トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MS-14JG〕ゲルググイェーガー

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ゲルググイェーガー

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MS-14JG
兵器区分汎用量産型モビルスーツ機能強化型
所属ジオン公国軍
パイロットジオン公国軍兵
製作データ
デザイナー出渕裕
初出作品機動戦士ガンダム0080〜ポケットの中の戦争
参考文献GUNDAM WAR
Gジェネレーションポータブル ほか

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高19.2m
本体重量40.5t
全備重量80.3t
ジェネレータ出力1490kw
スラスタ推力24500kg x3,21000kg x5
スラスタ総推力178500kg
アポジモーター数24
センサ有効半径6300m
180度旋回時間1.4sec
陸上走行速度192km/h
装甲材質超硬スチール合金
黒歴史コード03-6903430

 武装

ビームマシンガン

110mmマシンキャノン

ビームスポットガン

 概要

 MS-14《ゲルググ》は,ジオン公国軍が最後に開発した汎用量産型モビルスーツである。公国軍の名機MS-06《ザク》の後継機として開発が進められたが,開発には多大な時間がかかり,本格的な配備が始まった時点で,一年戦争の終戦となってしまい,遅すぎた名機とも評価されることが多い機体となってしまった。
 その評価に恥じない機体性能を有しており,なおかつ,公国軍の保有する各種工廠で建造可能となるほど,利用可能な部材の幅も広いものであった。このため,ゲルググはロールアウト後短期間で様々なバリエーションが誕生することとなったのである。

 本機,MS-14J《ゲルググJ(イェーガー)》は,そうしたゲルググのバリエーション機の中でも少々特殊な出自を持つ機体である。ゲルググJは,命中精度の高い新型のビーム・ライフルを装備しているため,「ゲルググ狙撃型」の名で呼ばれることもあった。

 この機体は,公国軍主導の計画である「統合整備計画」によって誕生した機体であり,従来のメーカー主導,あるいは開発工廠主導によって誕生したバリエーション機とは異なった形で誕生したものなのである。
 元々,ゲルググはジオニック社主導で開発が進められたもの(ただし,終戦間際の状況から,事実上国家を挙げて計画されたものではある)で,各工廠で利用可能な部材による多少の差異は存在するものの,基本的にはほぼ同型の機体をバリエーション展開したものである。

 しかし,ゲルググJは,統合整備計画によって再設計されたものであり,ゲルググの名を冠するものの多くの部分で原型機とは異なった機体となっているのである。
 特に大きな変更点は,他の統合整備計画による機体と同様に統一されたコクピットシステムがあり,これにより機種転換時間を短縮することが可能となっていた。
 また,再設計にあたり設計が見直されたことで,特にスラスター推力が格段に強化されており,従来のモビルスーツとは比較にならない機動性を獲得するに至っている。また,プロペラントタンクの装備も可能になっており,行動半径も広がっており,総合的な性能は大きく向上している。
 これだけ強化された機体ではあるが,ゲルググJは,生産開始が終戦直前であったため,実戦に参加した機体は極めて少ないものとなっている。

 引用

GUNDAM WAR 永久の絆 ジオン公国軍 U-69

 大戦後期の統合整備計画で,ゲルググを再設計,改修を施したMS。狙撃用ビームライフルを装備しており,「ゲルググ狙撃型」とも呼称される。しかしコストが高く,生産台数は少ない。

 備考


 関連項目


 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・0080]


最終更新時間:2016年05月31日 20時55分35秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注