トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MS-09〕ドム(重力戦線仕様)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ドム(重力戦線仕様)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MS-09 / MS-09B[1]
兵器区分陸戦用重モビルスーツ
所属ジオン公国軍
パイロットジオン公国軍兵士
製作データ
デザイナー大河原邦男
フィニッシュ:安彦良和
CGアレンジ:不明
初出作品機動戦士ガンダムMS IGLOO2-重力戦線-
参考文献GUNDAM WAR
1/100 MG インストラクション
Gジェネレーションポータブル ほか多数

 スペック

項目内容
全高18.2m[2]
全高18.6m[3]
頭頂高18.6m
本体重量62.6t
全備重量81.8t
自重88.6t[4]
総重量183.8t[5]
総重量90.0t[6]
ジェネレータ出力1269kw
スラスタ推力58200kg
センサー有効半径5400m
センサー有効半径地上用のためセンサーは装備されていない[7]
出力7万馬力[8]
馬力30800hp[9]
動力システム熱核反応炉[10]
エンジン出力23000[11]
主推進システム熱核ジェット/95.4t x2/持続時間18000[12]
最高時速110km[13]
陸上走行速度90 km/h
地上走行速度380km/h[14]
ホバリング速度240km/h
装甲材質チタン・セラミック複合材[15]
黒歴史コード02-2326011

 各部解説

頭部

 ドムのヘッドモジュールは,それまでのザクやグフとは異なった形状をしており,特にモノアイレールが十文字に設置されていることから,その機能についても従来の頭部メインカメラの死角を補正するために採用されたという説が存在する。
 しかしながら,内部の基本的な構造・機能はザクやグフと同等であり,確かに上方へのメインカメラの視界は開けたものの,逆に側方(左右)に対しては,ボディユニットの形状もあり,狭まったともいえる状況なのである。無論,モビルスーツはモノアイによる情報のみでコクピットの視界が得られているわけではないため,実質的にドムの視界が広まったという点については,正しいとも正しくないとも言える状況なのである。
 しかし,MS-07C-5で採用されたこのタイプの頭部ユニットがドムに採用されたのは,ツィマット社が独自性を出すためにあえて採用したという説についても,定説とするには確度は低く,はっきりとしたことは分かっていない。

腕部

 ドムの腕部ユニットの基本構造は,従来のモビルスーツの構造と大きく変わるところはない。
 しかし,重モビルスーツとして区分されるドムにふさわしい構造となっているとも言える部位でもあるのである。
 ドムは,ホバー推進による高速移動を前提とした重力下仕様の機体である。このため,同じ重力下仕様のグフとは異なり,シールドなどによる装備の変更によって重量バランスが変化することを避ける意図で当初から,厚い装甲による強度重視の設計が行われている。これは,運用する武装が事実上ジャイアント・バズに限られているのも,この運用に関する問題からである。

脚部

 ドムの脚部は,グフで導入された脚部新型推進装置の発想を元に,従来のモビルスーツとは全く異なった発想による移動方法を取り入れた結果,ザクやグフとは極端に異なる形状と構造を持つに至っている。
 ドムのすね部が極端に広がったフレア状の構造をしているのは,ホバーユニットが搭載されているためである。
 このユニットを搭載した結果,既存のモビルスーツを大きく凌駕する巡航速度を獲得することに成功している。

コクピット

 ザク,グフ系で共用されていたコクピットシステムが,このドムから変更されている。これは,ホバー走行に対応するためであるが,操作系にも改良が施されている。

ボディブロック

 ドムのボディブロックは,ザクやグフとは異なる構造体となっている。
 特に,腰部に設置されたスカートアーマーは,脚部の可動を阻害せず,かつ,高い強度を獲得するための構造であり,以後,開発されるモビルスーツ(公国軍系)の特徴のひとつともなっていく。(なにしろ,ザクの最終形とも言われるMS-06FZにおいてもこの構造に準じた構造が取り入れられたほどである。)
 また,ボディ各部をブロック化したことで,メンテナンスや製造における人的・時間的コストも削減されたとも言われている。

 武装

 ドムが使用する武装のうち,もっとも特徴的なものが,戦艦をも一撃で撃沈すると言われるほどの威力を持つ“ジャイアント・バズ”である。この武装を始めとして,ドムにも様々な兵装が供給されている。ジャイアント・バズは,実際に対艦戦闘において高い戦果を挙げており,ドム以外の機体にもこぞって使用されたと言われている。

H&L-GB03K/360mm ジャイアントバズーカ x1

 ドムの主力兵装となるのがこのジャイアントバズーカである。360mmロケット弾を並列弾倉に10発装填されている。この破壊力は,今までの通常兵装であったマシンガンに較べ,数十倍以上あった。この兵装の威力と持ち前の機動力とともに,ドムは重MSの名をほしいままにする。

VAL-RB-T27/880mm ラテーケン・バズーカ

 弾頭が推進剤を消費して飛翔する,いわゆるロケットバズーカ。砲身に設置されたレーザーデバイスで,近距離ならばかなりの精度で誘導できる。ちなみに“880ミリ”は弾頭の全長を表している。

