トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

〔MS-09R〕リック・ドム(ソロモン哨戒中隊所属機)の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
>>[[ユーザーファイル入口|USER/〔MS-09R〕リック・ドム]]
!!!リック・ドム(ソロモン哨戒中隊所属機)
*[MS]
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,型式番号,MS-09R
,兵器区分,空間戦闘用量産型モビルスーツ
,所属,ジオン公国軍
,パイロット,ジオン公国軍兵
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,大河原邦男{{br}}アレンジ:不明
,初出作品,ガンダムコレクション
,参考文献,
!!スペック
,項目,内容
,全高,Unknown
,頭頂高,18.6m
,本体重量,43.8t
,全備重量,78.6t
,ジェネレータ出力,1199kw
,スラスタ推力,22000kg x2,1000kg x9
,スラスタ総推力,53000kg 
,センサ有効半径,5400m
,装甲材質,チタン・セラミック複合材
※スペックは,一般的なリック・ドムのもの
!!武装
!360mm ジャイアントバズーカ
 ドムの主力兵装となるのがこのジャイアントバズーカである。360mmロケット弾を並列弾倉に10発装填されている。この破壊力は,今までの通常兵装であったマシンガンに較べ,数十倍以上あった。この兵装の威力と持ち前の機動力とともに,ドムは重MSの名をほしいままにする。
!ヒートサーベル
 MSの白兵戦用の武器。サーベル部分が白熱化し,敵の機体を溶断する。発熱デバイスは高効率でエネルギーを熱に変えるが,消耗が激しいため基本的に使い捨てである。
!ビームバズーカ
 公国軍による試作ビーム兵器のひとつ。メガ粒子の縮退に連邦のエネルギーCAPとは異なる手法を用いている。エネルギーチャージに時間がかかるが,連邦のMSビーム兵器の数倍の破壊力を発揮すると言われている。
!!概要
 MS-09R《リック・ドム》は,一年戦争当時,ジオン公国軍が投入した空間戦闘用量産型モビルスーツである。この機体は,地上戦で主力モビルスーツとして確固たる地位を築いたMS-09《ドム》を空間戦闘用に改装した機体で,開発の遅れていたMS-11《ゲルググ》の完成までの期間の主力モビルスーツを選定するためのコンペティションにおいて,MS-06R-2《高機動型ザク供佞鯒砲辰燭海箸ら採用されている。

 ドムを開発したツィマット社は,公国軍のモビルスーツ開発メーカーとして初期の段階からOEM生産を行っていた(モビルスーツ開発については)老舗と言えるメーカーのひとつである。ツィマット社は,モビルスーツが次世代兵器として採用されると,自社独自のモビルスーツ開発に着手,公国軍の主力量産機として開発が進められていたMS-05《ザク》に競合機をぶつけるほどの意気込みを見せたメーカーであった。
 実際には諸々の理由からMS-05が採用されるのであるが,MS-05の本格量産が始まるとOEM生産を行いながら自社の技術蓄積に力を入れ,MS-07《グフ》に至って,独自にバリエーション機の提示を行うほどになったのである。
 MS-07C-5として制式登録された試作機は,改良が加えられた後,YMS-09《プロトタイプドム》として軍上層部に提案され,ついにはMS-09として制式採用を勝ち取ったのである。

 空間戦闘用として配備が始まったリック・ドムは瞬く間に多くの部隊へと配備されていった。特に,地球連邦を地球上に封じ込めるために展開していた各パトロール艦隊には積極的な配備が行われたようで,多くの部隊でザクとの混在運用がなされていた中,3隻の一般的なパトロール艦隊に9機ものリック・ドムを配備した艦隊がいくつも存在したと言われている。
 その後,本命であるMS-14(MS-11から改称)《ゲルググ》がロールアウトし,一般配備が始まったものの,その機体数は十分ではなく,また,本命であったビーム兵器の開発と生産に難航した結果,充足数を満たさない部隊が多数発生した。
 この状況下で,リック・ドムは戦線を支え続けており,実質的に一年戦争終盤の中心的な機体であったと言うことができるだろう。

 本機は,宇宙攻撃軍のソロモン哨戒中隊の所属機とされる機体である。
!!引用

!!備考
 ガンダムコレクションに投入されたマーキングバリエーション機のひとつ。
!!関連項目

!!編集者
*あさぎり
----
{{category MS/MA・M}}
{{category モビルスーツ・MSV}}
{{category モビルスーツ・ガンダムコレクション}}
{{category 加筆募集・MS}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。