トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MSF-007〕ガンダムMk-掘淵肇螢灰蹇璽襯ラータイプ)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ガンダムMk-

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MSF-007
兵器区分汎用攻撃型試作モビルスーツ
所属エゥーゴ
パイロットエゥーゴ兵
製作データ
デザイナー藤田一己
初出作品Z-MSV(B-CLUB 005 86/03)
参考文献ANAHEIM ELECTRONICS
GUNDAM HISTORY 2002 CALENDAR

 スペック

項目内容
全高22.0m
頭頂高19.5m
本体重量32.1t
全備重量48.2t
ジェネレータ出力2022kw
スラスタ推力68500kg x1,9500kg x2
スラスタ総推力87500kg
スラスタ総推力107500kg[1]
センサ有効半径11500m
装甲材質ガンダリウム合金

※スペックは,通常知られているMSF-007のもの

 武装

頭部バルカン砲

 一時期搭載されていたとされる武装。
 頭部ユニット内に内蔵されたもので牽制などを目的としたもの。

ビーム・サーベル

 専用シールドの表面に設置されたビーム・サーベルは,機体の運用を前提とした専用デバイスで,前後双方からビームの刃を形成することが可能となっている。
 通常,シールド前方に向いている方が,ビーム・サーベル/ビーム・ガンの両モードで使用可能なデバイスで,シールドに装着したまま,ビーム・ガンで射撃する,ビームの刃を形成し,斬撃用途に用いる,といった運用が可能となっている。
 反対側のビーム形成部は,強化型ビーム・サーベルユニットとなっており,ビーム・ガンとしての利用は不可能だが,強力なビームの刃を形成することが可能である。

ビーム・キャノン

 背部バックパックに設置された装備。
 バックパックに大容量のエネルギーCAPとアクセラレーターを組み合わせたビームレギュレーターデバイスを備えており,最大出力で連射しても機体がエネルギーダウンしないよう配慮されている。また,専用の照準システムにより,パイロットはトリガー操作のみに集中できる。この照準システムは,頭部のシーカーシステムと連動したものとなっている。
 なお,一時期であるが,ビーム・サーベルとして使用可能なデバイスが搭載されていたとも言われる。

専用シールド

 本機の専用シールド。
 形状としては,MSA-003《ネモ》の装備品に近いものとなっているが,伸縮機能は搭載されず,機体とのバランスに配慮して設計されている。
 シールドは,本体の装甲材と同じ組成のガンダリウム合金製で,裏側にエネルギーパックをマウントして携行することができるほか,装着したままで専用ビーム・サーベルのドライブも可能となっている。
 また,先端部は,打突用のアキュートとして使用できる。

ビーム・ライフル

 本機の武装として最も特徴的な装備が,このビーム・ライフルである。
 百式およびMk-兇汎鰻燭離┘優襯ーパックを使用可能なデュアルサプライシステムを試験的に採用しており,2系統のメガ粒子キャパシタを組み合わせたビームドライブ機構を併用することで,例えば一射でエネルギーを使い果たすような運用法も可能となった。

 概要

 MSF-007《ガンダムMk-掘佞蓮ぅ┘ァ璽粥淵▲淵魯ぅ燹Ε┘譽トロニクス)が開発した汎用試作型モビルスーツである。その名称が示すように,RX-178《ガンダムMk-供佞魴僂圧‖里箸靴謄廛薀鵐縫鵐阿気譴慎‖里任△襦
 ガンダムMk-靴寮澤廚蓮Mk-兇里かえる欠点の改修から始められた。
 第一にムーバブル・フレームの構造を単純化し,脆弱さを解消したことで,機体構造の強度そのものを高めている。また,同時にムーバブル・フレームそのものの構造を見直し,発展させたことで,より人間に近い柔軟な可動を可能としている。特に近接戦闘時の挙動は,武術や剣技の達人さながらであったとも言われるほどであった。
 加えて,エゥーゴのRMS-099《リック・ディアス》やMSN-00100《百式》に投入されたアナハイム・エレクトロニクスが保持する様々な新技術を導入することで,新型ジェネレータや各種武装の搭載が可能となり,完成度はMk-彊幣紊箸覆辰燭箸気譴討い襦

 本機は,完成したガンダムMk-靴離ラーリングパターンのひとつとして確認されるもので,同一機のリペイントであるか,2号機以降として完成した機体であるかは不明である。

 引用


 備考

 SDガンダムガシャポン戦士に付属したシール(実写版No.380)のカラーリングは,いわゆるトリコロールカラーのものとなっている。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・Z-MSV]


最終更新時間:2015年04月17日 21時31分13秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]機動戦士ガンダムMS大全集,EB,DCなど