トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

〔MSA-005〕メタスの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
>>[[ユーザーファイル入口|USER/〔MSA-005〕メタス]]
!!!メタス
*[MS]
//{{layout cols,width:100%
//----------
{{layout cols,width:40%
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT},,BOX ART
,型式番号,MSA-005,http://gudamer.sakura.ne.jp/wiki/images/013.jpg{ROWS:8}
,兵器区分,攻撃用試作型可変MS
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,型式番号,MSA-005
,兵器区分,攻撃用試作型可変モビルスーツ
,所属,エゥーゴ
,パイロット,レコア・ロンド{{br}}ファ・ユイリィ
,パイロット,レコア・ロンド{{br}}ファ・ユイリィ ほか
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,ベースデザイン:ビシャールデザイン{{br}}クリーンナップ:スタジオけむ
,初出作品,機動戦士Zガンダム
,参考文献,GUNDAM WAR{{br}}Gジェネレーションポータブル
,初出作品,機動戦士Ζガンダム
,参考文献,GUNDAM WAR{{br}}Gジェネレーションポータブル ほか
}}
//----------
{{layout cols,width:40%
!!画像

!BOX ART
(img:013.jpg)
*[[掲載画像に関する注意書き]]
}}
//----------
//}}
{{ilayout clear}}
!!スペック
,項目,内容
,全高,26.0 m
,頭頂高,18.1 m
,MA時全長,21.8 m
,MA時全高,6.2 m
,本体重量,27.8 t
,全備重量,52.4 t
,ジェネレータ出力,1640 kW
,スラスタ推力,18600 kg x 3,10600 kg x 2
,スラスター総推力,77000kg
,アポジモーター数,12
,センサ有効半径,11300 m
,全高,26.0m
,頭頂高,18.1m
,MA時全長,21.8m
,MA時全高,6.2m
,本体重量,27.8t
,全備重量,52.4t
,ジェネレータ出力,1640kw
,スラスタ推力,18600kg x3,10600kg x2
,スラスタ総推力,77000kg
,姿勢制御スラスター,12
,センサ有効半径,11300m
,装甲材質,ガンダリウム合金
,黒歴史コード,03-8603768(MA形態)
,黒歴史コード,03-2049786(MS形態)

!脚部ユニット
サーベルホルダーとバーニア関連装備,および変形機構のフレームによって構成されている。構造的に重力下での歩行はあまり考えられていない。

!バック
先端部から各種センサーにプロペラントタンク,メインバーニアのロケットエンジンを実装する。文字通り,この機体の背骨とも呼べるユニット。

 サーベルホルダーとバーニア関連装備,および変形機構のフレームによって構成されている。構造的に重力下での歩行はあまり考えられていない。
!バックユニット
 先端部から各種センサーにプロペラントタンク,メインバーニアのロケットエンジンを実装する。
 文字通り,この機体の背骨とも呼べるユニット。
!変形システム
各ユニットはフレームによって連結されており,モジュールの移動や固定を行う。事実上,MA形態が本来の姿であり"MSになることができる"という以上にメリットはほとんどない。

 各ユニットはフレームによって連結されており,モジュールの移動や固定を行う。
 事実上,MA形態が本来の姿であり"MSになることができる"という以上にメリットはほとんどない。
!!武装
!アーム・ビーム・ガン
パワーサプライヤーケーブルと直結しており,MS形態時には変形し手持ち武器として使用できる。両腕部に1基づつ装備する。

