トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

〔MS-14C〕ゲルググキャノンの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
>>[[ユーザーファイル入口|USER/〔MS-14C〕ゲルググキャノン]]
!!!ゲルググキャノン / ゲルググCタイプ
*[MS]
//{{layout cols,width:100%
//----------
{{layout cols,width:40%
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,型式番号,MS-14C
,兵器区分,ジオン公国軍汎用モビルスーツ砲撃戦仕様
,所属,ジオン公国軍
,パイロット,ジオン公国軍兵
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,大河原邦男
,初出作品,MSV
,参考文献,1/144 ゲルググキャノン インストラクション ほか
}}
//----------
{{layout cols,width:40%
!!画像

!BOX ART
(img:160.jpg)
*[[掲載画像に関する注意書き]]
}}
//----------
//}}
{{ilayout clear}}
!!スペック
,項目,内容
,全高,19.5m
,全高,21.0m{{fn ガシャポン戦士付属シール}}
,頭頂高,19.3m
,本体重量,55.8t
,全備重量,79.8t
,重量,110.0t{{fn ガシャポン戦士付属シール}}
,ジェネレータ出力,1440kw
,馬力,85000{{fn ガシャポン戦士付属シール}}
,スラスタ推力,79900kg
,センサ有効半径,6300m
,装甲材質,超硬スチール合金
,黒歴史コード,03-8556134
!頭部
 ゲルググの頭部ユニットは,高度な通信機器と高性能なセンサーの複合体である。
 その基本構造は,MS-06《ザク》を踏襲したものとなっているが,用いられている各種部材はより洗練されたものとなっている。また,ザクでは露出していた動力伝達パイプなどの各部品は装甲内に納められている。
 なお,ゲルググキャノンでは,遠距離攻撃を行う関係から,前方監視用サブカメラ,複合探知システムを追加した頭部に換装しているが,基本的な構造・機能についてはノーマルタイプと大差ないものとなっている。
!腕部
 ゲルググの各関節部分に採用される駆動装置は,ザクと同程度の能力でさらに小型化,高速化されている。機体そのものの反応速度が改善されているため,機体の運動性も飛躍的に向上している。ただし,ビーム兵器へのエネルギー供給系統なども内装されているため,全体的なボリュームはほとんど変化していない。
 ショルダーアーマーは,関節の保護と同時にサブスラスターユニットとしても機能している。また,腕部に装備されている熱核ジェットユニットは,基本的には地上戦用の装備ではあるものの,コロニー内など大気が存在する無重量領域での機動性向上においても非常に有効であった。このジェットユニットは,武装への換装も可能であり,ゲルググキャノンでは各種兵装に換装している。
!脚部
 ゲルググの脚部に装備されるバーニアスラスターユニットは,当初,MS-11用に開発されていたZIONIC社製部品がそのまま流用される予定だったが,実際にはそのユニットは06R-2型に使用されてから機体の完成までの間に改良が加えられることになった。スラスター総推力の向上のため,腰部スカートアーマーに09R系のZIMMAD社製バーニアのノウハウの採用が決定し,改めて共同開発されることとなった。このことからも,ゲルググは事実上,公国軍のMS開発のノウハウを総動員して開発されたMSだということができる。
!ボディ
 ゲルググの基本構造は,連邦製のRXタイプに倣い,ボディモジュールを大きく三つのブロックに分割している。これは機体の運動性を高めるためにも有効であったが,実際には,パイロットの生存性を高めるために採用された構造であった。さらに,ボディの分割構造は,機能上の問題ばかりでなく,生産性の面からも歓迎された。これによって,ゲルググは各部ごとに生産拠点を分散させて生産することが可能となり,「工業製品」としても非常に優秀なものとなったのである。
!!武装
!キャノンパック(R-A2ビームキャノン)
 公国軍においてビーム兵器の開発は難航しており,ゲルググにおいてようやく標準装備可能な兵装となった。だが,ビーム・ライフルの生産には特に苦慮しており,生産されたゲルググに対して,これを充足するだけのビーム・ライフルが生産できていない状況であった。
 このため,ゲルググキャノンでは,開発の遅れていたビーム・ライフルの代わりにオプション装備としてバックパック一体型のビーム兵器を用意している。
 キャノンパックでは,水陸両用MSのデバイスを組み込んだビーム・キャノンと,増加した自重を相殺する為のバーニアスラスター,プロペラントタンクがユニット化されている。
!3連ミサイルランチャー
 追加装備として開発された。
 近接戦闘に効果的な武装である為,Cタイプの腕部に装着されることが多かった。
!バックラーシールド
 近接戦闘時のポイント的な防御のために造られた追加走行。
 ある程度の効果はあったが,実際には3連ミサイルランチャーのカウンターウェイトとして機能していた。
!ビーム・ナギナタ(ツインビームソード)
 ゲルググが装備するビーム・サーベルのうち,A型やS型には"ナギナタ"状のビーム刃をユニットの両端で生成するツインエミッターが採用されている。
 無論,片方だけでの稼動も可能である。
!ビーム・ライフル
 一部部隊では,配備されたゲルググに対して十分な数のビーム・ライフルが用意されていたが,そうでない部隊では各種マシンガンを用いていたと言われている。
!!概要
 MS-14C《ゲルググキャノン》は,ゲルググの砲撃戦仕様機である。
 本機のベースとなったMS-14《ゲルググ》は,ジオン公国軍が開発した汎用量産型モビルスーツである。ゲルググは,MS-06《ザク》の後継機として,次世代の主力を担うモビルスーツと位置づけられ,公国軍の全力を持って開発が進められた機体である。
 当初こそ,ザクの強化型としての位置づけから開発が進められたものの,来るべき地球連邦軍のモビルスーツに対しての「対モビルスーツ戦闘」を念頭に置いた形で開発が進められている点が,ザクとは大きく異なっている部分であると言えるだろう。
 最大の特徴は,ビーム兵器を標準装備している点であるが,これらビーム兵器を含め,開発には多大な時間がかかり,本格的な配備が始まった時点で,一年戦争の終戦となってしまったのである。結果として,遅すぎた名機とも言われることが多い機体となってしまった。