MMP-80/90mm Ver.8 MS用マシンガン

 一年戦争後期に使用されたMS用マシンガン。90mm実体弾を射出する。

HEAT SAVER Type2 ヒートサーベル

 MSの白兵戦用の武器。サーベル部分が白熱化し,敵の機体を溶断する。発熱デバイスは高効率でエネルギーを熟に変えるが,消耗が激しく基本的に使い捨てである。

Mark シュツルム・ファウスト

 一年戦争後期に多用された,使い捨てのロケットランチャー。

小型拡散ビーム砲 x1

 胸部に設置された小型のビーム砲。

 概要

 MS-09《ドム》は,一年戦争当時,ジオン公国軍が制式採用した陸戦用重モビルスーツである。
 この機体は,モビルスーツの生みの親とも言えるジオニック社ではなく,そのライバル企業として名をはせることとなるツィマット社が開発したもので,ジオニック社のモビルスーツ開発によって大きくバランスが変わった軍需製品の発注額を取り戻すために開発された機体である[16]

 元々ツィマット社は,モビルスーツのライセンス製造に参加しており,MS-05《ザク》の生産を行っていた。この流れは,公国が開戦に踏み切ると加速し,MS-06《ザク》やMS-07《グフ》の生産も手がけるようになったのである。(一説には,MS-07C系列は,ツィマット社が独自の機体を生み出そうと模索した結果だとも言われている。)
 様々な機体を生産してきたツィマット社は,陸戦用モビルスーツの実験機として建造・試験したMS-07C-5は,様々な新機軸が投入された機体であった。
 この機体をベースに,設計されたYMS-09《プロトタイプドム》は,様々な試験の末,制式採用が決定し,各部の整理と共に量産が進められた。(なお,試験開始からわずか3ヶ月ほどでの本格量産であることを考えると,極めて迅速に行われたといえるだろう。)

 誕生したドムは,先行する陸戦機グフと比較すると生産コストこそかさむものの,汎用性の高い陸戦型モビルスーツを欲していた軍部にとって,その機動性は魅力が大きく,結果としてグフやザクが苦手とする乾燥地帯を中心に多数の機体が配備されることとなった。
 ドムは,軍部がテストを続けていた「モビルスーツの行動範囲の拡大」における最大の問題を「ホバー移動」により解決したことにより,主戦線であったアフリカでその生産・開発が続けられることとなり,様々な派生機を誕生させるが,そのほとんどが地上の開発設備で生産されるという公国軍の制式機としては極めて異例の対応となっている。
 これは,それだけ地上部隊がその作戦行動に際してモビルスーツの行動範囲がネックとなっていたかを示しているのであろう。

 なお,ドムは,生産承認後に若干の先行量産型が生産されている。
 初期に生産された先行型は,いくつかの装甲パターンなどが存在していたが,その中でもボディバランスが太めのタイプが本格量産に至っており,これを「B型」と称する場合もある。(俗にA型とも言われる試案の生産数は極めて少なかったともされており,実質的に本格量産された機体が,ドムという機体をそのまま体現しているといって間違いではない。)
 また,先行型は,一部部材が間に合っておらず,暫定的な仕様であったため,量産機で胸部に設置される小型ビーム砲が間に合わず,欺瞞装置が装着されていたとも言われる。
 このタイプの機体が,ガルマ・ザビの仇討ち部隊として活動していた,ランバ・ラル隊に届けられるはずであったが,実際には,キシリア派のマ・クベ大佐の姦計によりもみ消され,パイロットとして黒い三連星がトライアルに登録され,そのまま実戦投入が行われている。(詳細は,黒い三連星機を参照のこと。)

 本格デビューとなったのは,オデッサにおける戦いであったが,その後の一年戦争終戦までの約2ヶ月間,ドムは数多くの機体が投入され,多くの戦果を上げることとなった。
 特に,この重装備は当時平均的に配備されていた連邦軍のジムのマシンガンでは大きなダメージを与えることが出来ず,ビーム兵器(ビームスプレーガン含む)を装備していない機体では,対処が難しかったこともあり,連邦軍では「スカート付」の呼称と共に,これに対する作戦を新たに立案する必要が生じたほどであった。

 また,本機の設計はその巨体故に余裕のある部分が多く,開発が遅れていたMS-11(後のMS-14)の代替機として,空間戦闘型のMS-R09が採用されることとなった。

 引用


 備考

 MS-IGLOO2に関係してマスターグレードの商品化がなされた際に,カラーリングバージョンとして発売されたもの。劇中のカラーリングにアレンジされている。
 つまりは,なんのことはない,ただの色違いである。

 関連項目

 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・MS-IGLOO2]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2017年02月12日 20時00分29秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]09B表記は,1/144ドワッジのインストラクションより。
  • [2]ポケットカード
  • [3]GUNDAM CENTURY
  • [4]GUNDAM CENTURY
  • [5]GUNDAM CENTURY
  • [6]ポケットカード,1/144 フルカラーモデル リックドム インストラクション
  • [7]1/144 フルカラーモデル リックドム インストラクション
  • [8]ポケットカード
  • [9]GUNDAM CENTURY
  • [10]GUNDAM CENTURY
  • [11]GUNDAM CENTURY
  • [12]GUNDAM CENTURY
  • [13]ポケットカード
  • [14]GUNDAM CENTURY/
  • [15]1/144 フルカラーモデル リックドム インストラクション
  • [16]ツィマット社が軍需に大きく食い込んでいく,という設定は昔から存在しているが,モビルスーツの開発によって軍需に食い込んでいくという方向性であった。しかし,MS IGLOOなど近年の資料では,当初からMS開発に参加しており,事実上ジオニックのライバル社であった(ただし,規模的にはジオニックが圧倒していた)かたちに方向性が修正されている。