トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MSA-003〕ネモ(ユニコーン版)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ネモ(ユニコーン版)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MSA-003
兵器区分エゥーゴ汎用量産型MS
迎撃用量産型MS
所属エゥーゴ
パイロットエゥーゴ一般兵
製作データ
デザイナーカトキハジメ
初出作品機動戦士ガンダムUC
参考文献ガンダムエースほか

 スペック

項目内容
全高19.5m
頭頂高18.5m
本体重量36.2t
全備重量55.6t
質量比1.32
ジェネレータ出力1620kW
スラスタ推力18200kg x2,13800kg x2
スラスタ総推力72800Kg
姿勢制御用バーニア12基
センサ有効半径10020m
装甲材質ガンダリウム合金
装甲材質ガンダリウム・アルファ系合金[1]

※スペックのほとんどはΖガンダム劇中のもの

ボディユニット

 ネモのボディユニットは,公国系の技術をベースとしながら,連邦系に近い機能とシルエットを獲得している。これは,かつての「ガンダム開発計画」からリック・ディアスを経て百式に至り,ムーバブル・フレームが洗練される過程において達成された物である。ネモは事実上,百式の直系にあたる。設計母体となったリック・ディアス以降の開発計画におけるMSのコンセプトに,連邦系の構造を導入した百式で得られたムーバブル・フレームの開発データを融合させ,量産機としての(コスト込みの)スペックを盛り込んだ機体なのである。

アームユニット

 ネモの腕部モジュールは,基本的に百式の設計を踏襲しているが,連邦系および公国系双方の規格に対応したエネルギーサプライも可能であり,既存の武装で標準的なものならば,ほとんどそのまま使用することができる。

レッグユニット

 あらゆる環境下において十分な機動性を発揮できる本機の脚部フレームは,当初から地球降下作戦の運用も想定されていたことから,特に十何戦と耐落下・衝撃性に配慮した構造が図られている。

バックパック

 ジム兇犯羈咾靴凸世蕕な性能向上が認められた本機のバックパック,そして脚部のスラスターは,一年戦争末期に開発されたジムのスナイパータイプにも同様のレイアウトが採用されており,きわめて優れた設計であることがわかる。

 武装

 MSA-003 ネモは,特殊な兵装を運用することはほとんど想定されていないが,エネルギーチャンネルなどは非常にフレキシブルに設定されており,規格外でなければ既存の武装のほとんどを使用できる。

ビーム・ライフル(1.9MW)

 ジム兇使用しているものの同等品。基本的なスペックも全く同一だが,ネモ側のエネルギーサプライドライバーなどが改良されており,より効率よく運用することができる。

ビーム・サーベル(0.4MW)

 プラズマ状のビーム刃を発生させ,対象を溶断する白兵戦用兵器。リック・ディアスや百式などが採用したものと同等品であり,通常はリアアーマーのサーベルホルダーにマウントされている。

ジム・ライフル

 一年戦争終結後に開発されたMS用携行火器であり,換装可能な実体弾式汎用マシンガンのロングバレル仕様。有効射程の延長と高い集団率を維持するこの組みあわせはジム・ライフルと呼称され,U.C.0096年現在においてもなお現役である。

60mmバルカン

 多くの連邦軍モビルスーツが装備する標準的な基本武装は,ジム系の発展型である本機のヘッドユニットにも採用されており,近接戦闘時に最大限の効果を発揮する。

専用シールド

 本機に専用開発された防御用兵装。取り回しに配慮し,スライドによる伸縮が可能。シールド裏側にはオプションラッチが装備されており,上部先端は打突攻撃用途にも対応している。

メガ・バズーカ・ランチャー

 サポート機とペアで用いることで運用することが可能。

 概要

 エゥーゴが開発配備した汎用量産型モビルスーツ。型式番号は,MSA-003。
 その設計および生産は,月面のアナハイム・エレクトロニクスによって行われた。

 本機は,グリプス戦役後に地球連邦軍に組み込まれたもので,既に旧式機であり,一線級の性能はないが,地球上の各基地には未だ配備が続けられていた。

 引用

ガンダムUC 公式サイト

 『グリプス戦役』において,エゥーゴが使用していた量産型MS。戦後は連邦地上軍に組み込まれ,各軍事施設に配備されている。同様に地上軍が運用するRMS-179ジム仰ではないものの,U.C.0096年における相対的な性能低下は否めない。ベテランパイロット達による高い技量でその差を埋め合わせているのが実情のようだ。

 備考


 関連項目


 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・ユニコーン]


最終更新時間:2014年10月16日 21時28分50秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]1/144 ネモ インストラクション