トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MS-09R〕リック・ドム(ロングスカート型)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

リック・ドム(ロングスカート型)

  • [MS]

データ

機体データ
型式番号MS-09R / MS-R09
兵器区分空間戦闘用量産型モビルスーツ
所属ジオン公国軍
パイロットジオン公国軍兵
製作データ
デザイナー大河原邦男
初出作品機動戦士ガンダム
参考文献GUNDAM WAR
Gジェネレーションポータブル ほか



 スペック

項目内容
全高18.6m[1]
全高18.2m
ガシャポン戦士実写シール
頭頂高18.6m
本体重量43.8t
全備重量78.6t
重量90t
ガシャポン戦士実写シール
自重94.8t[2]
総重量171.6t[3]
ジェネレータ出力1199kw
スラスタ推力22000kg x2,1000kg x9
スラスタ総推力53000kg
馬力24100hp[4]
動力システム熱核反応炉[5]
エンジン出力18000[6]
主推進システム熱核ロケット/490.7t x2/持続時間38.5[7]
センサ有効半径5400m
180度姿勢変更2.1s[8]
装甲材質チタン,セラミック複合材

頭部

 リック・ドムの頭部ユニットは,基本的に陸戦用のドムと同じものが流用されている。
 モノアイレールが十文字型に改められたための動作系を除けば,量産型モビルスーツとしては標準的なものであり,機能としては従来のザク系などと基本的には同等である。
 左右の可動範囲が狭まったのは,側方用センサーの機能向上がきっかけだとされているが,主センサーに上下動が加わったことで,結果として空間戦闘時の視界が大きく確保できるようになったとも言われている。
 なお,蛇足ながらドム同様,リック・ドムの頭部ユニットは可動するという説と固定されているという説がある。前者は,一部の資料に見られるものであるが,後者が一体化することで耐弾性などを向上させたという説もみられ,現在では一般的となっている。

腕部

 リック・ドムの腕部ユニットも基本的に陸戦用ドムのものと同じものである。
 ドムで装備されていた重力下仕様の各部装備を取り除き,空いたスペースにプロペラントタンクを装備することで,稼動時間の延長を図っている。
 元々,陸戦でのトルクと装甲厚を優先した設計のために,ユニットそのものが肥大化したことから,運用可能な装備に影響がでたが,これも陸戦用に開発されたジャイアント・バズを改良することで問題とはされなかった。

脚部

 ドムの脚部は,ホバリング装甲を行うために,比較的余裕のある構造が採用されていた。
 このため,空間戦闘用に改装するに当たっても,これらの余裕から比較的楽に対応できたと言われている。
 ドムとリック・ドムの最大の相違点がこの脚部エンジンにあるわけだが,リック・ドムが優れた機体となった理由のひとつが実はこの脚部にある。
 リック・ドムの脚部は,MS-06R系と同じく脚部全体を巨大なスラスターと見なす構造である。ドムの場合には,地上走行用の浮上装備(ホバー機能)とこれに必要な吸気機構が設置されていたが,これらが丸ごと熱核ロケットエンジンに換装されたため,容積的にかなりの余裕が発生している。これを利用して大容量のプロペラントが搭載されたことで,稼働時間の延長が達成され,バックパック,スカート部後部,そして脛フレア内の3カ所をメインスラスターとして機能させることが可能となったのである。

ボディユニット

 リック・ドムのボディユニットは,基本的にドムのものを継承している。
 他の部位が,ドムの継承といいながらも,基本的にはMS-05以降のモビルスーツとして標準的な仕様となっている部位の改良に過ぎないのに対して,このボディブロックは,いわゆる09系に特徴的なものとなっており,以後の公国軍系モビルスーツの機体構造に大きな影響を与えるものとなっている。
 最大の特徴であるブロック構造は,胸部,腰部とジェネレータブロックをそれぞれ独立させたことで,メンテナンス性などの向上に結びついている。
 また,この構造によってバリエーション機や機体の性能向上が行いやすくなったというメリットも存在する。

コクピット

 コクピットブロックは,ザクより後のほとんどのMSに採用されているダイレクトインと呼ばれる搭乗方式となうており,前面装甲の泣き所であった搭乗ハッチが飛躍的に強化されている。

 武装

 MS-09ドムが使用する武装のうち,もっとも特徴的なものが,戦艦をも一撃で撃沈すると言われるほどの威力を持つ"ジャイアント・バズ"である。この武装を始めとして,ドムにも様々な兵装が供給されているが,リック・ドムの実戦投入に前後して,試作されたビームバズーカなどを装備する機体もあったと言われている。

