トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

〔MS-06R-3S〕ゲルググ先行試作型の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!高機動型ザク / ゲルググ先行試作型
>>[[ユーザーファイル入口|USER/〔MS-06R-3〕ザク]]
!!!高機動ザク / ザク
*[MS]
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,型式番号,MS-06R-3S{{br}}(MS-06R-3)
,兵器区分,-
,所属,ジオン軍
,型式番号,MS-06R-3S{{br}}(MS-06R-3)
,兵器区分,次期主力モビルスーツ試作機
,所属,ジオン公国軍
,パイロット,トーマス・マイヤー
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,大河原邦男
,初出作品,M-MSV
,参考文献,GUNDAM WAR

,参考文献,
!!スペック
,項目,内容
,全高,UN
,全高,Unknown
,頭頂高,19.0m
,本体重量,43.5t
,全備重量,73.7t
,ジェネレータ出力,1390kw
,スラスタ推力,56600kg
,センサ有効半径,6200m
,装甲材質,超高張力鋼

!!武装
!ビームライフル
!ヒート剣
!50mmバルカン砲
!50mmバルカン砲 x2
!!概要
R-2型の問題点を洗い出した機体で,次世代MSであるMS-11(後のMS-14)のたたき台として開発されている。最大の特徴は,ビーム兵器をドライブするための強力なジェネレータの搭載で,MS-11用のジェネレータをそのまま搭載したのだが,これが機体バランスを崩す要因となってしまった。
結果的に本機は日の目を見ることなく消えていったのである。
 MS-06R-3《ザク掘佞蓮さ録には残っているものの,その詳細が判らない一年戦争当時の代表格といっても過言ではない機体のひとつである。一年戦争終戦後に公開された様々な資料には,公国軍が開発した様々な機体が含まれており,その中でもMS-06R系の優れた性能は,エンジニアでもあったエリオット・レムとともに有名であった。
 このR型が,MS-14のベースとなったことは,資料からも有名なのであるが,実際にMS-14のベースとなったのは,「MS-06R-2Pから分岐したビーム兵器搭載機」というのが,定説となっていたのである。
 ジョニー・ライデン少佐が運用したことで有名となった,MS-06R-2は,機体開発の遅れから,MS-06R-2Pからビーム兵器の運用という項目を取り除いたものであり,実のところMS-14の雛形とは言えない機体なのである。

なお,本機(及びビームライフル)はムサイ級巡洋艦「ホーカム」によって試験的に運用され,ジオン軍発の試射実験に成功している。また連邦軍のMSと交戦し2機を撃破したとの記録も残っている。
テストパイロットはトーマス・マイヤー軍曹との記録が残っている。
 この当時,エリオット・レムが残した記録の中に,次世代機としての新型ザクの構想が触れられているが,これが俗に「ザク掘廚噺討个譴詼楜,任呂覆い里,というのがもっぱらの噂なのである。(なお,レム本人は,開発に関与していなかったとの説もあり,本機のパイロットとされるトーマス・マイヤーは,そうしたレムの関与を否定する項目のひとつとして挙げられる場合がある。)

!!引用
!SD-CLUB 08
RX-78ガンダムの出現によって敗退を続けるジオン軍は,ガンダムを越えるMSの開発を迫られた。ガンダムに対抗できる機動力を得るために,ザクを使い機構試作用に造られた機体がこの06R-3Sである。ジェネレーターの出力を大幅に上げ,これにより開発の遅れていたビームライフル・ビームサーベルなどの携帯ビーム兵器への供給エネルギーも可能になった。そして,この機体で得られたデータをもとに,まったく新しく設計されたものがMS-14ゲルググである。
武装はぎりぎり試作の間に合ったジオン初のビームライフルを持ち,頭部にはバルカン砲を装備。対ガンダムを十二分に意識した機体であることがここでも伺える。
 ジオニック社に残された研究用のMS-06R-2をベースに(あるいは,これをもとに新造)した機体とも言われているが,少なくともR-3タイプは,MS-11用部材を使用しており,従来のザクというよりは,ゲルググタイプに近い形状だったとも言われている。
 一説には,R-2の5倍のエネルギーゲインを持っているともいわれ,それだけに完成した時の性能の高さはかなり高めに推し量られていたらしい。

!GUNDAM WAR -EXTENSION BOOSTER- ジオン公国 U-276
ジオン軍の試作MS。携行型ビーム兵器の研究用として,アクトザクのパーツを流用し短期間で開発された機体。完成度の高い機体で,後のゲルググ開発の期間短縮に大きく貢献している。
※カード名は,「MS-06R-3 高機動型ザク(ゲルググ先行試作型)」。

!!MS大全集
連邦軍のガンダムに対抗できる機動力を持つMSを開発するために,ザクを使い機構試作用に造られたのがこの機体である。MS-06R-2の機体を改良し,MS-11のパーツを流用して完成された。


!備考
EBにおいて,MS-06R-3と誤植されてから,R-3Sと表記される場合と,R-3と表記される場合がある。
しかし,厳密に言えば,本機の型式はR-3Sである。

 本機,MS-06R-3Sは,U.C.0100年に公開された資料に含まれていた機体で,MS-06R-2P型の問題点を洗い出し,次世代MSであるMS-11(後のMS-14)のたたき台として開発された機体だとされている。
 最大の特徴は,ビーム兵器をドライブするための強力なジェネレータの搭載で,MS-11用のジェネレータをそのまま搭載したのだが,これが機体バランスを崩す要因となってしまい,結果的に本機は日の目を見ることなく消えていったとされている。
 しかし,公開された資料には,本機(及びビームライフル)はムサイ級巡洋艦「ホーカム」によって試験的に運用され,ジオン軍初の試射実験に成功している。
 また,連邦軍のMSと交戦し2機を撃破したとの記録されており,この際のテストパイロットはトーマス・マイヤー軍曹だとされている。
!!引用
!MS大全集
 連邦軍のガンダムに対抗できる機動力を持つMSを開発するために,ザクを使い機構試作用に造られたのがこの機体である。MS-06R-2の機体を改良し,MS-11のパーツを流用して完成された。
!!備考
 「MS-06R-3」は,MSVで文字設定として語られた機体ではあるが,後にM-MSVで改めて「MS-06R-3S」が設定されている。
 また,この06R-3Sの画稿を多くの資料では,「MS-06R-3」として掲載しているため,外観的には06R-3と06R-3Sは,同型と判断して,上記のような文章としている。
!!関連項目

!!編集者
*あさぎり
*だっちん
----
{{category MS/MA・M}}
{{category モビルスーツ・MSV}}
{{category モビルスーツ・M-MSV}}
{{category 加筆募集・MS}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。