トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MS-06JK〕ザクハーフキャノン

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ザクハーフキャノン

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MS-06JK
兵器区分
所属ジオン公国軍
パイロット公国軍兵士
製作データ
デザイナー大河原邦男
初出作品MSV-R
参考文献ガンダムエース ほか

 スペック

項目内容
全高17.5m
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
重量64.6t
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

 武装

120mmバルカン砲

 120mmの機銃を6門束ねたガトリング砲。

180mmキャノン砲

 通常型のMS-06Kと同型の装備。

2連装スモークディスチャージャー

 ランドセル(左肩側)に設置されてる装備。
 煙幕をはることができる。

2連装ロケット弾ポッド ビッグガン

 MS-06Kでも採用されたランドセルに懸架し,腰部に設置するロケット弾ランチャー。
 原型機同様,1対2セット装備することも可能。

専用シールド

 右肩に設置するシールド。
 一般的なMS-06のものとは異なり,上腕を覆うような形状になっている。

 概要

 MS-06JK《ザクハーフキャノン》は,MS-06J《陸戦型ザク供佞縫プションとして砲撃戦装備を加えたもので,元来の仕様ではなく,MS-06K《ザクキャノン》の開発途上に生まれたプランのひとつである。
 元々,ザクキャノンの開発に際して,前線での機体損耗に対応するため,キャノン砲を装備した大型ランドセルを換装可能とするコンセプトが盛り込まれていた。これは,運用に際して,砲撃戦用ランドセルからJタイプと同様の通常型ランドセルへの換装を行い,J型同様の運用を行う,というものであった。実際に,こうした運用が行われたかについては記録に残っていないため明らかでは無いが,この運用のための柔軟性は,ザクという機体が高い汎用性と拡張性をもっていたからこそといえるだろう。

 本機,ザクハーフキャノンは,ザクキャノンの開発の後に,これに関わったキャリフォルニア・ベースの開発陣が立案・試作した機体である。
 本機の開発の発端は,ザクキャノンのランドセルがJ型のものと換装可能であるならば,J型にザクキャノンのランドセルを換装可能とすることができるのではないか,というものである。実際,換装可能なランドセルであるため,事実上取り付け基部は同一であり,問題となるのは制御系のみともいえる状況であった。このため,試作時にはランドセルを換装し,火器管制システムの一部を変更した形で射撃試験が行われている。

 射撃試験の結果は,満足のいくものであり,結果としてJ型のオプションとして24セットの生産が決定した。
 このオプションセットは,K型のランドセルと専用シールドからなっており,ランドセルにはK型同様の180mmキャノンが設置されていたと言われる。
 しかしながら,資料として残っている写真は,180mmキャノンの装備機ではなく,120mmガトリング砲を設置した機体であり,実質的にはランドセルにオプション装備を施したものであった。
 この120mmガトリング砲に換装した機体が何機存在したかは不明であるが,写真に残る機体がこれのみである点を考慮すると,意外に双方を換装して運用していた機体は多かったものと想われる。

 なお,前線に送られた機体の一部は,K型と同様の迷彩が施されたとも言われており,この点から想定するに,同じ部隊での運用もあったものと考えられる。

 引用

ガンダムエース(抜粋)

 MS-06K開発コンセプトのひとつとして,180mmキャノン砲を装備した大型ランドセルを独立した1ユニットとして,Jタイプのランドセルと換装可能とする事が決定していた。
 このコンセプトの拡張としてキャリフォルニア・ベースの開発陣は,MS-06Kの試作終了後に,MS-06JにKタイプのランドセルを換装,合わせて火器管制システムの一部を変更した簡易型ともいうべきMS-06Kザクキャノンを組み上げて射撃試験を行い,その結果を報告。
 前線に送られた,このオプションセットに換装したJタイプはMS-06JKザクハーフキャノンと呼称され,一部のJKタイプはKタイプ同様の迷彩塗装が施されていた。

 備考


 関連項目


 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・MSV-R]


最終更新時間:2015年06月14日 18時18分13秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注