トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MS-06R-3S〕ゲルググ先行試作型

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

高機動ザク / ザク

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MS-06R-3S
(MS-06R-3)
兵器区分次期主力モビルスーツ試作機
所属ジオン公国軍
パイロットトーマス・マイヤー
製作データ
デザイナー大河原邦男
初出作品M-MSV
参考文献

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高19.0m
本体重量43.5t
全備重量73.7t
ジェネレータ出力1390kw
スラスタ推力56600kg
センサ有効半径6200m
装甲材質超高張力鋼

 武装

ビームライフル

ヒート剣

50mmバルカン砲 x2

 概要

 MS-06R-3《ザク掘佞蓮さ録には残っているものの,その詳細が判らない一年戦争当時の代表格といっても過言ではない機体のひとつである。一年戦争終戦後に公開された様々な資料には,公国軍が開発した様々な機体が含まれており,その中でもMS-06R系の優れた性能は,エンジニアでもあったエリオット・レムとともに有名であった。
 このR型が,MS-14のベースとなったことは,資料からも有名なのであるが,実際にMS-14のベースとなったのは,「MS-06R-2Pから分岐したビーム兵器搭載機」というのが,定説となっていたのである。
 ジョニー・ライデン少佐が運用したことで有名となった,MS-06R-2は,機体開発の遅れから,MS-06R-2Pからビーム兵器の運用という項目を取り除いたものであり,実のところMS-14の雛形とは言えない機体なのである。

 この当時,エリオット・レムが残した記録の中に,次世代機としての新型ザクの構想が触れられているが,これが俗に「ザク掘廚噺討个譴詼楜,任呂覆い里,というのがもっぱらの噂なのである。(なお,レム本人は,開発に関与していなかったとの説もあり,本機のパイロットとされるトーマス・マイヤーは,そうしたレムの関与を否定する項目のひとつとして挙げられる場合がある。)

 ジオニック社に残された研究用のMS-06R-2をベースに(あるいは,これをもとに新造)した機体とも言われているが,少なくともR-3タイプは,MS-11用部材を使用しており,従来のザクというよりは,ゲルググタイプに近い形状だったとも言われている。
 一説には,R-2の5倍のエネルギーゲインを持っているともいわれ,それだけに完成した時の性能の高さはかなり高めに推し量られていたらしい。

 本機,MS-06R-3Sは,U.C.0100年に公開された資料に含まれていた機体で,MS-06R-2P型の問題点を洗い出し,次世代MSであるMS-11(後のMS-14)のたたき台として開発された機体だとされている。
 最大の特徴は,ビーム兵器をドライブするための強力なジェネレータの搭載で,MS-11用のジェネレータをそのまま搭載したのだが,これが機体バランスを崩す要因となってしまい,結果的に本機は日の目を見ることなく消えていったとされている。
 しかし,公開された資料には,本機(及びビームライフル)はムサイ級巡洋艦「ホーカム」によって試験的に運用され,ジオン軍初の試射実験に成功している。
 また,連邦軍のMSと交戦し2機を撃破したとの記録されており,この際のテストパイロットはトーマス・マイヤー軍曹だとされている。

 引用

MS大全集

 連邦軍のガンダムに対抗できる機動力を持つMSを開発するために,ザクを使い機構試作用に造られたのがこの機体である。MS-06R-2の機体を改良し,MS-11のパーツを流用して完成された。

 備考

 「MS-06R-3」は,MSVで文字設定として語られた機体ではあるが,後にM-MSVで改めて「MS-06R-3S」が設定されている。
 また,この06R-3Sの画稿を多くの資料では,「MS-06R-3」として掲載しているため,外観的には06R-3と06R-3Sは,同型と判断して,上記のような文章としている。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・MSV]
[モビルスーツ・M-MSV]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年08月11日 14時52分40秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注