トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MS-06FS〕ガルマ・ザビ専用ザク

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ガルマ・ザビ専用ザク

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MS-06FS
兵器区分汎用量産型モビルスーツ指揮官用改装機
所属ジオン公国軍
パイロットガルマ・ザビ
製作データ
デザイナー大河原邦男
初出作品MSV
参考文献MSV
GUNDAM WAR ほか

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高17.5m
本体重量56.2t
全備重量Unknown
重量74.5t[1]
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown
装甲材質超綱スチール合金
黒歴史コード03-0030196

ランドセル

 F型のランドセルをベースとしながら,S型に近い意匠が盛り込まれている。別の機体のために開発されていた新型のロケットモーターを積載した機体もあり,FS型のスペック自体に幅が設けられている。

ブレードアンテナ

 基本的に通常のF型の指揮官機に使われているものの同等品。アンテナ基部の構造は,機関砲装備のため変更が加えられている。ただし,アンテナとしての機能そのものは代替品によって維持されている。

 武装

頭部30mm機関砲

 ザクの側頭部に左右計4門装備された機関砲で,FS型最大の特徴。口径こそ小さいが,門数が多いので,近接戦闘時における命中率はかなり高い。機構的にはB3グフなどに採用された35mmガトリング砲に近いが,装弾数が少ない上,威力も低いため,実戦では威嚇や牽制以外には効果が薄いと思われる。

ヒート・ホーク

 MSの白兵戦用の武器。ブレード部分が赤熱化し,敵の機体を溶断する。
 ガルマ・ザビ専用機は装飾,形状等全体がカスタマイズされたヒート・ホークを装備している。

マゼラ・トップ砲

 公国軍地上部隊のMBTマゼラ・アタックの主砲として使用されていた175mm砲を取り外し,MS用の手持ち兵器として改修したもの。マゼラ・アタックの砲塔は本体から分離してホバーにより自走するマゼラ・トップとしても運用されたため,この名称となっている。

ザク・バズーカ

 ザクが使用する大型火器のひとつ。口径は280mm。
 開戦当初は核弾頭の射出にも使用されたが,南極条約締結後は通常弾頭を装備している。

ザク・マシンガン

 公国軍のMS用マシンガン。新旧ザクのもっとも一般的な携行武装で,一年戦争の初期に多用された。

 概要

 MS-06FS《ザクFS型》は,ジオン公国軍が開発したモビルスーツMS-06F《ザク供佞離スタムアップ機で,指揮官向けに改装された機体である。
 いわゆる指揮官用性能向上機として開発されたMS-06S型とは異なり,あくまでもチューンナップやパーツ交換による機能強化が行われたのが,このFS型だと解釈するといいだろう。

 頭部に30mm機関砲(一説には40mmであったとする資料も存在する)が追加装備された点が大きな変更点であるが,それ以外の部分はF型と大きな性能差は存在していない,というのが一般的な定説である。

 FS型が有名になったのは,ザビ家四男のガルマ・ザビ大佐に対して与えられた機体が,事実上儀式用として宣伝されたことがきっかけであり,他の機体については著名な記録はほとんど存在していない。
 これは,先述した通り,本機のスペックがほとんどF型と大差ないことと,外見上の差異である頭部機関砲が,その装弾数の少なさもあってほとんど使用されていない(あるいは使用しても10秒程度で撃ち尽くしてしまうため,効果的な使用例が少ない)ため,ほとんどF型としての認知に留まった可能性も指摘されている。

 なお,一説によると本機はF型の生産ライン上で,完成度の高い機体がロールアウトするとこれをベースに改装したと言われており,その点でも実質的にF型の枠をはみ出す機体ではないであろう。
 さらに,こうした機体の多くは,ザビ家の例に漏れず,これに準ずる家柄の軍人に与えられたことから実質的に儀式用機体としての評価しかないため,本来の期待票かであるとは考えにくい面も多くなっている。

 本機は,ザビ家の四男,ガルマ・ザビ専用機として配備されたものであるが,実際に彼が搭乗し実戦に投入したことはないと言われており,儀式にて公開されたのみであった。
 しかしながら,一年戦争末期に実戦に投入されたとの噂も存在している。

 引用

GUNDAM WAR 新世紀の鼓動 ジオン公国軍 U-91

 ガルマ大佐用にカスタマイズが行われた機体。頭部にバルカン砲が増設されている他,茶系色のパーソナルカラーが施されている。第1次地球降下作戦では,この機体で指揮をとった。

 備考


 関連項目


 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・MSV]
[モビルスーツ・愚連隊]


最終更新時間:2015年05月16日 08時26分28秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]ガシャポン戦士実写シール