トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MS-06M〕ザクマリンタイプ

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ザクマリンタイプ / 水中型ザク / マリンザク
ザク/深海作業用タイプ

  • [MS]

データ

機体データ
型式番号MS-06M / MSM-01
兵器区分水陸両用型モビルスーツ試験機
所属ジオン公国軍
パイロットジオン公国軍兵
製作データ
デザイナー大河原邦男
初出作品MSV
参考文献1/144 ザクマリンタイプ インストラクション ほか



 スペック

項目内容
全高18.2m
頭頂高17.5m
本体重量43.3t
全備重量60.8t
重量79.8t[1]
ジェネレータ出力951kw
スラスタ推力66000kg
水中巡航速度45knots
センサ有効半径3200m
黒歴史コード01-1902893

※一部スペックはΖガンダム時のもの。

 武装

サブロックガン

240mm 4連装ロケット弾

 概要

 MS-06M《ザク・マリンタイプ》(以下,マリンタイプ)は,一年戦争当時,ジオン公国軍が開発したモビルスーツである。
 マリンタイプは,その名称が示すとおり,MS-06《ザク》の水中適用型として開発が進められた機体であるが,実際には様々な問題から,あくまでも本格的な水陸両用型モビルスーツへの橋渡しとして開発された機体である。

 なお,マリンタイプは,公国軍にとって初の水陸両用モビルスーツであり,様々な実験に用いられた機体であるため,その仕様についても明らかとなった仕様以外のものが存在している可能性も高く,これを示すかのように資料間で整合性の取れない記述も散見される。
 同様に,名称に関しても複数の記述が見られ,「マリンタイプ」とされる記述以外に,「マリナー」との記述も見られている。(なお,蛇足ながら「マリナー」という機体名は,後年地球連邦軍によって開発された機体,RMS-192Mにも与えられている。この機体の仕様が,元々はMS-06Mの一仕様であったともされており,現在我々が言うところのマリンタイプとは異なっていた可能性が示唆されている。)

水陸両用モビルスーツの開発に至る経緯

 ジオン公国軍は,一年戦争開戦以前のU.C.0076年,既に局地戦闘用モビルスーツの開発をスタートさせている。これは,モビルスーツという新たな兵器の運用に際して,その拡張性を考慮したものと考えられ,これが最初から地球侵攻作戦を前提としていたとは考えにくいものがある。(無論,多少は考慮していたとは思われるが。)
 しかし,結果的にはこうした様々なアプローチが,様々な局地戦用機の開発に活かされたこともまた事実なのである。

 公国軍が水陸両用モビルスーツを欲した最大の理由は,地球連邦軍の拠点たるジャブローがアマゾン川流域であった,ということある。しかし,実際のところは地球侵攻作戦を実施するにあたり,拠点確保と戦線維持を行う上で,地球表面の70%を占める海洋を戦略上制圧し,維持していくためには水陸両用モビルスーツの実戦配備が必須であったためである。
 このため,(資料によって差異はあるが)急ピッチで開発が進められたマリンタイプは,新規に編成された潜水艦部隊に配備され,地上における実験が実施されている。
 しかしなから,実際にはMS-06タイプの水中戦対応型(マリンタイプ)にそこまでの期待がかけられたという物でもなく,ザクの水中化による解決はあっさりと却下されている。これにも諸説あるが,多くの資料で共通しているのは,「モノコック構造たるザク自体の機密性は優れていたが,防水面の工作は思う様に捗らなかった」という点である。(このザクによる水陸両用モビルスーツの配備が却下されたのは,一説によると地球降下作戦の実施前ともされており,実際に地球へと下ろされたマリンタイプは,当初からテストのみが目的だったともされる。)

 実戦配備用の機体としての開発は,早々と却下されたマリンタイプであるが,水流ジェットエンジンの実用試験と,水中戦用兵装のデータ収集を目的とした実験は継続されている。無論,その間には新設計の水陸両用MSの開発がスタートした事は言うまでもなく,これに合わせてマリンタイプには,MSM-01の新たな型式が与えられている。
 続くMSM-02の開発を経て,MSM-03《ゴッグ》の開発が軌道に乗ると,マリンタイプの役目は一端終了し,テストに用いられた全7機はしばらくの間,倉庫に眠ることとなった。

マリンタイプの生産数

 マリンタイプの生産数には諸説存在する。一般的によく知られる資料では「全7機の任が解かれた[2]」,「製作された7機のMタイプ[3]」といった記述がみられることから,一般的に7機のみの建造ではないかと言われるが,他の資料とつきあわせていくと,7機では少なすぎるという矛盾点も生じてしまう。
 また,先の記述のある資料においても「5機のプロトタイプに水流エンジンが装着された」という矛盾を孕んだ記述も存在しており,様々な憶測を呼ぶこととなっている。

 蛇足ながら,当初投入されたマリンタイプは実際に5機であり,これらはMS-06Fの改造機で全てシーサーペント隊に配備されている。つまり,本当の意味での「MS-06Mのプロトタイプ」の可能性も否定できないのである。また,後年地球連邦軍によってマリンタイプの設計を改良して開発されたとされるRMS-192M《ザク・マリナー》とRMS-188MD《ザク・ダイバー》は,ベース機が同一とは考えにくいほどその意匠に差があり,実際,前者はMS-06M-1型,後者はMS-06M-2型をベースとしたとされている。つまり,我々がよく知るマリンタイプとは,MS-06M-2型である可能性が高いのである。
 逆に言えば,このシーサーペント隊に配備された5機は,その意匠はいわゆる「ザク」に近い,ザク・マリナーと似通った意匠であったのではないだろうか。(なお,M-1型をM-2型に改装したという考え方もあるが,連邦軍が接収し,設計のベースとしたことを考慮すると,M-1/M-2型双方とも残存していたと考えた方が無難である。)

