トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MS-06A〕ザク

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ザク供弊莵堽婿嵯拭/ 第一次量産型ザク / 初期生産型

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MS-06A
兵器区分汎用量産型モビルスーツ
所属ジオン公国軍
パイロットジオン公国軍兵
製作データ
デザイナー大河原邦男
初出作品MSV
MSV-R
参考文献

 スペック

項目内容
全高17.5m
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
重量56.2t
重量74.5t[1]
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

ZAS-MI11

 MS-06の初期型に使用された熱核反応炉。ZAS社製。
 ロットにより,順次更新されている。

 武装

 06Aの武装は,時期によって異なっている。
 初期は,MS-05と同型のマシンガンを運用したようであるが,その後は装備品の更新も行われたようである。

105mmマシンガン

120mmマシンガン

 概要

 MS-06A《ザク供佞蓮ぐ貲戦争当時,ジオン公国軍の主力モビルスーツであったMS-06《ザク供佞虜任盻藉の仕様である。基本的には,後のMS-06CやMS-06Fとその外観に違いは無いが,両肩のアーマーが,MS-05と同様のタイプであった点が特徴となっている。
 ただし,実戦配備された機体は,通常のシールドとスパイク付アーマーが標準装備されたため,06Cや06Fとの外観的な違いはほとんど見分けが付かないレベルとなっている。

開発経緯

 公国軍上層部は,各地で試験運用されていたMS-05《ザク》の目覚ましい戦果に,モビルスーツを主体とした戦術大系の成功を確信し,更なるブラッシュアップを命じている。
 ジオニック社は,この要請に応える形でMS-05の改良プランを提示,MS-05C[2]として設計を進めた。しかし,実際に完成した機体は,MS-05から大幅な改良が行われており,外観デザインの違いも目立ったことから,新たに「MS-06」の型式が与えられた。
 U.C.0077年8月(異説も存在する)に試作機が完成,その性能の高さから直ちに量産に移行した。生産は,サイド3のジオニック社ズム・シティ工廠で行われ,完成した部品がサイド3内各工廠でノックダウン方式によって生産されている。
 だが,キシリア・ザビ大佐(当時)の「連邦軍のモビルスーツ開発を見こした装備の見直し」を求めた命令により,急遽再設計が行われることとなっており,この再設計によってMS-06Cが誕生することとなった。(なお,資料によってはこの段階で一時量産が中断したとも言われている[3]。)
 同年9月には,細部の設計変更が行われたMS-06Cに生産ラインは切り替えられており,A型の生産期間は短いものとなっている。(ただし,全ての生産ラインが一斉にC型に変更されたわけではなく,C型の生産が本格化する(U.C.0079年1月)までのおよそ半年間は,A型も平行生産されていた[4]と言われている。

 結果として,建造された機体は84機と言われ[5],そのほとんどが教導部隊に回されている。
 また,実戦部隊に配備された機体は,C型やF型同様の実戦仕様に改められており,右肩のシールドと左肩のスパイク付アーマーが標準装備となっている。同時に射撃管制装置(FCS)などアビオニクス系も変更が加えられており,外観や機動だけではA型であるかどうかについての判断は困難であるという。

 実際のところ,A型とC型との明確なスペック上の差違はなくなっており,再設計によって追加された兵装が搭載されたことで,同等の機種となってしまっている。
 しかし,細かい部分もC型では改修が行われており,使い勝手などの面ではC型が優れていたという。
 具体例をひとつあげると,コクピットの乗降方式の違いがある。
 A型は,正面から直接乗降するためにパイロットはコンソールを乗り越えて乗り降りすることとなることから,モニター類が汚れやすいと言った問題があった。対してC型は,コクピットレイアウトが変更されており,シートが横にスライドするように変更され,コンソールをまたいで乗り降りする必要はなくなっているのである。

運用

 記録に残るMS-06Aの戦闘記録はほとんど存在していない。
 これは,機種ごとの戦闘記録ではなく,「MS-06ザク」としての戦闘記録が残されているためで,実戦運用された06Aの評価を行うことは困難である。
 ただし,特徴的なカラーリングパターンが施された機体がいくつか確認されており,断片的ながらもこれらの記録は確認することができる。

 MS-05のカラーリングを踏襲した機体は,06Aの評価試験に用いられた機体のカラーリングのひとつで,機体全体はMS-05に準じたグリーンとブルーで塗装されているが,頭部にホワイトのラインが入っているのが特徴的である。
 このカラーリングは,月の裏側の宙域で試験運用された機体で,おそらくはグラナダ基地所属の機体である。
 この機体は,模擬戦闘中の様子を収めた記録が残されており,同様のカラーリングの機体の多くは,このグラナダ方面での試験機だった可能性は高い。

 引用

ガシャポン戦士付属シール MSV-48

 MS-06ザク,初の量産機である。旧型ザクを全面的に再設計し,完成をみた。両肩のアーマーにスパイクがないのが大きな特徴である。生産数はすくない。

 備考

デザインについて

 厳密に言えば,MSVでは画稿は描かれておらず,正式に画稿がおこされたのは,MSV-Rでのことである。
 初出という意味で言えば,正しくは「ガンダムセンチュリー」だが,こちらでは文章で簡単に触れられただけで,詳細な設定はMSVで与えられている。また,カラーリングについては,ガシャポン戦士でのオリジナルで,これがMS-05に準じたカラーリングであった。(MSV-Rのものは,これに準じているが,一部微妙に違っている。ただし,ある意味SDとのデザインの違いによるものとも言えるため,本Wikiでは区別していない。)

 なお,機体形状の描写,特に両肩アーマーについては,EBシリーズで詳細に触れれているが,初出についてはまだ確定していない。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・MSV]
[モビルスーツ・MSV-R]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年07月16日 19時58分30秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]ガシャポン戦士シール/おそらく全備重量か
  • [2]GUNDAM OFFICIALS
  • [3]EB MS大図鑑 part.1 一年戦争編
  • [4]GUNDAM OFFICIALS
  • [5]PG MS-06 インスト