360mm ジャイアントバズーカ x 1(H&L-GB05R/360mm)

 ドムの主力兵装となるのがこのジャイアントバズーカである。360mmロケット弾を並列弾倉に10発装填されている。この破壊力は,今までの通常兵装であったマシンガンに較べ,数十倍以上あった。この兵装の威力と持ち前の機動力とともに,ドムは重MSの名をほしいままにする。

ヒートサーベル x 1(HEAT SABER Type7)

 MSの白兵戦用の武器。サーベル部分が白熱化し,敵の機体を溶断する。発熱デバイスは高効率でエネルギーを熱に変えるが,消耗が激しいため基本的に使い捨てである。

ビームバズーカ(BEAM BAZOOKA Ex-T2-2)

 公国軍による試作ビーム兵器のひとつ。メガ粒子の縮退に連邦のエネルギーCAPとは異なる手法を用いている。エネルギーチャージに時間がかかるが,連邦のMSビーム兵器の数倍の破壊力を発揮すると言われている。

 概要

 MS-09R《リック・ドム》は,一年戦争当時,ジオン公国軍が投入した空間戦闘用量産型モビルスーツである。この機体は,地上戦で主力モビルスーツとして確固たる地位を築いたMS-09《ドム》を空間戦闘用に改装した機体で,開発の遅れていたMS-11《ゲルググ》の完成までの期間の主力モビルスーツを選定するためのコンペティションにおいて,MS-06R-2《高機動型ザク供佞鯒砲辰燭海箸ら採用されている。

 ドムを開発したツィマット社は,公国軍のモビルスーツ開発メーカーとして初期の段階からOEM生産を行っていた(モビルスーツ開発については)老舗と言えるメーカーのひとつである。ツィマット社は,モビルスーツが次世代兵器として採用されると,自社独自のモビルスーツ開発に着手,公国軍の主力量産機として開発が進められていたMS-05《ザク》に競合機をぶつけるほどの意気込みを見せたメーカーであった。
 実際には諸々の理由からMS-05が採用されるのであるが,MS-05の本格量産が始まるとOEM生産を行いながら自社の技術蓄積に力を入れ,MS-07《グフ》に至って,独自にバリエーション機の提示を行うほどになったのである。
 MS-07C-5として制式登録された試作機は,改良が加えられた後,YMS-09《プロトタイプドム》として軍上層部に提案され,ついにはMS-09として制式採用を勝ち取ったのである。

開発経緯

 本機,リック・ドムは,この地上戦用に開発されたドムを空間戦闘用に再開発した機体である。(ある意味,空間戦闘を主眼においていたザク兇ら陸戦用のJ型が開発されたのと逆の流れである。)
 当時,公国軍において次期主力戦闘用モビルスーツとして提出されていたプランは,仮称でMS-10とMS-11という2種の機体であった。

 前者,MS-10についてはツィマット社の次世代機プランとして提示されていたものであるが,後年明らかとなったMS-10《ドワッジ》とは別の機体であるという説もあり,未だ持って定説を見ない。(なお,EMS-10《ヅダ》と呼ばれる機体が評価試験にかけられており,この機体の本格量産機,あるいは改良機であった可能性は否定できない。)
 一方で後者であるMS-11は,MS-06R-2系の発展型としてビーム兵器を搭載したプランとして提案されていたが,ビーム兵器の開発に難航し,開発に目処が立たない状況であった。
 この状況下で,地球連邦軍のモビルスーツの本格投入が想定されたことから,これに対抗するためにMS-10/MS-11プランは一端凍結し,急遽コンペティションが実施されることとなったのである。
 ここで提案されたのが,ジオニック社によるMS-11プランからビーム兵器を除いたMS-06R-2と,ツィマット社によるMS-R09(この型式は当時のもの)であった。

 当時,06R-2型は,06Fの後継機選定において,スペックだけで比較するなら,ほぼ間違いなく空間戦闘用次期主力モビルスーツとなっただろうといわれていた機体であった。
 だが,コストや生産性に問題があったため,試作機が4機作られただけであった。ある意味で"ザク"をベースとした機体の機能向上は限界に達しており,同機はチューニングや操作性において非常にデリケートな機体となってしまっていたのである。
 一方,ツィマット社の提案によるMS-R09は,重力下装備を宇宙用に換装するだけで,目標値をクリアしていたのである。

