トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MS-06FZ〕ザク改(指揮官機)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ザク改(指揮官機)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MS-06FZ
兵器区分汎用量産型モビルスーツ
所属ジオン公国軍
パイロット公国軍兵
製作データ
デザイナー出渕裕
初出作品機動戦士ガンダム0080〜ポケットの中の戦争
参考文献GUNDAM WAR
1/144 インストラクション
GジェネレーションDS
Gジェネレーションポータブル ほか

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高17.5m
本体重量56.2t
全備重量74.5t
ジェネレータ出力976kw
スラスタ推力24500kg x3,3000kg x2
スラスタ総推力79500kg
アポジモーター数14
センサ有効半径3200m
180度旋回時間1.6sec
陸上走行速度103km/h
開発基地グラナダ[1]
黒歴史コード02-0746360

バックパック

 バックパックには化学燃料式のロケットモーター3基が搭載されている。
 ノズルの噴射角は自由に変わる。

コクピット

 コクピットは従来機から大幅に改修され,2重ハッチとなっている。
 内側のハッチはモニターごと開閉する。

旧型に比べパイロットの脱出も容易になった。

 武装

MMP-78 ザクマシンガン

 曲面を基調にした形状とドラムマガジンが特徴的な前期型ザクマシンガン。

MMP-80 90mmザクマシンガン

 形状,機構ともに全面的に変更されたFZ型用のザクマシンガン。
 照準器の精度もあがっている。
 また,グレネードランチャー付きのものもあった。

ハンドグレネード

 クラッカーに変わるMS用手榴弾であるハンドグレネード。
 本体についたバーを握って投げる。
 ザクの右腰のサイドアーマーに3発装備されている。

シュツルムファウスト

 対MS用兵装であるシュツルムファウスト。
 一発で敵MSを破壊することが出来る威力を持つ。
 弾頭部は発射後羽根が立ち上がる。当然のことながら無誘導兵器。

シールド

 ザク兇良現犹斗佑任△詼標譱備。

ヒート・ホーク

 近接戦用の斬撃装備。
 ブレード部分が赤熱化し,敵の装甲などを溶断する。

 概要

 MS-06FZ《ザク改》は,一年戦争末期にジオン公国軍が開発・配備した汎用量産型モビルスーツである。名機と呼ばれたMS-06F《ザク供佞鯏合整備計画によって再設計を施したもので,一年戦争最末期にわずかながら生産が行われた機体である。
 ザク改,ザクFZなどとも呼称されるが,MS-06系の最終形態であるという意味合いから「ザク最終生産型」という場合もある。

開発経緯

 一年戦争も末期になると,公国軍,地球連邦双方とも疲弊し,様々な場面で,その歪みが生じるようになっていたが,特に国力が少ない公国軍にとっては,ある意味致命的な状況が発生していた。それは,すなわち「パイロット不足」である。
 元々モビルスーツは,機動兵器として位置づけられる兵器であり,これによって戦果を挙げるためには,それ相応の技量を必要とするものである。
 しかしながら,公国軍は一年戦争序盤に自らの短期決戦を想定した戦略のために戦術的過ちを犯し,機動兵器たるモビルスーツをコロニーでの作業用や警護用に用いてしまい,数多くのベテランパイロットを失うという愚を犯してしまっている。
 無論,当時としては最善の策を取ったという意見もあろうが,結果として戦争が膠着化するにつれ,パイロット不足という形で露呈してしまったのである。

 また,連邦軍のモビルスーツの登場により,ザクの「兵器として優位性」も失われており,対モビルスーツ戦を想定したモビルスーツの必要性も叫ばれるようになっていったのである。

 公国軍のモビルスーツは,極論すれば「ザクありき」で開発が進められたものである。戦線が地上に拡大しても,MS-06系の改装で乗り切ろうという方策が執られたのであるが,結果としてこれがザクというモビルスーツに縛られることとなった。
 ツィマット社が開発したMS-09《ドム》系が,こうした状況にくさびを打ち込むまでは,水陸両用機などを除けば,どこもかしこも「ザク」という状況であったのである。

 この状況は,もう一つの問題点を生み出している。
 すなわち,機種転換の困難さである。ドム系とザク系では,根本的なコンソール操作も異なっていたとされ,ベテランパイロットが高性能なモビルスーツへの機種転換を行おうにも,困難がともなったのである。

 統合整備計画は,こうした状況下でスタートした特殊な整備計画である。
 機体の操作系を統一し基本的には従来の操作系の発展型に統一することで,ベテランパイロットが新型機へと機種転換しやすいように配慮したのと同時に,新兵に対して単一の訓練で様々な機種への割り振りが可能となった。学徒動員の兵士であっても,ベテランの残したソフトウェアを活用することで,一定の技量が確保できるようになったのである。
 同時に,機体の整備に関しても整理が行われており,メーカーの垣根を越えて,部品の融通が可能となった。
 このことは,従来機(MS-06やMS-09)の基本性能の底上げも意味している。つまり,統合整備計画におけるMS-14系のパーツや技術が,MS-06やMS-09にも転用可能となったことを意味しているのである。
 一年戦争末期の実働であったため,完成した機体は少ないと言われているが,記録に残る戦果を精査する上では,MS-06系とは言い難いほどの性能を発揮したともされており,統合整備計画そのものの意義は大きかったと言えるだろう。

特徴

 ザク改は,機体各所にはサブスラスターが増設され,ランドセルのメインバーニアスラスターも大型化され3基に増えている。スペック的には,エースパイロット用のS型に匹敵するスラスター出力を持ちながら,操作性はF型に準ずるという隠れた名機となった。
 ただし,推進剤の総積載量は変わっていないため,推力全開時の作戦遂行時間は従来の半分に過ぎないとされている。一説によれば,MS-09系(ドム系)の機体に匹敵する運動性を持っていたともいわれるが,これはその操作の容易さによるものと見ることもできる。この優秀な操作性は,以前からMS-06(ザク供砲魄ν僂靴討い織僖ぅ蹈奪箸亡新泙気譴燭里澆覆蕕此た景爾箜愿牝旭の兵士をも助けることにもなった。
 基本性能は,ジェネレータ出力など一部を除けば,MS-14系に匹敵するまで高められており,まさにザクの最終形といっても過言ではない。

 また,整備性も極めて良好で,同計画の機体間での流用はもちろん,連邦系モビルスーツの汎用部材も流用することが可能であったともいわれる。

 なお,皮肉なことにこのメーカーの垣根を取り払ったことがそれぞれにメーカーに火を付けることとなったのか,同時期にジオニック社では,MS-06F-2,ツィマット社ではMS-09Fという高機能な機体を生み出しており,いずれも統合整備計画で開発された機体に勝るとも劣らない名機となっている。

 引用

Gジェネレーションポータブル

 ジオン公国軍の汎用量産型MS。
 ザク恐の指揮官用タイプである。
 頭部に隊長機を示す角飾りを施した機体で,性能面での違いはない。

 備考

 MMP-80に関しては,紆余曲折があり,当初は120mmという記述がなされている資料も多い。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・0080]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年08月11日 14時44分53秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]機動戦士ガンダムMSパイロット名鑑<一年戦争編>