トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MS-07B-3〕グフカスタム(UO版)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

グフカスタム

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MS-07B-3
兵器区分陸戦用量産型モビルスーツ
所属ジオン公国軍
パイロットジオン公国軍兵
製作データ
デザイナーカトキハジメ
アレンジ:不明
初出作品ULTIMATE OPERATION 2
参考文献

 スペック

項目内容
全高18.7m
頭頂高18.2m
本体重量58.5t
全備重量77.6t
ジェネレータ出力1034kw
スラスタ総推力40700kg
センサー有効半径3600m
装甲材質超鋼スチール合金
装甲材質ルナチタニウム[1]

※スペックは一般的なMS-07B-3のもの。

 武装

3連装35mmガトリング砲

 従来の左手に内装されていた5連マシンガンは、火力はあったもののMSの汎用性を損なうものであった。また、弾倉が腕部に内蔵されていたため装弾数が少なく、戦闘中の給弾が不可能という欠点も指摘された。そこで、B3型では左腕を通常のマニピュレーターに戻して汎用性を確保し、外付け3連装35mmガトリング砲をそこに固定する形をとっている。

ヒートロッド x 1

 07B-3の固定武装として採用されたいわゆる電磁ムチのバリエーション。07Bのものと比べロッドの径が細くなり,耐荷重と射程が改善されている。効果はほぼ同等。
従来のヒートロッドより材質を強化、これによってロッド径を細くすることができるようになり、有効射程が延びた。目標に巻きつきやすいように、先端には爪付きの重りがついている。

ヒート・サーベル Type-D

 発熱させることで,敵機の装甲の切断なども可能となるが,単純に巨大な刀や鉈としても使用できる。瞬時にブレードを形成するタイプではなく,繰り返し使用できる。

ガトリングシールド(75mmガトリング砲)

 一年戦争後期に配備されたグフ系のいくつかの機体が装備するガトリングシールドは,連邦製MSの近接戦闘用武装であるビーム・サーベルに対抗するための装備であった。
 ビーム・サーベルは,連邦軍のMSが標準装備しており,その高い切断能力は公国軍のMSにとっては大きな脅威となっていた。ヒート・ホークやヒート・サーベルでもある程度の対処は可能であるが,基本的なスペックに差がありすぎ,力押しに敗れる事例が多くなっていたのである。特に旧式のヒート・サーベルは,ほとんど受け止めることも困難なレベルにまでその能力が解析されてしまっており,状況によっては切り結ぶことが敗北に繋がる場合もあったのである。
 ガトリングシールドは,近接戦闘時の「間合い」の主導権を確保するために開発された武装で,口径は75mmで装弾数も多く,的確に斉射できれば大ダメージを与えられる。さらに,格闘戦に移行した場合の投棄も容易で,デッドウェイトとなることもなく,速やかに3連装ガトリング砲,あるいはヒート・サーベルへと武装を換装できる,まさに"グフ"にオールラウンドの戦闘特性を与える武装となっている。

グフシールド

 腕部に装着するシールド。近接戦闘時の実体弾や打破,斬撃を減免するための機能を重視した構造となっており,ガトリング・シールドのシステムに対応している。

 概要

 MS-07B-3《グフカスタム》は,ジオン公国軍が一年戦争当時に開発・配備した陸戦用量産型モビルスーツである。なお,制式には,グフのB-3型が正しく,その名称は「グフのエース機相当のカスタムアップされた機体」であることからきたネーミングである。

 元々,MS-07系(いわゆるグフ系)の機体は,本格的な地球侵攻作戦を見据えて建造された機体で,種々の問題からある種の限界点を迎えていた陸戦型モビルスーツの系統機として開発が進められた機体なのである。
 また,近々登場が予想される地球連邦軍のモビルスーツに対抗するための「対モビルスーツ用モビルスーツ」としての設計思想を投入した初の公国軍モビルスーツとなった。
 開発にあたり,様々な新技術の投入と,MS-06《ザク》の設計の整理が行われた結果,軽量化と共に内部容積の圧縮が行われ,固定武装を装備可能な余裕すら生まれたのである。
 この点で言えば,陸戦型モビルスーツとしてのグフの完成度は高かったということができるだろう。(実際には,連邦軍のモビルスーツの完成度が予想以上の高さを見せたことで,公国軍の計画は大きく狂ってしまうのである。)

 試作機たるYMS-07は,制式採用の後,初期生産型のMS-07A(固定武装が間に合わず,通常型のマニピュレーターを装着している)を経て,MS-07Bとして本格量産に至ったのである。
 一方で,グフ系の開発に際しては,複数のメーカーの参入による各種バリエーションの開発が行われており,比較的短期間に開発され,陸戦用という当時としては限定された局地戦用機であるにも関わらずバリエーションが多いのは,こうしたメーカーの参入によるところが大きいとされている。
 特にC型と呼ばれる系列は,機体それぞれの印象が異なるほどで,様々な試行錯誤が行われていたことが判るのである。

 一方,このB-3型は,ジオニック社による純正機とされ,開発から生産まで本国のジオニック社で行われており,様々なメーカーの思惑が入り乱れたキャリフォルニア・ベースでの生産機とは異なった機体とされている。
 これは,各部の意匠をみても判るが,初期に建造されたYMS-07に近いパーツが利用されているのは,本国のジオニック本社が設計・開発に関与したためとされており,実際,機体各部のパーツ群も極めて高品位なもので構成されていると言われる。
 こうした理由からも本機を「グフカスタム」と呼称する流れもあり,この名称が定着したとも考えられる。

 最大の特徴は,武装の見直しが行われた点にあり,結果としてB型グフの高い近接格闘戦能力を維持・あるいは上回るレベルの能力を保持したまま,汎用性が高められている。
 特に,差し替えられたヒート・ロッドは,従来の「ムチ」としてではなく「アンカーワイヤー」としての運用を前提としたもので,電磁加熱による乗員へのダメージよりも「ショックパルス」による敵機の電装の無効化を優先した装備へと変化している。
 ただし,運用するためにパイロットの技量を求める点は従来となんら変わりなく,逆に言えば,本機を代表的な機体としてあげられるパイロットの多くは,いわゆるエースとして名を残すパイロットなのである。

 引用


 備考

 アルティメットオペレーション版のグフカスタム。
 ツインメリットコーティングと両肩スパイクアーマーがザクの物である点が特徴。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・アルティメットオペレーション]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年08月15日 20時19分47秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]1/144 HG インストラクション