トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

〔MS-14S〕ロバート・ギリアム専用ゲルググの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
>>[[ユーザーファイル入口|USER/〔YMS-14〕ゲルググ]]
!!!ロバート・ギリアム専用ゲルググ
*[MS]
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,型式番号,MS-14S
,兵器区分,汎用主力モビルスーツ先行量産型
,所属,ジオン公国軍
,パイロット,ロバート・ギリアム
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,コンセプトラフ:富野喜幸{{br}}デザイン:大河原邦男
,初出作品,機動戦士ガンダム〜ギレンの野望
,参考文献,GUNDAM WAR ほか
!!スペック
,項目,内容
,全高,Unknown
,頭頂高,19.2 m
,本体重量,42.1t
,全備重量,73.3t
,ジェネレータ出力,1440kw
,スラスタ推力,24500kg x2,2500kg x5
,センサ有効半径,6300m
,装甲材質,超綱スチール合金
※スペックはシャア専用機のもの
!!武装
!ビームライフル
!ツインビームソード/ビームナギナタ
!!概要
 MS-14《ゲルググ》は,ジオン公国軍が最後に開発した汎用量産型モビルスーツである。公国軍の名機MS-06《ザク》の後継機として開発が進められたが,開発には多大な時間がかかり,本格的な配備が始まった時点で,一年戦争の終戦となってしまい,遅すぎた名機とも言われることが多い機体となってしまった。

 MS-14S《ゲルググ》は,初期に生産されたいわゆる先行量産型で,基本的な機体スペックは後の量産型と大差は無いが,生産においては注意深く行われ,部材が精選されたものとなっている。
 生産された機体は一説には24機とも25機とも言われ,様々なエースパイロットへと配備されたと言われている。

 本機は,公国軍のエースパイロットのひとり,ロバート・ギリアム大佐用にカスタマイズされた機体で,先行量産型ゲルググの内1機を改修した物である。
!!引用
!電撃HobbyMagazine 2002/08付録 エースパイロット・データ・ファイル(抜粋)
 ゲルググの先行量産型はパイロットに配備される際,個々のパイロットにあわせたチューニングが行われている。もちろんギリアム機も彼のパーソナルデータにあわせたチューニングが施されている。残念なことに配備が"ア・バオア・クー攻防戦"の直前だったため,出撃記録はその1回のみにとどまっている。
!!備考
 実質的には,YMS-14と同じ機体。
 ゲルググの機体名は,様々な形で存在するが,YMS-14に関しては,先行量産型あるいは初期生産型が一般的である。なお,MS-14Sでは先行量産型と表記したが,これはゲーム中の表記を採用したものである。

 本来,YMS-14は,シャアおよびエース部隊に配備された機体で全てであるが,ゲームなどでは,全ての機体の所在が明らかでは無いことと,その総数が一定でない点もあるため,これらを配備することで扱いが変わることも多々ある。(例えば,ギレンの野望では,ガルマ・ザビやランバ・ラルといったエースパイロットの専用ゲルググがこれにあたる。)
 また,ゲームなど媒体によって型式や機体名の扱いが異なっており,シャア専用機のものに準じて「MS-14S」という表記がなされることも多い。
!!関連項目
*[[〔YMS-14〕ゲルググ(初期生産型)]]
*[[〔MS-14S〕ゲルググ先行量産型]]
!!編集者
*あさぎり
*だっちん
----
{{category MS/MA・M}}
{{category モビルスーツ・ギレンの野望}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。