トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MS-06J〕ザク

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

陸戦型ザク / ザクJ型

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MS-06J
兵器区分汎用陸戦型量産モビルスーツ
所属ジオン公国軍
パイロットジオン公国軍兵
製作データ
デザイナー大河原邦男
初出作品機動戦士ガンダム
参考文献GUNDAM WAR
Gジェネレーションポータブル ほか

 スペック

項目内容
全高17.5m
頭頂高17.5m
本体重量56.2t
全備重量70.3t[1]
全備重量74.5t[2]
総重量74.5t[3]
ジェネレータ出力976kw
馬力55000[4]
スラスタ総推力45400kg
スラスタ総推力48500kg[5]
センサ有効半径3600m
陸上走行速度85km/h
装甲材質超鋼スチール合金
装甲材質超高張力鋼[6]
黒歴史コード01-0053139

頭部(シリアル:ZA-H06/J.U011)

 J型の頭部は,基本的にF型と同等のモジュールが用いられているが,地上での運用に併せてシーリングやメンテナンスハッチの取り扱いなどが変更されてる。また,各種センサー類も地上戦対応のものへと変更されており,(大枠の構造こそ変化ないが,)細かい差異は,各所に及んでいる。
 なお,隊長機は慣例に従って,識別や通信機能強化などのためアンテナが装備されることが多い。

ダクト

 ザクの頭部口吻部のダクトは,主に廃熱用の気体や冷媒などの排出に使用されるほか,緊急時の吸気用エアフィルターとしての用途があったとも言われている。

ボディ(シリアル:ZA-B06/J21-MYFG-M3ESJ)

 J型とF型の最大の相違点が,主動力炉周辺の冷却機構である。ジェネレータのスペックなどはほとんど変わらないが,J型はインテークの内部構造やフィルター,燃焼室が換装されており,冷却や排熱などに大気を有効利用している。そのため,地上での稼働時間が,F型やS型と比べても格段に延長されている。
 なお,J型に搭載されている融合炉J2l-M3ESJ型は,F型のものと同系統だが,より地上戦に対応したものとなっている。

コックピット

 一年戦争中期までに生産された06系の機体のコクピットは,基本的にすべて同じユニットが流用されている。ただし,J型に採用されているインジェクションシートはF型のものとは規格が異なっており,緊急時のシートインジェクション方式は,重力下での使用を考慮したものとなっている。
 緊急時には胸部パネルの全面が開放される。

腕部(シリアル:ZA-A06/F.U6.4/J.C)

 J型の腕部モジュールは,基本的にすべてF型のパーツを流用している。ただし,マニピュレーターのシーリングのため,関節部が軟質素材でコーティングされている。
 MSのマニピュレーターは,F型の生産が本格化するまでは部品供給の問題から幾つかのバージョンが存在している。J型のマニピュレーターは,シーリングの改善などのほかに「携帯するオプションには,常に1Gの重力負荷がかかっている」という条件に対応したソフトウェアが新たにインストールされている。

脚部(シリアル:ZA-L06/J.U2.3)

 MSの脚部は,最も重要なパーツであると同時に,最も損耗するパーツのひとつである。このため,必要に応じて交換されることもある。
 F型とJ型の脚部は,生産時期の関係から基本的にほぼ同じ構造である。しかし,F型の脚部にはコントロールのオート化のためバランサーやポジショニングセンサーが装備されているが,空間戦闘に必要ない機構は,J型では省略されている。
 具体的には,F型には空間戦闘に不可欠なAMBACシステム(能動的質量移動による姿勢制御)のためのソフトウェアが搭載されているが,J型ではオミットされている。
 また,J型では,F型でサブスラスターに使用されていた空間には,陸戦用に新たに開発された対地センサーと,l/Oポート機能を併せ持つハードポイントが増設されている。
 また,ロットによっては足裏のスラスターの有無もあり,J型の脚部は,その都度更新されている

ランドセル

 MS-06のランドセルは,エネルギーターミナルとプロペラントタンク,バーニアスラスターなどが高密度に集積したユニットであるばかりでなく,構造的にボディユニットからブロックとして独立しており,改良や換装を比較的容易に行うことができる。
 J型は,空冷構造が採用されたためF型より地上稼働時間が大幅に延長。スラスターは姿勢制御にも使用される。

動力パイプ

 ザクの動力システムは,炉心から発生するエネルギーをパルス状の圧力に変換し,関節駆動用のロータリーシリンダーに極超音速で伝達する"流体パルスシステム"を採用している。ザク(05型)はこれを内装していたが,ザク(06型)は生産性や整備性などのため露出させている。

オプション/ハードポイント

 ザクの優秀さは,その汎用性の高さにある。それは基本的に,あらゆる戦術に対応できる柔軟な設計思想を持っていたからだということができる。特に06系の機体は,05系の運用によって蓄積された経験から導かれた確かな実用性を伴っている。
 J型の完成によって,公国軍の地球侵攻は現実のものとなり,爆撃と同時に降下,制圧をおこなうなど,MSはあらゆる局面で威力を発揮し,既存の兵器体系は過去の遺物となってしまった。M粒子散布による電磁波妨害効果は地上でも有効であり,なによりも,巨大な人型兵器は,物質的な面以上に,地上に住む人々を揉潤し尽くした。

