トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MS-06M〕ザクマリンタイプ(ナーガ圭蠡圧 

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ザクマリンタイプ(ナーガ圭蠡圧 

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MS-06M / MSM-01
兵器区分水陸両用型モビルスーツ試験機
所属ジオン公国軍
パイロットジオン公国軍兵
製作データ
デザイナー大河原邦男
初出作品MSV
参考文献1/144 ザクマリンタイプ インストラクション ほか

 スペック

項目内容
全高18.2m
頭頂高17.5m
本体重量43.3t
全備重量60.8t
重量79.8t[1]
ジェネレータ出力951kw
スラスタ推力66000kg
水中巡航速度45knots
センサ有効半径3200m
黒歴史コード01-1902893

※一部スペックはΖガンダム時のもの。

 武装

サブロックガン

240mm 4連装ロケット弾

 概要

 MS-06M《ザク・マリンタイプ》(以下,マリンタイプ)は,一年戦争当時,ジオン公国軍が開発したモビルスーツである。
 マリンタイプは,その名称が示すとおり,MS-06《ザク》の水中適用型として開発が進められた機体であるが,実際には様々な問題から,あくまでも本格的な水陸両用型モビルスーツへの橋渡しとして開発された機体である。

 公国軍が水陸両用モビルスーツを欲した最大の理由は,地球連邦軍の拠点たるジャブローがアマゾン川流域であった,ということある。しかし,実際のところは地球侵攻作戦を実施するにあたり,拠点確保と戦線維持を行う上で,地球表面の70%を占める海洋を戦略上制圧し,維持していくためには水陸両用モビルスーツの実戦配備が必須であったためである。
 このため,(資料によって差異はあるが)急ピッチで開発が進められたマリンタイプは,新規に編成された潜水艦部隊に配備され,地上における実験が実施されている。
 しかしなから,実際にはMS-06タイプの水中戦対応型(マリンタイプ)にそこまでの期待がかけられたという物でもなく,ザクの水中化による解決はあっさりと却下されている。
 しかし,戦線の悪化に伴い,最終的には,既に倉庫行きの状況であったマリンタイプの実戦投入も行われることとなった。
 本仕様は,南太平洋とインド洋を主に活躍の場とした潜水艦隊「ナーガ掘廚貿枷された機体である。

 引用


 備考

 ナーガ圭蠡阿竜‖里蓮ぅ沺璽ングのみの提示であり,機体そのものが画稿化されているわけではない。しかし,ガンダムコレクションにおいて,マーキングバリエーションとして立体化が行われており,その際のカラーリングはよく知られるグリーン系のものとなっている。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・MSV]


最終更新時間:2015年11月23日 21時20分54秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]ガシャポン戦士シール