 元々ゲルググは,その設計段階で各部がユニット構造化されており,仕様変更が容易くできるような構造となっていた。これは,様々な戦局に対応できるようにモジュール化されているという見方もできるが,実際には各工廠での生産時の部材の差異を吸収できる柔軟な設計が求められていたという点も理由として挙げられるのである。
 無論,各戦局を想定した仕様を前提とした装備も当初から開発が行われており,戦局や仕様によるOSや運用ソフトウェアの変更を含め,各部が連動したシステムとなっていたのである。

 本機は,MS-14B《高機動型ゲルググ》と同様に,主たる変更点はバックパックに集中しており,バックパックを換装するだけで,C型(あるいはB型)としての運用も可能なのである。(もちろん,遠距離攻撃を想定しているため,これに合わせた装備を追加するため,ゲルググキャノンでは,頭部ユニットも換装の対象となっているのだが,極論すればバックパックのみの換装でも運用は可能だということなのである。。)
 ゲルググのOSは優れたものが採用されており,バックパックを背部ジョイントに接合すると,その接合されたバックパックが認識され,仕様に合わせた操作モードに自動的に変更されるほどだったのである。
 しかしながら,装備を換装して機体運用を行うことは困難も伴うものであり,その都度,機体の各部バランスを再設定することは効率の悪い方法であった。このため,実際に換装が可能であった初期型ゲルググ(YMS-14あるいはMS-14Sとも呼ばれる)を配備されたエース部隊では,当初こそ換装を行ったようであるが,実際には仕様を固定して運用する事例のほうが多かったとされている。(また,エース部隊では,それぞれのゲルググを更にカスタマイズしており,結果として換装を行うメリットがなくなってしまっていたことも事実である。)
 こうしたことから,一般配備用に建造されたゲルググは,そのユニット構造を活かし,当初から仕様を固定した形で生産されることとなったのである。

 なお,ゲルググはその生産数や実配備について一年戦争末期の混乱のため正確な記録が少なく,謎が多く実体が明らかではない。これは,ゲルググのサブタイプについても同様であり,様々なサブタイプの存在は明らかであっても,いかなる過程で誕生したサブタイプであるのかがはっきりしていない事が多い。
 一例を挙げると,MS-14Gは「正式な仕様であった」とする場合もあれば「陸戦運用した機体を暫定的にG型とした」とする場合もあり,さらに同じG型であってもあまりにも装備が異なる機体が散見されるのである。

 これはゲルググキャノンにおいても同様である。ゲルググキャノンの生産については様々な記述が見られるものの,これらを明確にまとめた資料は少ない。
 例えば,「実戦参加したC型は15機に留まり,戦後に残されたC型用部品は122機分に及んだ」という記述が古くからみられる資料に記述されているが,このC型がいわゆる先行量産型の換装仕様を含むのか,そうで無いのかでも実際の建造数は変わってくるのである。
 これは,C型が当初から想定されていた仕様であり,シャア・アズナブル機を除いた先行量産型24機(25機説もある)の「仕様変更運用」によるC型も存在しているのに対して,量産の際のC型は原則として装備変更を前提としていなかったことにも起因していると考えられる。
 シャア・アズナブル機以外の先行量産型はすべてキマイラ隊に配備されたとされている(実際にはあと1機アナベル・ガトーに配備されたという説もある)が,この24機のうち12機はC型仕様で運用されたといわれている。(一説には,他の機体も作戦に応じてC型装備を選択したため,15機運用されたという説もある。)
 すなわち,現状では,実戦投入された機体がエース部隊の機体のみという解釈を行わなければならない状況なのである。他の戦場で確認できるC型もあるため,この「実戦参加15機」に先行量産型を含まないと見なした方が,各種資料を肯定するには都合がいいと考えられる。
!運用
 ゲルググキャノンは,その装備からMS-06K《ザクキャノン》などと同様に砲撃戦仕様機として分類されている。
 しかしながら,従来の支援任務中心の運用とは異なり,実際には前線での戦闘も可能な機体となっている。(この考え方は,地球連邦軍のRGM-79の部隊編成に近いものがある。)
 最大の特徴である背部バックパックに装備されたビームキャノンは,ビーム・ライフルの開発の遅れに伴って開発されたものであるが,ベースとなったシステムが水陸両用モビルスーツのメガ粒子砲であるため出力が高く,ビーム・ライフルの出力をも上回ると言われている。
 また,腕部のジェットエンジンは取り外され,ロケットランチャーと小型シールドが装備されているため,ツインビーム・ソードを含め,近接戦闘能力も高いことから,砲撃戦仕様と言われながらも近接戦闘での戦果を挙げたパイロットも多かったとされる。
!!引用
!データコレクション 一年戦争外伝
 大戦後期に量産された名機MS-14ゲルググのバリエーション機の一つ。右肩にビームキャノンを装備した砲撃戦用の機体である。
!!備考
 ゲルググキャノンは,複数のカラーリングがみられるが,カラーリングは同じでエンブレムなどが異なる機体も存在する。
!!関連項目

!!編集者
*あさぎり
----
{{category MS/MA・M}}
{{category モビルスーツ・MSV}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。