トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MS-09R-2〕リック・ドム

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

リック・ドム

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MS-09R-2[1]
兵器区分空間戦闘用量産型モビルスーツ
所属ジオン公国軍
パイロットジオン公国軍兵
製作データ
デザイナー出渕裕
初出作品機動戦士ガンダム0080〜ポケットの中の戦争
参考文献GUNDAM WAR
Gジェネレーションポータブル ほか

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高18.6m
本体重量45.6t
全備重量79.9t
ジェネレータ出力1219kw
スラスタ推力21000kg x5,2500kg x2
スラスタ総推力110000kg
アポジモーター数9
センサ有効半径5400m
180度旋回時間1.8sec
陸上走行速133km/h
黒歴史コード03-5049241

頭部

 ザクタイプのモノアイは上下視野に死角がある。
 それを補正するためにドムタイプでは十字形のスリットを採用した。09R兇任狼緻魅ラスを使用し,さらに死角を減らしている。

バックパック

 09R兇任榔宙空間での長期行動用のプロペラントタンクを通常装備として用意している。
 これにより,09Rよりも200%以上長い行動時間を獲得している。

 武装

ビームポイント

 出力向上により09R兇任鰐椶らまし用ビーム砲も近接攻撃用としての威力も充分ある。

ジャイアントバズ(専用タイプ)

 形状と弾体が改良され,攻撃能力もかなり向上しているので対艦攻撃にも有効となった。

ジャイアントバズ(MS-09Rタイプ)

 ドムの重モピルスーツとしての攻撃力をささえているのが,このジャイアントバズーカである。

シュツルムファウスト

 ザク用として開発されたスツルムファムストの使用も可能である。

 概要

 MS-09R《リック・ドム》は,一年戦争当時,ジオン公国軍が投入した空間戦闘用量産型モビルスーツである。この機体は,地上戦で主力モビルスーツとして確固たる地位を築いたMS-09《ドム》を空間戦闘用に改装した機体で,開発の遅れていたMS-11《ゲルググ》の完成までの期間の主力モビルスーツを選定するためのコンペティションにおいて,MS-06R-2《高機動型ザク供佞鯒砲辰燭海箸ら採用されている。

 ドムを開発したツィマット社は,公国軍のモビルスーツ開発メーカーとして初期の段階からOEM生産を行っていた(モビルスーツ開発については)老舗と言えるメーカーのひとつである。ツィマット社は,モビルスーツが次世代兵器として採用されると,自社独自のモビルスーツ開発に着手,公国軍の主力量産機として開発が進められていたMS-05《ザク》に競合機をぶつけるほどの意気込みを見せたメーカーであった。
 実際には諸々の理由からMS-05が採用されるのであるが,MS-05の本格量産が始まるとOEM生産を行いながら自社の技術蓄積に力を入れ,MS-07《グフ》に至って,独自にバリエーション機の提示を行うほどになったのである。
 MS-07C-5として制式登録された試作機は,改良が加えられた後,YMS-09《プロトタイプドム》として軍上層部に提案され,ついにはMS-09として制式採用を勝ち取ったのである。

 空間戦闘用として配備が始まったリック・ドムは瞬く間に多くの部隊へと配備されていった。特に,地球連邦を地球上に封じ込めるために展開していた各パトロール艦隊には積極的な配備が行われたようで,多くの部隊でザクとの混在運用がなされていた中,3隻の一般的なパトロール艦隊に9機ものリック・ドムを配備した艦隊がいくつも存在したと言われている。
 その後,本命であるMS-14(MS-11から改称)《ゲルググ》がロールアウトし,一般配備が始まったものの,その機体数は十分ではなく,また,本命であったビーム兵器の開発と生産に難航した結果,充足数を満たさない部隊が多数発生した。
 この状況下で,リック・ドムは戦線を支え続けており,実質的に一年戦争終盤の中心的な機体であったと言うことができるだろう。

 MS-09R-2《リック・ドム供淵張凜.ぁ法佞蓮ぅ螢奪・ドムのバリエーション機のひとつである。この機体は,ジオン公国軍が一年戦争末期に実施した「統合整備計画」に基づいて開発が進められたものである。
 公国軍のモビルスーツは,各メーカーの競争により多様な種類の機体が誕生し,いずれも比較的良好な成果を残したものの,メーカーごとの差異などから,操作系や部品規格等も統一されていないありさまであった。このため,統合整備計画では,これらの統一による生産性および操作性の向上と,併せて機体性能の向上が図られたのである。
 リック・ドム兇蓮け宙空間戦闘能力を向上させるための改良が行われ,ジェネター,スラスターのチューンナップおよび姿勢制御用バーニアの増設による機動性の向上と,プロペラントタンクの装備による行動時間の延長が行われている。
 完成した機体は上々の完成度であり,従来機とほとんど生産工程が変わらないことから,直ちに量産に入ったものの,戦争末期であったために大量配備には至らなかった。
 実際に,実戦参加した機体はごくわずかであったが,生産された機体は,戦後,ゲリラ化した公国軍残党兵にとっては貴重な戦力となり,各地で運用されたといわれている。

 引用

機動戦士ガンダムMSパイロット名鑑<一年戦争編>

 MS-09を宇宙戦用に換装し,改良されたリックドムも,数多くのバリエーションを残している。この機体もMS-14ゲルググの技術がフィードバックされている。

 備考


 関連項目


 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・0080]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年04月21日 18時24分52秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]現在ではこのように表記されることが多くなったが,元々は,MS-09R兇任△辰拭また,MS-09R2の表記も見られる。