トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MS-09G〕ドワッジ(青の部隊所属機)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ドワッジ(青の部隊所属機)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MS-09G
兵器区分陸戦用量産型MS
所属ジオン軍残党
パイロット青の部隊メンバー
製作データ
デザイナーベースデザイン:あさのまさひこ / フィニッシュ:明貴美加
初出作品機動戦士ガンダムZZ
参考文献GUNDAM WAR
Gジェネレーションポータブル
ほか

 スペック

項目内容
全高19.3m
頭頂高18.2m
本体重量43.5t
全備重量81.7t
ジェネレータ出力1440kw
スラスタ推力9300kg x5,8200kg x6,4300kg x2
スラスタ総推進力104300kg
アポジモーター数8
センサ有効半径8800m
装甲材質チタン合金(一部ガンダリウム合金[1]
黒歴史コード03-8437040

 武装

60mmバルカン


ヒート・サーベル


ジャイアント・バズ

 口径380mmのHEAT(成形炸薬弾)ランチャー。
 ドワッジの標準装備。

ヒート・トマホーク

 従来の片刃型を改造し,両刃型にしたもの。

 概要

 ジオン公国軍が開発したMS-09の最終生産型とされる機体。
 元々MS-09ドムは,地球侵攻作戦において,地球上へそのまま投入されたMS-06Fザク兇環境の変化により思うように運用できなかったことから,汎用性を捨て陸戦に絞った機体として開発が進められた機体で,これが宇宙戦仕様に改装された結果,高い評価を得たためにMS-R09[2]リック・ドムとして一時的ではあるが公国軍の主力機として採用されるに至っている。
 このことから分かるとおり,元来MS-09系は戦場に合わせた局地戦機としての色合いの強い系列であった。
 MS-09Gドワッジは,ツィマット社が開発したMS-09系列の局地戦対応機としては最も高機能・高性能な機体として誕生している。比較的短時間であった戦闘継続時間を延長するためにプロペラント・タンクの増設が行われ,熱核ジェット・エンジンによるスラスターの出力強化も行われている。また,ジャイアント・バズとヒート・サーベルに頼り切っていた攻撃力の強化として,頭部バルカン砲の追加などが行われており,戦闘時の牽制力も高められている。同時に,MS-09用に改装が進められていたMMP-78ザク・マシンガンやヒート・ホーク(特にドワッジ用には両刃の新型が用いられている)などの運用も可能であり,総合的な性能・攻撃力ともにMS-09ドムを上回っている。

 本機は,一年戦争後のU.C.0088年にアフリカ地方で活動していたアーガマ所属のガンダムチームが遭遇,交戦した「青の部隊」に所属していた機体である。
 部隊名に違わず,青を基調としたカラーリングで塗装された機体は,従来よく見られた黒とパープルによる機体や,アフリカ戦線で数多く見られたサンドブラウン系の機体とも異なり,一種独特の雰囲気を醸し出している。
 運用した青の部隊は,ジオン公国残党軍とは異なり,アフリカ民族解放戦線の勢力のひとつであり,「公国の機体」へのこだわりは少ないと見られる。実際にコクピットブロックの改装などが行われており,純然たる一年戦争時の機体とは言いがたいが,正規のメンテナンスを受けられない状況であることを考えると,機体性能の低下が見られた可能性も否定できない。

 引用


 備考

 関連項目


 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・ZZ]


最終更新時間:2014年09月06日 22時59分32秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]この一部ガンダリウム合金という表記は,戦後改修されたH型(つまり,ロンメル機)に該当する記述だと思われるが,キットインストラクションなどで記載された結果,誤認が広まったと思われる。
  • [2]近年は,型式番号の整理によってMS-09Rと表記されることが多い。