トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MS-06R-1A〕マサヤ・ナカガワ専用高機動ザク

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

マサヤ・ナカガワ専用高機動ザク

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MS-06R-1A
兵器区分空間戦闘用高機動型モビルスーツ
所属ジオン公国軍
パイロットマサヤ・ナカガワ
製作データ
デザイナー大河原邦男
初出作品MSV
参考文献GジェネレーションF
Gジェネレーションポータブル
MSVハンドブック1 ほか多数

 スペック

項目内容
全高17.5m
頭頂高Unknown
本体重量61.8t
全備重量76.8t
ジェネレータ出力1012kw
スラスタ推力52000kg
センサ有効半径3200m
装甲材質超鋼スチール合金

※スペックは標準的なR-1A型のもの。

 武装

120mmザクマシンガン

280mmザクバズーカ

ヒート・ホーク

 概要

 MS-06R-1A《高機動型ザク》は,ジオン公国軍の開発した空間戦闘用に特化したエース級パイロット向けモビルスーツである。
 この機体は,MS-06《ザク》の次世代機として開発が進められたもので,公国軍パイロットにとっては,一種のステータスとも言うべき機体となった。

 元々,MS-06R-1《高機動型ザク》(R型ザク,Rタイプなどとも呼称される)は,ジオン公国軍が開発したMS-06《ザク》の改良機ではあるが,ザクの名を冠してはいるものの,従来の概念でいうところのバリエーション機とは異なり,実際にはザクをベースとして開発が進められていた次世代主力機の開発途上において誕生した機体である。
 当初ロールアウトしたR-1型は,諸々の問題点から,22機で生産が打ち切られ,改良型のR-1A型が誕生することとなった。

 R-1A型では,R-1型で問題となった推進剤不足の解消のために,脚部燃料タンクのカートリッジ化によって,推進剤の補給を容易くすることを最大の改良点とした。これは,配備直後は機体への慣れの問題もあり,作戦途中での推進剤切れが多発したためで,補給のために母艦へ戻ることが不可能な事例も多く,大きな問題となったためである。(このため,燃料タンクのカートリッジを輸送するためのF型が随伴することとなった。)
 また,稼動不良が多発した推進器も変更されており,開発責任者であったエリオット・レムの強い希望で,ジオニック社製のスラスターから,ツィマット社製のものへと変更されている[1]
 結果として,(生産工程の問題など諸々の問題は残っていたが)R-1型そのもの完成度は高く,終戦までに100機あまりが生産されたとされている。
 また,既存のR-1型も一部を除き,順次R-1A仕様へと改装されている。

 本機は,著名なパイロットが運用したR-1A型の1機で,ア・バオア・クーに駐屯したEフィールド防空大隊所属のマサヤ・ナカガワ中尉の機体である。
 彼の茶系を主体とする個人カラーは,戦後の格納庫内の写真で,地上用迷彩色と誤認されたが,後に脚部の一緒に写っている物も発見され,Rタイプである事が確認されるという逸話によって有名となった。
 また,頭頂部のブレードアンテナも独特の取り付け方となっており,機体を特徴付けている。

 引用

模型情報 1984/06 Vol.58(抜粋)

 ア・バオア・クー要塞基地に駐屯したEフィールド防空大隊所属のマサヤ・ナカガワ中尉のMS-06R-1A。茶系を主体とする個人カラーは,戦後の格納庫内の写真で,地上用迷彩色と誤認されたが,後に脚部の一緒に写っている物も発見され,Rタイプである事が確認された機体である。

 備考

 右肩にスリットを塞いだ様なディテールがあるため,本機はR-1からの改修機である可能が高い。

 関連項目

 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・MSV]


最終更新時間:2015年12月05日 20時18分50秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]この記述は,MSV宇宙編(HJ刊行)に記載。