 本来,ドムは重力下での機動性確保のために開発が進められた機体で,従来の脚部歩行による移動に変わってホバー推進システムを採用することで,従来とは桁違いの機動性を獲得することができた。
 このために「重モビルスーツ」と呼ばれる新たなカテゴリが誕生したのだが,結果としてこれが空間戦闘用の各種装備を搭載するのに都合が良かったのである。

 MS-06Fは,当初から陸戦も可能な汎用性を持たされていたものの,実際に地上で運用するとなると,空間戦闘用装備がデッドウェイトとなってしまい,様々な問題を引き起こした。このため,空間戦闘用装備を取り除いたJ型が開発された際には,不要となった空間戦闘用装備の分だけ軽量化にも成功したのである。
 ところがドムは当初から陸戦を想定した設計であったため,粉塵対策などの空間戦では想定しない装備も数多く搭載されていた。また,脚部は熱核ホバーを装備しており,空間戦闘をまったく考慮していなかったのである。これが重モビルスーツという従来よりも大型の機体であったことから,機体各部の容積に余裕があり,陸戦用装備を全て排除したことで,結果として空間戦闘用装備のみならずプロペラントの追加的な搭載も可能となったのである。
 また,地上では脚部はホバー機能に限定されていたが,これを推進用装備として位置づけることで,高い機動性を確保することにも成功した。
 さらに,基本構造は陸戦用と違いが無く,装備の変更によって生産可能であったことから,従来の生産ラインをそれほど変更する必要もなかった。(更に言えば,ツィマット社の生産設備の多くが宇宙にあったことも大きな要素となった。)

 結果として,コスト,生産性,運用性でMS-06R-2を上回り,戦場に大量投入可能な(一般パイロットにも一定の高度な運用が可能な)機体が望まれていたことから,MS-06R-2は却下され,MS-R09が制式採用されることとなったのである。

運用

 空間戦闘用として配備が始まったリック・ドムは瞬く間に多くの部隊へと配備されていった。特に,地球連邦を地球上に封じ込めるために展開していた各パトロール艦隊には積極的な配備が行われたようで,多くの部隊でザクとの混在運用がなされていた中,3隻の一般的なパトロール艦隊に9機ものリック・ドムを配備した艦隊がいくつも存在したと言われている。
 その後,本命であるMS-14(MS-11から改称)《ゲルググ》がロールアウトし,一般配備が始まったものの,その機体数は十分ではなく,また,本命であったビーム兵器の開発と生産に難航した結果,充足数を満たさない部隊が多数発生した。
 この状況下で,リック・ドムは戦線を支え続けており,実質的に一年戦争終盤の中心的な機体であったと言うことができるだろう。

 なお,公国軍の多くのモビルスーツがそうであったように,ドムにも生産工場ごとのバリエーションが存在している。これは,その向上で手に入る部材によって効率的にモビルスーツを生産するためのもので,設計時から必要要件を満たす部材に選択の余地を持たせているのである。
 本機は,「ロングスカート」と通称される,後部スカートの長めの機体で,グラナダ工廠のMS-09の生産ラインがMS-09R用に転換された後に仕様変更された後期バージョンである。

 引用

GUNDAM WAR ジオン公国軍 U-4

 陸戦用ドムのバーニアを宇宙用に強化した量産型宇宙用重モビルスーツ。その特徴あるスタイルから,連邦軍将兵に「スカート付き」と呼ばれた。接近戦用の拡散ビーム砲を装備している。

 備考

 マスターグレードのインストラクションで言及されたタイプ。

名称

 作中の記述にも表記揺れがあり,「リック・ドム」,「リックドム」双方が見られる。

型式番号

 リック・ドムの型式番号は放送後初期の資料は「MS-R09」で統一されており,現在でもこれを踏襲している資料が時々現れる。
 現在では,MS-06系に合わせた「MS-09R」が一般的である。
 設定上では,当初MS-R09であったものが統合整備計画に合わせMS-09Rに変更されたと言うことになっている。
 このため,MS-R09で記載されるリック・ドム系バリエーションも全てMS-09Rでまとめている。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・1st]


最終更新時間:2015年11月22日 11時31分28秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]GUNDAM CENTURY
  • [2]GUNDAM CENTURY
  • [3]GUNDAM CENTURY
  • [4]GUNDAM CENTURY
  • [5]GUNDAM CENTURY
  • [6]GUNDAM CENTURY
  • [7]GUNDAM CENTURY
  • [8]GUNDAM CENTURY