トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MS-14A〕ゲルググ(指揮官機)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

量産型ゲルググ(指揮官機)

  • [MS]

データ

機体データ
型式番号MS-14A
兵器区分主力汎用量産型モビルスーツ
所属ジオン公国軍
パイロット公国軍兵
製作データ
デザイナーコンセプトラフ:富野喜幸
デザイン:大河原邦男
初出作品機動戦士ガンダム
参考文献GUNDAM WAR
Gジェネレーションポータブル ほか



 スペック

項目内容
全高21.0m[1]
頭頂高19.2m
本体重量42.1t
全備重量73.3t
重量102.0t[2]
ジェネレータ出力1440kw
馬力82000hp[3]
スラスタ推力24500kg x2,2500kg x5
スラスタ総推力61500kg
センサ有効半径6300m
陸上走行速度180km/h
装甲材質超綱スチール合金
黒歴史コード03-3306531

 各部解説

頭部

 ゲルググの頭部は,基本的にザクの構造を小型化,高密度化したものである。従来存在していた前頭部から後頭部にいたる動力パイプは,外装の内側にコンポーネントされている。これは対MS戦の,特に格闘戦における対策として採られた措置で,耐弾性と耐久性が向上している。また,量産効果によって各種センサーのコストや歩留まりが安定してきたため,これまでは指揮官機クラスの機体に優先して搭載されていた高性能センサーやコンピュータフレームが標準装備とされたことで,基本性能が飛躍的に向上している。このため,従来は性能向上の意味もあったブレードアンテナは,指揮官向け機体の意匠としての意味合いがより強くなっている。

腕部

 ゲルググの各関節部分に採用される駆動装置は,ザクと同程度の能力でさらに小型化,高速化されている。機体そのものの反応速度が改善されているため,機体の運動性も飛躍的に向上している。ただし,ビーム兵器へのエネルギー供給系統なども内装されているため,全体的なボリュームはほとんど変化していない。
 ショルダーアーマーは,関節の保護と同時にサブスラスターユニットとしても機能している。また,腕部に装備されている熱核ジェットユニットは,基本的には地上戦用の装備ではあるものの,コロニー内など大気が存在する無重量領域での機動性向上においても非常に有効であった。
 なお,ジェットユニットは,武装への換装も可能であった。

脚部

 ゲルググの脚部に装備されるバーニアスラスターユニットは,当初,MS-11用に開発されていたZIONIC社製部品がそのまま流用される予定だったが,実際にはそのユニットは06R-2型に使用されてから機体の完成までの間に改良が加えられることになった。スラスター総推力の向上のため,腰部スカートアーマーに09R系のZIMMAD社製バーニアのノウハウの採用が決定し,改めて共同開発されることとなった。このことからも,ゲルググは事実上,公国軍のMS開発のノウハウを総動員して開発されたMSだということができる。

ボディ

 ゲルググの基本構造は,連邦製のRXタイプに倣い,ボディモジュールを大きく三つのブロックに分割している。これは機体の運動性を高めるためにも有効であったが,実際には,パイロットの生存性を高めるために採用された構造であった。さらに,ボディの分割構造は,機能上の問題ばかりでなく,生産性の面からも歓迎された。これによって,ゲルググは各部ごとに生産拠点を分散させて生産することが可能となり,「工業製品」としても非常に優秀なものとなったのである。

 武装

 ジオン公国が技術面で唯一,連邦に遅れを取っていたのは,ビーム兵器の小型化だった。このことが,MS単体に装備される攻撃力の差を生み,ひいてはトータルな戦力の違いを決定的なものとしてしまったことは否定できないだろう。

ビーム・ライフル

 公国軍が初めて量産に成功したMS用のビームライフル。一説にはプロトタイプとして,さらに長銃身のライフルが存在していると言われる。
 ガンダムが装備するものに勝るとも劣らない性能を持つ。

ツインビームソード/ビームナギナタ

 ゲルググが装備するビーム・サーベルのうち,A型やS型には"ナギナタ"状のビーム刃をユニットの両端で生成するツインエミッターが採用されている。
 無論,片方だけでの稼動も可能である。

シールド

 ゲルググ専用のシールド。特殊なコーティングが施されているため,実体弾のみならずビーム兵器にも,ある程度耐えることができる。
 手持ち及び背部装着用のコネクターを装備している。

 概要

 MS-14《ゲルググ》は,ジオン公国軍が最後に開発した汎用量産型モビルスーツである。公国軍の名機MS-06《ザク》の後継機として開発が進められたが,開発には多大な時間がかかり,本格的な配備が始まった時点で,一年戦争の終戦となってしまい,遅すぎた名機とも言われることが多い機体となってしまった。

 ゲルググは,ジオン公国のモビルスーツ開発技術の集大成で,ジオンにおいて初の実戦型ビーム・ライフルを装備しているのが最大の特徴となっている。

 MS-14A《ゲルググ》は,初期に生産されたYMS-14を量産配備したもので,先行量産機の高い性能はそのままに一般兵士向けに量産された名機である。
 機体は,基本的にYMS-14そのままといっても過言ではないが,様々な生産工廠で生産されることが決定していた為,その設計には余裕を持たせてある。実際,生産工廠ごとに細部の違いが存在していたという資料も存在する。

 本タイプは,MS-14の指揮官機で,MS-06以来踏襲されているブレードアンテナを装着している。

 引用

Gジェネレーションポータブル

 ジオン公国軍の汎用量産型MS。
 通常機と性能的な違いはなく,頭部に隊長機を示す角飾りを施しただけの機体である。

 備考

 ガシャポン戦士シールでは,MS-14S/YMS-14表記である。
 好意的に解釈すれば,A型の指揮官機をS型呼称した場合がある,という解釈になるが,実際にYMS-14同様の仕様であったとは,考えにくい。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・1st]


最終更新時間:2015年07月23日 18時51分15秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]ガシャポン戦士シール
  • [2]ガシャポン戦士シール
  • [3]ガシャポン戦士シール