トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

〔MS-06JC〕ザク供淵好僖ぅシールド無し)の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
>>[[ユーザーファイル入口|USER/〔MS-06JC〕ザク]]
!!!ザクJC型(スパイクシールド無し)
*[MS]
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,型式番号,MS-06JC
,兵器区分,陸戦用量産型モビルスーツ
,所属,ジオン公国軍
,パイロット,公国軍兵
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,大河原邦男
,初出作品,機動戦士ガンダム第08MS小隊
,参考文献,1/144HG ザク インストラクション ほか
!!スペック
,項目,内容
,全高,Unknown
,頭頂高,17.5m
,本体重量,56.2t
,全備重量,74.5t
,ジェネレータ出力,976kw
,スラスタ推力,48500kg
,センサ有効半径,3200m
,装甲材質,超硬スチール合金
※スペックは,標準的なJC型のものである。
!ヘッドユニット
 隊長機には識別や通信機能強化などのため,アンテナが装備されることが多い。
!コックピット
 06系の機体のコックピットは,基本的に同じユニットが流用されている。
 緊急時には胸部パネルの全面が開放される。
!バックパック
 空冷構造が採用されたためF型より地上稼働時間が大幅に延長。
 スラスターは姿勢制御にも使用される。
!!武装
!120mm マシンガン
 ザクの標準装備として,あらゆる戦場で使用される主力火器。
 生産拠点などにより形状には若干の違いがある。
!280mm ザクバズーカ
 装弾数は少ないが,マシンガンをはるかにしのぐ威力を持つ。
 戦術により,別種の弾体を換装することも可能。
!脚部3連ミサイルポッド
!ヒートホーク
 ブレード部分が赤熱化し,敵の機体を溶断する。
!175mm マゼラアタック砲
!ショルダーアーマー
 接近戦闘時に威力を発揮する。
 原始的だが非常に強力で,敵機のみならず建築物や施設などの破壊工作にも有効。
!シールド
 防御用装備の現地改修仕様。
 ショルダーアーマー並みの戦闘力を獲得すべく,試験的にスパイクが装備されている。!!概要
 ショルダーアーマー並みの戦闘力を獲得すべく,試験的にスパイクが装備されている。
!!概要
 MS-06JC《ザクJC型》は,一年戦争当時,ジオン公国軍が運用したモビルスーツである。その型式が示すとおり,MS-06《ザク供佞離丱螢─璽轡腑鶺,箸靴導発された機体であり,そのベースとなったのは,MS-06J《ザク供蔑戦型)》である。
 公国軍は,モビルスーツの開発に際して,基本的なスペックと構造の維持を前提に,その開発地において入手可能な部品等での代替措置を認めていた。このため,数多くの現地仕様機が誕生しており,同じ型式の機体でありながらも細部が異なる,といった事例は数多く発生していたのである。
 本機,06JC型は,そうした派生機と似たような経緯で開発されたもので,主に東南アジアなどのユーラシア戦線で確認された機体である。
 基本的な構造は,通常型のJ型と変わらないものの,細部がより陸戦にあわせた改良が行われており,特にコクピットハッチの開閉機構は大幅な変更が行われている。(これは,地上でのモビルスーツへの乗り降りを考慮したものと言われる。)
 このタイプは,J型の派生機として承認され,JC型の型式が与えられたのである。(なお,こういった経緯から,各種記録には単に「J型」としているものも多い。同様に承認状況が全軍に明確に伝わっていないこともあってか,Jc型といった表記なども見られる。)

 また,特徴的な装備として右肩シールドにスパイクを取り付けていることも挙げられるが,これは一部の機体に留まるともされる。(実際,スパイクを取り付けていない機体も存在している。)
 こうした点から言えば,本機はあくまでもJ型の派生機でしか無く,数値上はJ型として計上されていたものと思われる。
!!引用

!!備考
!デザインについて
 デザインのベースとなったのは,大河原邦男氏によるマスターグレード版MS-06J ザク兇硫莵討如ず戮い差異はあるもののディテール等はほぼそのままのものとなっている。
 このため,第08MS小隊版のプラモデルが発売された当時,かつて発売が渇望されながらも実現しなかった,ハイグレード版ザクが発売された,とユーザー間で話題になった。
!型式番号について
 上記の通り,初出画稿はMS-06Jであり,第08MS小隊に関する各種資料でも当初は全てMS-06Jとして扱われている。
 MS-06JCという型式の初出は,08小隊の劇場版パンフレットだが,ガンダムコレクションを始めとしたミニブック等で,この形式が確定したようである。
 なお,本Wikiでは,同作登場のデル機,アス機に関しては,他のほとんどの出典に倣い,「MS-06J」のままで分類しているが,MS大全集2015では,これら2機もMS-06JCと記述されている。(詳細は,これら2機の項目を参照のこと。蛇足ながら,この2機の画稿そのものは山根公利氏によって起こされている。)
 また,同じくMS大全集2015では,ほぼマスターグレード版の画稿そのままのものを「JC型のスパイクシールド無し」として分類している。
!!関連項目

!!編集者
*あさぎり
*だっちん
----
{{category MS/MA・M}}
{{category モビルスーツ・08小隊}}
{{category 加筆募集・MS}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。