!ビームサーベル x 6
形状は独特の専用モジュールだが,威力やデバイスは標準なもの。左右それぞれの脚部に3本ずつ,計6本装備している。

 パワーサプライヤーケーブルと直結しており,MS形態時には変形し手持ち武器として使用できる。
 両腕部に1基づつ装備する。
!ビームサーベル
 形状は独特の専用モジュールだが,威力やデバイスは標準なもの。
 左右それぞれの脚部に3本ずつ,計6本装備している。
!!概要
エゥーゴの攻撃型可変試作MS。
Z計画で開発された機体の1つで,変形機構のテスト機として設計されている。変形時間やフレームなど様々なテストベースとして運用されたが,様々な面(特に防御力)で実用評価が得られず,試作された数機が実戦に投入されただけに終わっている。(本来試作機を実戦に投入するということは考えにくいのだが,これは当時の状況からしてやむを得ないと思われる)
結果,量産は行われなかった本機であるが,可変システムはMSZ-008へ受け継がれ,本機が提示したフレーム構造等は,MSA-005K,S,M型に受け継がれている。
 MSA-005《メタス》は,グリプス戦役当時に,エゥーゴ(アナハイム・エレクトロニクス)が開発した試作タイプの攻撃型可変モビルスーツである。
 当時進行中だった「Ζ計画」に基づいて開発された機体で,MSZ-006《Ζガンダム》に至るまでの可変機構のテスト機として開発されたものである。

 Ζガンダムそのものは,早くから開発が進められていたものの,様々な事情から開発が遅延しており,数多くのセクションで,Ζ計画のための新技術開発が行われていたのである。
 メタスは,宇宙戦闘機型のモビルアーマー形態を持つが,この機体をベースにモビルスーツ形態への変形を行うためのトライアル機としての側面を強く持つ機体である。
 バックパック部を中心に,コクピットモジュール(及び頭部ユニット)を接合したメインブロックに四肢を接合し,これらを変形させることでモード変更を可能としたのである。
 このため,モビルアーマー形態では,腕部ユニットと脚部ユニットが接合し,強固な構造となっているものの,モビルスーツ形態では上半身と下半身がわずかなシリンダーフレームで接合されるだけとなるような不安定さも抱えていた。(蛇足ながら,実はΖガンダムの可変機構もこの点は同様であり,背骨に当たるユニットが上半身と下半身を接合しているのみという危うさでは同じである。しかし,Ζガンダムの場合,極めて強固なフレーム構造を採用しており,結果として完成度の高いトランスフォームシステムとなったのである。)
 こうした構造面を始めとする問題点も多かった{{fn これは当然である。各種機能のトライアルのための機体であり,完璧であるならば,それを量産すればいいだけなのだから。}}ものの,当時の状況から実際に試作された数機は実戦に投入されている。

 実戦に投入された際に確認された諸問題などのフィードバックは適宜行われており,これらはΖガンダムという機体のみならず,その後のエゥーゴの可変機に大きな影響をあたえることとなった。
 実際,可変システムはほぼ同等のまま,各部を強化した強化型や砲撃戦仕様機,さらには水陸両用仕様機までメタスのフレーム構造は応用されており,最終的には,宇宙空間での運用に限定した形のΖガンダムの後継機にまで流用されることとなった。
 こうした機体は,わずかな生産数に終わっているが,得られたデータは,エゥーゴが主導権を握った地球連邦に渡り,これらのデータから,RGZ-95《リゼル》という量産型可変モビルスーツを生み出すに至ったのである。
!!引用
!GUNDAM WAR 連邦軍 U-12
エゥーゴのZ計画の一環によって開発された可変試作モビルスーツ。モビルアーマー形態を基本としているため,モビルスーツ形態での戦闘力はあまり高くなかった。
!GUNDAM WAR 正義の創痕 地球連邦軍 U-12
エゥーゴの試作型可変MS。少数が生産され,主にアーガマへと配備された。
!GUNDAM WAR 正義の創痕 地球連邦軍 U-67 / 拡張シート1 地球連邦軍 U-67
グリプス戦役終了時,宇宙を漂うZガンダムとガンダムMk-兇髻ぅ◆璽マへと回収した。
※カード名は,「メタス(ファ・ユイリィ機)」。
!GUNDAM WAR 戦場の女神 地球連邦軍 U-235
エゥーゴの可変MS。「Z計画」において,変形機構のテスト機として開発された最初の機体。
!GUNDAM WAR 機動戦士Zガンダム The Movie 連邦 U-261
Zガンダムと共にアーガマ隊に配備された可変MS。レコア・ロンドがパイロットを務める。
!ガシャポン戦士付属シール Z-15
エゥーゴがZガンダム支援用として開発した可変型MS。収納式ハンドビームガンを2門,ビームサーベルを4本装備している。

