トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MS-06F〕ドズル・ザビ専用ザク

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ドズル・ザビ専用ザク

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MS-06F
兵器区分汎用量産型MSカスタマイズタイプ
所属ジオン軍
パイロットドズル・ザビ
製作データ
デザイナー大河原邦男
初出作品MSV
参考文献GUNDAM WAR

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高17.5m
本体重量57.6t
全備重量Unknown
重量78.5t[1]
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown
装甲材質超硬スチール合金
黒歴史コード05-2508606

 武装

ZMP-50D ザクマシンガン

 通常ザクマシンガンと呼ばれる公国軍のMS用マシンガン。新旧ザクのもっとも一般的な携行武装で,一年戦争の初期に多用された。

大型ヒートホーク

 MSの白兵戦用の武器。ブレード部分が赤熱化し,敵の機体を溶断する。

 概要

 本機は,MS-06F《ザク供佞離スタムタイプで,公国軍中将ドズル・ザビの専用機として用意された機体である。こうしたカスタム機は,多くの場合,シンボリックな意味合いのみを持たされ,実際に運用することは少ないのだが,ドズルは視察の名目で実際に実戦参加しており,こうしたシンボリックな機体としては珍しい事例である。
 しかしながら,ルウム戦役以降の搭乗記録は確認できず,格納庫に鎮座しているのみであったと考えられる。

 カスタマイズにおける最大の特徴は,ドズルの体躯に合わせてコクピットブロックが大型の物になっている点である。そのため,胸部のボリュームが一般機と比較して大きくなっているといわれている。
 また,右肩のシールドが廃止され,スパイクアーマーが取り付けられている。
 資料が確実に残っていない為はっきりとはわかっていないのだが,機体各所には黄色(又は金色)の帯状の塗装がされていたと言われるが,現在では,エングレービングだったとの説が有力である。
 なお,本機はソロモンの陥落に際して,格納庫で消失したと言われている。

 引用

ガンダムエース 2009/10付録 ガンダムエースコミックス MS COLLECTION

 ドズル・ザビ中将が戦場を視察した際に使用されたと言われるザクF型。両肩の4本のスパイクアーマーと,ドズルの体格に合わせコクピット容積を拡大している。大型のヒートホークを装備している。

 備考

1.

 本文中にも記しているが,元来MSVでは,MS-06F型とされていた機体である。
 しかし,近年S型表記も目立ってきているため,双方に項目を立ててある。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・MSV]
[モビルスーツ・蒼穹の勇者達]
[モビルスーツ・ギレン暗殺計画]


最終更新時間:2014年12月21日 21時49分59秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]ガシャポン戦士シール。近年の解釈で言えば「全備重量」に相当すると思われる。