用モビルスーツは非常に大きな脅威となっており,一時は海上戦力が壊滅的被害を被るほどの状況であった。これも既に水陸両用型モビルスーツの初号機であるゴッグの時点で完成度の高い機体として誕生していたことにもひとつの要因があるのである。

 ゴッグを始めとした水陸両用モビルスーツは,一年戦争後も地下に潜った公国軍残党にとって貴重な戦力のひとつとなっていた。これは,地球連邦軍の掃討作戦が海中に対してほとんど実施されなかったことや,公国軍に協力的な地上の勢力にとって,連邦に察知される可能性の少ない,水中戦力であったということが大きな理由である。
 結果として,U.C.0090年代末期まで,公国軍残党は,各地に潜伏を続けることが可能となったのであった。

特徴

 本機の最大の特徴は,熱核反応炉の冷却に水冷システムを用いていることがある。これによって,(陸戦機は,もともと宇宙空間での冷却よりも冷却はかなり楽ではあったが)これまでのモビルスーツが搭載できなかった高出力の反応炉を搭載することが可能となった。この結果,メガ粒子砲の搭載も可能となり,公国軍の機体としては,極めて高い攻撃力を有することができたのである。
 しかしその反面,非常に重量のあるメガ粒子砲だけではなく,水圧に耐える為の厚い装甲などが災いし,MS-06Mの3倍弱(一説には5倍弱)という超重量級の機体となってしまった。
 無論,厚い装甲や防御装備の為,水中戦では通常の攻撃で撃破されることはまずなかったが,上陸作戦時にその鈍重な機動性と,(ジェネレーターが水冷式である為の)活動時間の制限から,撃破されることも多々あった。

 一般的には,短期間で設計から実戦投入まで行われたことから,完成度は低いとされることも多いのだが,一年戦争を通じて改良が進められた機体であり,傑作機といわれるMSM-07《ズゴック》の量産がスタートしても後期型の生産は継続されていた。
 また,統合整備計画による全面改修型も存在するなど,ジオン公国軍の水陸両用MSを代表する機体のひとつとなった機体である。

 引用

コミックス第1巻解説

 水陸両用MSとして初めて実戦で使用された機体。手足に伸縮可能な特殊機構を採用しており,抜群の水中航行能力を誇る。

 備考

 ガンダムALIVEに登場した機体で,本編での開発経緯等は一切触れられていない。
 また,「エピソード0」のみ登場で,本編には登場していないため,運用状況等も不明であるため,解説文は一般的なゴッグのものである。

 関連項目

 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・ALIVE]


最終更新時間:2016年01月04日 20時35分20秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注