!Gジェネレーションポータブル
:MS形態:
エゥーゴの攻撃用試作型可変MS。
アナハイム社の新型MS開発計画「Ζプロジェクト」に関連して試作されたMSの1つで,変形機構のテスト用に開発された機体である。
運動性は比較的高いが,可変機構を優先し過ぎたため機体の耐久度は低く,また火力も貧弱であった。
そのため試作機数機が完成した時点で開発は中止され,量産は見送られた。
しかし操縦は容易であったため,一部の機体が改修を受けて前線に配備されている。
主なパイロットはファ・ユイリィ,レコア・ロンド。

:MA形態:
メタスのMA形態である。
運動性や加速性は良好で,航宙戦闘機としては優秀な性能を持つ。しかし武装はビームガン2門のみで,MAとして見た場合は火力不足が明らかである。

!EB グリプス戦争編
Z計画試作MSの一機。可変MS開発のため試作された。運動性,加速性能は充分だったが,機体自体の耐久性に問題があり量産は見送られた。

!ギレンの野望 アクシズの脅威V DATABASE
「Ζ計画」で開発された可変モビルスーツ。
本来は変形機構の実験機だったが,優れた柔軟性を買われて,実戦運用が行われた。
装甲や武装などの性能はあまり高くないが,数値には現れない可能性を秘めている。

:MA:
メタスのモビルアーマー形態。
実験機であったメタスが実戦に投入されたのは,このモビルアーマー形態が高性能であったことが要因である。
優れた機動性と運動性を持ち,グリプス戦役ではΖガンダムの支援などに活躍した。

!1/144HGUC インストラクション
"メタス"は,エゥーゴが開発した初の攻撃型可変MSである。Ζプロジェクトの一環として実験的に作られた機体で,Ζガンダムなどの可変機構を開発する際のトライアルとしての意味を持つ機体となった。基本的なフォルムは宇宙用の航宙戦闘機形態であり,曲面で構成された機体の機動性は非常に高く,防御能力も十分に備えている。機体先端から腰部までがひとつのユニットとなっており,機体フレームの基部としても重要なユニットである。このバックパックのモジュールをベースとして手足が展開する形をとっており,MA形態時は,腕部と脚部が一体化して強固なトラス状のフレーム構造を持つが,MS形態時には股関節部分と上半身をつなぐシリンダーフレームが露出するなど,後続強度的には問題も抱えている。ただしその分,メンテナンスは容易であるとされている。Ζガンダムの完成に並行してアーガマに配備され,レコア・ロンド,ファ・ユイリィらがメインパイロットをつとめた。この機体は,発展途上にある可変MSのかなり初期で生まれたため,その基礎構造やモジュールの変形ノウハウが後続の機体に意欲的に採り入れられ,相当数の機体が同機の系譜に連なっている。なかには,MSZ-006Ζガンダムの後継機として開発された機体の基本フレームに同等の構造を採用して設計された機体もあり,実際のアーガマ部隊における運用実績以上に,MS開発に大きく寄与している機体なのである。

!MS大全集
Ζ計画において可変モビルスーツ開発のため試作された機体。運動性,加速性能は申し分なかったが,機体が脆弱という欠点がある。

!1/100MG リゼル インストラクション・1/100MG リゼル(隊長機) インストラクション
Ζ計画においてΖガンダムの変形機構の実験機として試作された。

 エゥーゴのZ計画の一環によって開発された可変試作モビルスーツ。モビルアーマー形態を基本としているため,モビルスーツ形態での戦闘力はあまり高くなかった。
!!備考

!!関連項目

!!編集者
*あさぎり
----
{{category MS/MA・M}}
{{category モビルスーツ・Z}}
{{category 加筆募集・MS}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。