トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

〔MS-06R-1A〕高機動型ザクの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
>>[[ユーザーファイル入口|USER/〔MS-06R-1A〕高機動ザク]]
>>[[ユーザーファイル入口|USER/〔MS-06R-1A〕高機動型ザク]]
!!!高機動型ザク / ザクR型(Rタイプ ザク)
*[MS]
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,型式番号,MS-06R-1A
,兵器区分,空間戦闘用高機動型モビルスーツ
,所属,ジオン公国軍
,パイロット,ジオン公国軍兵
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,大河原邦男
,初出作品,MSV
,参考文献,GジェネレーションF{{br}}Gジェネレーションポータブル{{br}}MSVハンドブック1 ほか多数
!!スペック
,項目,内容
,全高,17.5m
,頭頂高,Unknown
,本体重量,61.8t
,全備重量,76.8t
,ジェネレータ出力,1012kw
,スラスタ推力,52000kg
,センサ有効半径,3200m
,装甲材質,超鋼スチール合金
!!武装
!120mmザクマシンガン
!280mmザクバズーカ
!ヒート・ホーク
!!概要
 MS-06R-1A《高機動型ザク》は,ジオン公国軍の開発した空間戦闘用に特化したエース級パイロット向けモビルスーツである。
 この機体は,MS-06《ザク》の次世代機として開発が進められたもので,公国軍パイロットにとっては,一種のステータスとも言うべき機体となった。
!開発経緯
 MS-06R-1《高機動型ザク》(R型ザク,Rタイプなどとも呼称される)は,ジオン公国軍が開発したMS-06《ザク》の改良機である。この機体は,ザクの名を冠してはいるものの,従来の概念でいうところのバリエーション機とは異なり,実際にはザクをベースとして開発が進められていた次世代主力機の開発途上において誕生した機体である。

 R型ザクの開発がスタートした当時,既にザクのバリエーションの開発は進行しており,S型,FS型や各種局地戦用機といったバリエーション機はロールアウトしている状況であった。これらの機体は,ザクの生産ラインに一定数混在させることが可能であり,それらバリエーション機の専用の部材を生産ライン上に配置することで生産することが可能だったのである。
 しかし,R型は生産ラインそのものを専用のものにする必要があり,このことが生産そのものに与えた影響も大きい。実際,R型は設計段階で要求されたスペックをほぼ満たしたものの,結果として内部構造そのものが大きく変容し,事実上ザクとは別物の機体になってしまっていたのである。
 結果として,諸々の問題から生産数そのものも実質的に生産試作機といっても過言ではないわずか22機に留まり,生産ラインは改装型に切り替わっている。
!R型の開発と問題点
 R型の開発の要因は,ジオン公国軍における主力モビルスーツの開発計画によるところが大きい。開戦前に開発されたMS-05は,その問題点を洗い出しながら改良が加えられ,MS-06という傑作機を生み出すに至った。
 MS-06は,細部の改修を加えながら生産が続けられたが,兵器というものは,配備された時点で旧式化するため,次の世代のモビルスーツの必要性が叫ばれたのである。これには,一年戦争の開戦によって地球連邦軍にもモビルスーツによる実戦部隊が誕生することを想定した場合も含まれていた。無論,ザクそのものの対モビルスーツ戦闘用装備の開発や,改装,バリエーション機の開発も進められていたが,軍部が求めたのは「次世代のモビルスーツ」の開発であったのである。

 R型は,F型に代わる空間戦闘用の主力モビルスーツとして開発が進められた機体で,地上戦闘能力を考慮しない純然たる空間機動戦を前提とした機体として設計が進められた。完成したプランでは,脚部を巨大なブースターと見なし,ランドセルの推進力を大幅に増加させることで,S型を大きく上回る機動性の確保が可能となるはずであった。
 グラナダ基地で試作機として,F型をベースに2機のMS-06RPが建造され,評価試験が行われたが,これらのトライアルの結果は良好で,R型の量産が決定したのである。

