トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MS-09F/TROP〕ドム・トローペン(ジオン軍残党仕様)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ドム・トローペン(ジオン軍残党仕様)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MS-09F/TROP
兵器区分局地専用量産型モビルスーツ
所属ジオン公国軍残党
パイロット公国軍残党
製作データ
デザイナーカトキハジメ
初出作品機動戦士ガンダムUC
参考文献ガンダムエース

 スペック

項目内容
全高18.5m
頭頂高18.5m
本体重量44.8t
全備重量79.0t
ジェネレータ出力1199kw
スラスタ推力20500kg x2,3100kg x2
スラスター総推力47200Kg
180度旋回時間2.1sec
ホバリング速度360km/h
センサ有効半径6300m
装甲材質超硬スチール合金

※スペックは,ガンダム0083劇中のもの

頭部ユニット

 基本構造はドムよりもむしろリック・ドム兇剖瓩,頭頂部にサブセンサーが装備されている。

ダストフィルター

 天候などによってダストが多い場合は先端のシャッターを閉じ,円筒部全体から吸気する。また,内部にはメッシュやセラミックス不織布などの物理的なフィルターに加え,電磁誘導装置や遠心分離構造などが組み込んであるため,大小のダストの混入を防ぐことができる。

ホバーユニット

 砂漠の砂は粒子が細かいため,通常のドム系が装備するユニットよりも効率的に表面効果が得られるよう"裾"が広く設けられており,ホバーユニットの有効単位面積が拡大されている。

バックパック

 耐弾性や生産効率以上に,メインテナンスや後のバージョンアップなどに配慮した構造となっており,公国軍系の機体としては珍しいシルエットのユニットとなっている。

ビームポイント

 もともとはビーム兵器へのエネルギー供給用に設けられたターミナルデバイスユニット。近接戦闘時,敵機のセンサーや光学装備に対する目くらましとして使用されることが多い[1]

 武装

 MS-09F系が用いる装備は,公国軍系MSの標準的な装備がほとんどである。

880mm ラテーケンバズーカ x 1

 リック・ドム用に開発されたジャイアント・バズの給弾方式をマガジンタイプに変更した改良型。「ラテーケン」とは独語でロケットのこと。

ヒートサーベル x 1

 MSの白兵戦用の武器。サーベル部分が白熱化し,敵の機体を溶断する。発熱デバイスは高効率でエネルギーを熱に変えるが,消耗が激しく基本的に使い捨て。

シュツルムファウスト

MMP-80 90mmザクマシンガン

 公国軍の汎用的装備のひとつ。従来のMMP-78に比べ口径は小さくなっているが,改良によって威力はむしろ増している。なお,MS-09系のマニピュレータはMS-06系よりも大型であるため,グリップ部が大型の物になっているという説も存在する。

拡散ビーム砲

 概要

 MS-09F/TROP《ドム・トローペン》は,元々重力下用の機体として開発されたMS-09《ドム》をベースとし,熱帯地方,特にアフリカ戦線用に最適化された機体である。
 本機は,統合開発計画がスタート後の一年戦争末期の生産であり,その製造機体数は多くない。

 アフリカ戦線で先行投入されたYMS-09D《トロピカルテストタイプ》のデータをフィードバックし,空力特性,メンテナンス性,生産性などの配慮がなされている。最大の特徴は,脚部熱核ジェットホバーのインテークのフィルター部で当初から乾燥地帯を意識した設計となっていることがわかる。
 なお,本機の直接のベースとなった,MS-09F《ドム・フュンフ》は,ツィマット社がMS-09系そのもののスペックアップ(純然たる戦闘性能だけではなく,生産性から環境適応性など全ての面で)を目指した機体であり,徹底したユニット化と規格化がなされ,パーツ単位での生産変更も容易であった。こうした設計思想から,F系という独自のバリエーションがいくつか確認されている。

 本機は,U.C.0096年の続に「ラプラス戦争」と呼ばれる騒乱の際に,これに便乗して実施された連邦軍のトリントン基地襲撃に際して,公国軍残党によって用いられた機体である。

 引用

ガンダムエース 2008/--

 「MS-09ドム」を砂漠や熱帯といった局地用に再設計した機体。脚部ホバー機構を改良し,基本性能の他,防砂・防塵性を高めている。一年戦争末期にアフリカ戦線などに投入された。

 第一次ネオ・ジオン戦争の際には地上ジオン軍残党や,それと結託したアフリカ解放戦線などの反連邦ゲリラ勢力でも運用された。

 備考

 引用は,ガンダムUC連載時のガンダムエースからであるが,ポイントとなる記述がある。すなわち,劇中では確認できない(というか,番組の制作時期的に不可能である)第1次ネオ・ジオン戦争時にトローペンが参戦していた,という部分である。この点を考慮するに,第1次ネオ・ジオン戦争時にも投入されたとされる機体を含め,生産された機体のほとんどが,一年戦争後のゲリラ戦で主力になった可能性は高いと思われる。

 なお,ドム・トローペンは,一年戦争末期の生産であるため,機体数が少ないというのは定説となっているため,この点を考慮すればU.C.0096年という終戦後16年も経過した時期に,運用可能な機体が秘匿されている,という状況は極めて特殊ともいえる。(しかも,連邦軍の本拠とも言える地球上で,である。)

 関連項目

 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・ユニコーン]


最終更新時間:2017年07月25日 16時32分31秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]拡散ビーム砲として記述されている場合もあり,明確化していない装備のひとつ。