 また,マリンタイプは実戦配備に伴い,7機中5機が胸部ユニットに180ミリロケット砲を装着しているとされる。これもまた,我々がよく知る180ミリロケット砲は,いわゆるM-2型のものであり,M-1型のものは形状が異なると思われるのである。逆説的に言えば,この5機がM-2型で,残り2機がM-1型であろうと推測されるのである。
 同様に,後に確認された評価試験隊配備の機体(水中用ビーム砲「エーギル」の実験に運用され,破壊されている)などを考慮すると,少なくともマリンタイプが7機以上存在したと判断せざるを得ないのである。
 この結果,いわゆるM-2型は最低限2機以上,7〜8機程度(実際にカラーリング等から確認できる機体に加え,評価試験隊配備機を含めたもの),M-1型は5機以上の建造が行われたと想定される。なお,このM-1型のうち,少なくとも2機はM-2型に改装されることはなかったのではないだろうか。

マリンタイプの実戦配備

 一般的に知られるマリンタイプの実戦配備は,U.C.0079年11月中旬に実施された地中海上陸作戦である。この戦闘では,7機のうち2〜3機を残して撃破されたとされている。
 実は,この点にも矛盾を孕む記述があり,この時期,マリンタイプが配備されたとされる潜水艦隊のひとつ「ナーガ掘廚蓮て鄲席人里らインド洋を活動領域としており,地中海上陸作戦への参加は困難である。この点も,地中海上陸作戦に参加したマリンタイプの中にM-1型が含まれる可能性を示唆している。
 この際には,各潜水艦隊に配備された際に施されたカラーリングではなく,濃緑色を基本にしただけの一時的な迷彩と判断される。

 引用

1/100 MG ザクJ型 Ver.2.0

 地上侵攻用に開発されていたが,密閉性などに問題があったため,結局水陸両用機は新設計されることになった。

 備考

 水中型ザク(もしくは,ザクマリンタイプ)は,極めて初期に誕生したMSVのひとつで,講談社のアニメグラフブックに掲載された4種のザクバリエーションのひとつである。
 この際,「ザク/深海作業用タイプ」という名称で掲載されており,当初は作業用モビルスーツとして考えられていたことが分かる。(おそらくだが,水没機の回収などを前提とした機体であったのではないだろうか。)
 その後,MSVとして再設定されるにあたって,プラモデルインストラクション等で確認できるような設定へと変化している。また,加えて機動戦士ガンダムΖΖに登場したRMS-192M《ザクマリナー》のインストラクションで設定が追加されたことで,その解釈の幅が大幅に広がっており,ある種,混乱した状況となっている。

 本文は,これらを極力内包した形でまとめたため,一般的に行われている解釈とは異なる部分が存在する。特に,ザクマリナーのインストでザクマリナーのベースとなったM-1型と呼ばれる機体とM-2型と呼ばれる機体について,どちらが本機に該当する(あるいは該当しない)という考え方については明確な回答はなく,様々な意見が散見できる。
 多くの場合,1/144インストに記載される「5機のプロトタイプ」をM-1型,その後の全7機の記述から,前出の5機を除いた2機をM-2型と考える意見が多いのだが,「全7機の内5機」が胸部にミサイルポッドを装着し,実戦に投入されていることを考慮すれば,この全7機は同型であったと考えるのが妥当であろう。(この解釈から本文中の解釈に至っている。)

 なお,Ζガンダム放映直前に発売された「機動戦士Ζガンダムを10倍楽しむ本」では,「ザク水中作業型」と記述されており,これに武装(胸部ミサイルポッド)を装着したイラストを「ザク水中攻撃型」としている。これは,運用時の仕様による名称の揺れのひとつと考えられ,現在見られる様々な表記揺れの原型ともいえるだろう。(本Wikiでは,これらを部隊配備前・配備後と解釈している。)

 蛇足ながら,一般に「水中型ザク」として記述される機体の外観(カラーリング)は,ほぼ試験時のシーサーペント部隊のものと考えて間違いではない。というのも,MSVハンドブックにおける記述では,「水中型ザクの量産数が多いかのように誤解されるのは,実戦配備時にバラバラに分散配備され,その部隊の塗装が施されたため」とされており,我々がよく知る濃緑色のカラーリングは,シーサーペント配備機に基調として用いられているものであるためである。
 このカラーリングがインスト上で「一時的なもの」とされているのは,各配備部隊において受領後一時的に迷彩として用いられたのか,それともMSVハンドブックに記載される「大戦末期の地中海上陸侵攻作戦」の際のものかについても諸説有るが,MSVハンドブックでは,「一時的な迷彩」についての言及がなく,文章によってはこの作戦のために実戦配備されたとの解釈しかできないため,「各部隊別個のカラーリング」とは矛盾してしまう部分がある。(特に,この作戦で4〜5機が撃破されていると解釈できるため,なおさらである。)

 関連項目


 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・MSV]


最終更新時間:2015年11月23日 21時20分08秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]ガシャポン戦士シール
  • [2]1/144 ザクマリンタイプ インストラクション。
  • [3]MSVハンドブック1。