 しかし,ここで問題が露呈することとなった。
 この時期,公国軍の生産設備のほとんどが主力機であるF型をはじめとした量産機の生産に追われており,開発ラインの変更を伴うR型の生産を行うことが困難となっていたのである。
 また,R型の特性に伴う問題も発生した。高機動戦を前提とするR型は,パイロットを選ぶ機体であったのである。初期にロールアウトした機体(MS-06R-1の型式が与えられた)は,順次実戦テストを兼ねて各部隊に配備されていったが,これらの機体を「乗りこなす」パイロットへあてがわれることが少なかったのである。
 結果として,短時間で搭載プロペラントを使い切ってしまうパイロットが続出,さらに,全く新しい機構となった機体は,従来の機体に慣れきっていた前線のメカニックにとっては難物で,整備性の悪化も招いたのである。
 この結果から,軍部はR型の配備を一端中止し,問題点の改修に当たることとなった。

 最大の改修点は,専用の補給システムが必要であった燃料補給の改善として,脚部燃料タンクのカートリッジ化などを進め,さらにメンテナンス上の問題点も一定のユニット化を進めることで解消した。これが,生産型として知られるR-1A型なのである。

 R-1A型では,R-1型で問題となった推進剤不足の解消のために,脚部燃料タンクのカートリッジ化によって,推進剤の補給を容易くすることを最大の改良点とした。これは,配備直後は機体への慣れの問題もあり,作戦途中での推進剤切れが多発したためで,補給のために母艦へ戻ることが不可能な事例も多く,大きな問題となったためである。(このため,燃料タンクのカートリッジを輸送するためのF型が随伴することとなった。)
 また,稼動不良が多発した推進器も変更されており,開発責任者であったエリオット・レムの強い希望で,ジオニック社製のスラスターから,ツィマット社製のものへと変更されている{{fn この記述は,MSV宇宙編(HJ刊行)に記載。}}。
 結果として,(生産工程の問題など諸々の問題は残っていたが)R-1型そのもの完成度は高く,終戦までに100機あまりが生産されたとされている。(なお,実際に完成したのは,56機であったと言われる。)
 また,既存のR-1型も一部を除き,順次R-1A仕様へと改装されている。
!R型の配備とエースパイロット
 R型は,配備開始と同時に空間戦闘を得意とするエースパイロットから拝領希望が殺到することとなった。特に高機動戦闘を得意とするパイロットにとっては,望むべき仕様の機体であり,様々な部隊から配備の希望が殺到したのである。
 R-1型の問題点を改修したR-1A型がロールアウトすると,待ち望むパイロットからは拝領希望がより殺到することとなった。結果として,「連邦の戦艦を沈めるよりもR型を手に入れる方が難しい」と言われるほどであり,拝領したパイロットの多くは,大きな戦果を残し,後に名を残すこととなった。
!!引用
!1/100 MG ジョニー・ライデン専用高機動ザク インストラクション(抜粋)
 R型と呼ばれる高機動型ザクのうち,初期の機体のR-1型は,高性能でありながらもいくつかの問題を抱えていたため改修が施され,型式番号(編註:原文では「形式番号」)もR-1Aと改められた。
!!備考
 実のところ,R-1A型に関する記述のほとんどは,黒い三連星の機体に関する物で,素のR-1A型に関する記述は意外にも少ない。
!生産数について
 R型の生産数については,マスターグレード版MS-06R(黒い三連星)の記述以降,R-1型22機,R-1A型66機(新規建造機56機,R-1型からの改修機10機)という考え方が主流となっているが,生産された最大値としては,メカニカルファイルNo.7「MS-06R」に「100機あまり生産された」という記述が存在する。
 しかしながら,このメカニカルファイルは,非売品の限定配布品であるため,目にする機会が少なく,一般的なものではない。同様の記述は他に見られないため,扱いは非常に難しい。
!!関連項目

!!編集者
*あさぎり
----
{{category MS/MA・M}}
{{category モビルスーツ・MSV}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。