 武装

 ジオン公国がMSのために開発した携行武装は非常に多岐にわたる。それは,単純に人間が使う武器をスケールアップしただけのようにも見えるが,そのために必要とされる技術は見た目ほど簡単ではなく,様々な新技術が導入されている。

120mm ザクマシンガン x 1(ZMP-50D/120mm)

 公国軍のMS用マシンガン。
 ザクのもっとも一般的な携行武装で,一年戦争の初期に多用された。
 生産拠点などにより形状には若干の違いがある。

MMP-80/90mmVer.8

 一年戦争後期に使用されたMS用マシンガン。90mm実体弾を射出する。

280mm ザクバズーカ x 1(H&L-SB25K/280mmA-P)

 ザクが使用する大型火器の一つ。口径は280mm。
 装弾数は少ないが,マシンガンをはるかにしのぐ威力を持つ。
 戦術により,別種の弾体を換装することも可能。
 開戦当初は核弾頭の射出にも使用されたが,南極条約締結後は通常弾頭を装備している。

ヒートホーク

 MSの白兵戦用の武器。
 ブレード部分が赤熱化し,敵の車両や施設,機体などを溶断する。

Zi-Me/Triple Missile Pod Mk. 3連ミサイルポッド

 陸戦用にあつらえられた3連装のミサイルポッド。
 脚部などにマウントして使用する。

MIP-B6

 近接戦闘用の多弾頭手榴弾。クラッカーと俗称される。

175mmマゼラトップ砲

シールド

 当初,ザクの両肩には旧ザクと同様のフラットなショルダーアーマーが装備されていたが,生産のかなり初期の段階で左側にはスパイクアーマーが,右肩にはシールドが装備されるようになった。シールドは防弾および跳弾などの効果があり,側面からの狙撃や頭部破壊に対する防御装備として採用された。

ショルダースパイクアーマー

 ショルダースパイクアーマーは,もともと施設破壊や防壁突破などのために装備されたが,連邦軍がMSを投入してからは,対MS戦時のタックルなどにも有効であることが確認されている。

 概要

 MS-06J《ザクJ型》は,一年戦争当時,ジオン公国軍が運用したモビルスーツである。その型式が示すとおり,MS-06《ザク供佞離丱螢─璽轡腑鶺,箸靴導発された機体であり,そのベースとなったのは,MS-06F《ザク供佞任△襦
 開戦当初の宇宙空間でこそ,モビルスーツによる戦線拡大は公国軍にとって有利に働いてはいたが,当初の目論見であった短期決戦に失敗すると,想定していなかった地球への武力侵攻の必要性が生じることとなった。
 既に局地戦用モビルスーツの開発は進行していたものの,公国軍にとって多大な負担を生じるこれらの機体を大量に配備するわけにはいかなかったことから,当初想定していた通り,F型の地上戦投入に踏み切った。しかしながら,開戦当初のような破竹の進撃という状況には地上戦では至らなかったのである。
 これにはいくつかの理由があるが,大きな理由としては連邦軍の地上戦力は,旧来の兵装とはいえ,モビルスーツに対抗するに十分な物量があったことと,なによりも地上におけるモビルスーツの稼働率の低下は大きな問題となったのである。
 そこで,地上用にMS-06Cを改修したMS-06Jが開発されたのである。一般的にはMS-06Cから宇宙用装備を取り除いたのがMS-06Jとされるが,実際にはJタイプは機体バランスから見直されており,その点でも地上戦に特化した機体というべきものとなっている[7]

 J型は,占拠したキャリフォルニア・ベースを始め,各地で生産が行われた結果,地上戦における主力機として位置づけられる機体となり,空間戦闘用のF型同様,一年戦争を代表する機体となったのである。
 なお,公国軍は,モビルスーツの開発に際して,基本的なスペックと構造の維持を前提に,その開発地において入手可能な部品等での代替措置を認めていた。このため,数多くの現地仕様機が誕生しており,同じ型式の機体でありながらも細部が異なる,といった事例は数多く発生している。これらが,いわゆるJC型やJE型と呼ばれる枝番付の機体である。

 引用

GUNDAM WAR 新しき翼 ジオン公国軍 U-51

 ジオン公国軍の陸戦用量産型モビルスーツ。名機MS-06Fを地上用に改良した機体。ジオン軍の地球侵攻作戦においては,この機体が主力と言っても過言ではない。

 備考

 ユニコーンでは,損壊状態で登場。
 なお,ゲームに登場するタイプは,装備によって名称が異なっている場合がある。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・1st]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年06月07日 19時15分22秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]EB 一年戦争編
  • [2]MS-IGLOO2 DVD #1 ライナーノーツ
  • [3]HGインスト/ガシャポン戦士シール(重量表記)
  • [4]ガシャポン戦士付属シール
  • [5]HGインスト
  • [6]HGインスト
  • [7]これは,MS-IGLOOで描写された,J型が空間戦闘で「溺れる」シーンが的確に表現しているといえるだろう。