トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MS-09R〕リック・ドム(MSD版)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

リック・ドム

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MS-09R
兵器区分空間戦闘用量産型モビルスーツ
所属ジオン公国軍
パイロットジオン公国軍兵
製作データ
デザイナー画稿無し
初出作品機動戦士ガンダム THE ORIGN -MSD-
参考文献

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高18.6m
本体重量43.8t
全備重量78.6t
ジェネレータ出力1199kw
スラスタ推力22000kg x2,1000kg x9
スラスタ総推力53000kg
センサ有効半径5400m
装甲材質チタン・セラミック複合材

※スペックは,ファーストガンダム本編のものである。

 武装

360mm ジャイアントバズーカ x 1(H&L-GB05R/360mm)

ヒートサーベル x 1(HEAT SABER Type7)

ビームバズーカ(BEAM BAZOOKA Ex-T2-2)

 概要

 MS-09R《リック・ドム》は,一年戦争当時,ジオン公国軍が投入した空間戦闘用量産型モビルスーツである。この機体は,地上戦で主力モビルスーツとして確固たる地位を築いたMS-09《ドム》を空間戦闘用に改装した機体で,開発の遅れていたMS-11《ゲルググ》の完成までの期間の主力モビルスーツを選定するためのコンペティションにおいて,MS-06R-2《高機動型ザク供佞鯒砲辰燭海箸ら採用されている。

 ドムを開発したツィマット社は,公国軍のモビルスーツ開発メーカーとして初期の段階からOEM生産を行っていた(モビルスーツ開発については)老舗と言えるメーカーのひとつである。ツィマット社は,モビルスーツが次世代兵器として採用されると,自社独自のモビルスーツ開発に着手,公国軍の主力量産機として開発が進められていたMS-05《ザク》に競合機をぶつけるほどの意気込みを見せたメーカーであった。
 実際には諸々の理由からMS-05が採用されるのであるが,MS-05の本格量産が始まるとOEM生産を行いながら自社の技術蓄積に力を入れ,MS-07《グフ》に至って,独自にバリエーション機の提示を行うほどになったのである。
 MS-07C-5として制式登録された試作機は,改良が加えられた後,YMS-09《プロトタイプドム》として軍上層部に提案され,ついにはMS-09として制式採用を勝ち取ったのである。
 本機,リック・ドムは,この地上戦用に開発されたドムを空間戦闘用に再開発した機体である。(ある意味,空間戦闘を主眼においていたザク兇ら陸戦用のJ型が開発されたのと逆の流れである。)

 引用


 備考

 本機は,MSD公式サイトの系付図において,型式と機体名のみ確認できる機体である。
 名称的に言えば,ガンダム本編におけるリック・ドムに相当する機体だと考えられる。
 しかし,オリジン版の各モビルスーツについては,漫画版とアニメ版で大幅にデザインが異なっている上,MSDの系譜については,これまでのMSV系の系譜と異なった部分があるため,「デザインは発表されていないもののMSD版として異なった機体である」との認識で項目化している。
 デザイン等が発表され,詳細が明らかになった時点で変更を行う。

区分について

 これまでオリジン版に関しては,基本的にアニメ版・漫画版問わずにカテゴライズしていたが,MSDの展開とともに同一の機体でありながら従来の開発系譜と異なったモビルスーツが登場することとなった。また,旧来のMSVと同一の機体でありながらも,細部が異なる機体がほとんどであるため,2018年6月をもって,区分の再編を行っている。
 カテゴリについては,漫画版を「オリジン」,アニメ版を「オリジン/A」,MSD版を「MSD」として区分を行い,アニメ版とMSD版は展開上,双方のカテゴリに所属する場合もある,という形にした。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・MSD]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2018年06月17日 17時01分37秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注