トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MSA-003〕ネモ・カノン

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ネモ・カノン

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MSA-003
兵器区分砲撃支援型モビルスーツ
所属エゥーゴ
パイロットエゥーゴ兵
製作データ
デザイナー藤岡建機
初出作品ADVANCE OF Ζ〜ティターンズの旗のもとに
参考文献電撃ホビーマガジン
電撃ホビーウェブ

 スペック

項目内容
全高19.5m
頭頂高18.5m
本体重量36.2t
全備重量55.6t
ジェネレータ出力1620kW
スラスタ総推力72800Kg
センサ有効半径10020m
装甲材質ガンダリウム合金

※スペックは,標準的なネモのもの。

 武装

60mmバルカン

 連邦製MSで標準的に装備される,頭部の両側面に内装されている武装。
 60mmの実体弾を連射することで近接戦闘時には充分な威力を発揮する。
 武器の換装や転進時の牽制,威嚇などにも非常に有効である。

ロング・シールド・ブースター

 概要

 MSA-003《ネモ》は,U.C.0087年に勃発したグリプス戦役においてエゥーゴが開発配備した汎用量産型モビルスーツである。その設計および生産は,月面のアナハイム・エレクトロニクスによって行われている。
 一見するとRGM-79系列のアップデート機に見える機体ではあるが,当時の新技術が導入された第2世代機の走りとも言うべき機体である。
 諸事情から開発計画が錯綜してしまったエゥーゴの主力機として,各所に配備された機体であり,名実ともに一般兵向けの主力機として位置づけられたものである。

 本機,ネモ・カノンは,特殊装備として開発されたロング・シールド・ブースターを装備した機体で,ロング・シールド・ブースターに備えられたビーム・カノンによる砲撃戦を前提とした機体である。
 機体そのものは一般型のネモと大差ないが,頭部にセンサー保護用のフェイスカバーが設置されており,機体の印象を大きく変えている。
 元々ネモは,複数機でメガ・バズーカランチャーを運用するなどの砲撃戦向け運用も可能であったが,本機の場合は,ジェネレータを内蔵したロング・シールド・ブースターを装備することで機体のジェネレータ出力に左右されずにメガ粒子砲による砲撃戦を可能とした点に大きなメリットを見いだしたものである。

 生産数はそれほど多くないが,実戦配備された機体はいくつかの戦果を記録している。
 なお,本タイプは,旧タイプのRMS-099《リック・ディアス》同様のブラックカラーの機体が通常カラーの機体以外にも確認できる。

 引用

GUNDAM WAR 栄光の戦史 連邦 U-389

 ロング・シールド・ブースターを装備した機体。頭部にセンサー保護用のカバーを装着している。

 備考

 通常カラータイプと,初期型のリック・ディアスのようなブラックタイプが存在するため,場合によっては,項目を分割する。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・AOZ]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2018年05月26日 20時01分35秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注