トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

〔MS-06〕ボルジャーノンの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
>>[[ユーザーファイル入口|USER/〔MS-06〕ボルジャーノン]]
!!!ボルジャーノン
*[MS]
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,型式番号,MS-06
,兵器区分,汎用型機械人形
,所属,ルジャーナ・ミリシャ
,パイロット,ギャバン・グーニー{{br}}エイムズ{{br}}ジョン{{br}}ソシエ・ハイム{{br}}メシェー・クン{{br}}他
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,大河原邦男 / リデザイン:重田敦司
,デザイナー,重田敦司
,初出作品,∀ガンダム
,参考文献,GUNDAM WAR

,参考文献,GUNDAM WAR ほか
!!スペック
,項目,内容
,全高,UN
,頭頂高,17.5 m 
,本体重量,UN
,全備重量,UN
,ジェネレータ出力,UN
,スラスタ推力,UN
,全高,17.5m
,頭頂高,17.5m
,本体重量,Unknown
,全備重量,Unknown
,ジェネレータ出力,Unknown
,ジェネレータタイプ,MY型
,スラスタ推力,Unknown
,黒歴史コード,02-4187904

!!武装
!ボルジャーノンマシンガン
!ボルジャーノンバズーカ
!クラッカー
!!概要
ルジャーナのマウンテンサイクルから発掘された機械人形。
ルジャーナの領主であるボルジャーノ公にあやかって,ボルジャーノンと命名された。(なお,ムーンレィスの末裔にあたるレット隊には,「ザク」と呼称された。)
黒歴史の遺物として発掘された物であり,(作中では描写はなかったが)イングレッサ領のカプル同様の発掘風景だった物と思われる。
ルジャーナにおけるミリシャの機械人形部隊であるスエサイド部隊の機体として配備され,イングレッサのカプルとともにミリシャ側の貴重な戦力として運用された。
 MS-06《ボルジャーノン》は,ルジャーナのマウンテンサイクルから発掘された機械人形(モビルスーツ)である。
 その巨大な人型の機械は,ある意味畏怖をもって受け入れられ,自らの領内の軍(ミリシャ)の象徴ともなったこともあり,機体は,ルジャーナの領主であるボルジャーノ公にあやかって,ボルジャーノンと命名された。(なお,ムーンレィスの末裔にあたるレット隊には,「ザク」と呼称されている。)
 ルジャーナにおけるミリシャの機械人形部隊であるスエサイド部隊の機体として配備され,イングレッサのカプルとともにミリシャ側の貴重な戦力として運用された。

機体自体は,非常に扱いやすくバランスのとれた機体であったらしく,ムーンレィス側の運用した機体とも互角に渡り合っていた。しかしながら,どの戦線でも無難に用いられるということであり,(カプルの水中戦適応能力のような)突出した部分は持っていなかったようである。
また,発掘時に専用の武装も数多く発見されており,そういった意味では運用まで含めた一パッケージで発掘されたといっていいだろう。
この専用武装は,120mmマシンガン,クラッカー,240mmバズーカなどといった実弾系兵装であり,(特殊な技術を用いた物ではなかったこともあり)整備も比較的簡単だったようだ。
 機体自体は,非常に扱いやすくバランスのとれた機体であったらしく,ムーンレィス側の運用した機体とも互角に渡り合っていた。しかしながら,どの戦線でも無難に用いられるということであり,(カプルの水中戦適応能力のような)突出した部分は持っていなかったようである。
 また,発掘時に専用の武装も数多く発見されており,その点では運用まで含めた一パッケージで発掘されたといっていいだろう。この専用武装は,120mmマシンガン,クラッカー,240mmバズーカなどといった実弾系兵装であり,(特殊な技術を用いた物ではなかったこともあり)整備も比較的簡単だったようだ。

なお,型式番号などは,黒歴史に残る一年戦争の機体,「ザク」であるが,その機体構成は,当時見られたいずれの機体とも異なっている。
これは,ナノマシンが新たなデータを取り込んで独自の改良を行った物と思われる。

 なお,型式番号などは,黒歴史に残る一年戦争の機体,「ザク」であるが,その機体構成は,当時見られたいずれの機体とも異なっている。
 これは,ナノマシンが新たなデータを取り込んで独自の改良を行った物と思われる。
!!引用
!GUNDAM WAR 宇宙の記憶 ∀ U-10
ルジャーナ領ミリシャが発掘した機械人形。ルジャーナ領主の名字を取って,「ボルジャーノン」と名づけられた。ミリシャではモビルスーツの事を機械人形と呼ぶ。

!GUNDAM WAR ベースドブースター3 ∀ U-42
スエサイド部隊の主力を担う機械人形。ギャバン・グーニー亡き後の部隊をまとめるエイムズが搭乗。ルジャーナ・ミリシャの代表として,ウィルゲムの月都市への遠征にも参加している。
※カード名は,「ボルジャーノン(エイムズ機)」。

!GUNDAM WAR 新世紀の鼓動 ∀ U-42
ルジャーナ・ミリシャに所属する「スエサイド部隊」の機械人形。エイムズはギャバン亡き後,僚友のジョンと共に,最後まで,この戦乱をくぐり抜け,ロランたちを支え続けた。
※カード名は,「ボルジャーノン(エイムズ機)」。

!GUNDAM WAR 革新の波濤 ∀ U-58
ルジャーナ・ミリシャの「スエサイド部隊」に所属する,ジョンのボルジャーノン。エイムズと一緒に,月への遠征に同行するなど,戦乱の中,常に戦場の最前線で活躍し続けた。
※カード名は,「ボルジャーノン(ジョン機)」。 

!GUNDAM WAR ベースドブースター ∀ U-66 / -EXTENSION BOOSTER- ∀ U-66
ルジャーナ領主ボルジャーノ麾下の,ルジャーナ・ミリシャが発掘した機械人形。マシンガンやバズーカ等,多彩な武装を使用できるが,ムーンレィスのMSとの火力差は,歴然であった。

!GUNDAM WAR 刻の末裔 ∀ U-82 / -EXTENSION BOOSTER- ∀ U-82
マニューピチの攻略時に,ソシエ・ハイムが搭乗した機体。ウォドムの頭部を流用した,固定砲台の攻略作戦において,ロランをはじめとする潜入部隊の為に,敵を引き付ける囮役となった。
※カード名は,「MS-06 ボルジャーノン(ソシエ・ハイム機)」。

!GUNDAM WAR 禁忌の胎動 ∀ U-100
ルジャーナ領のマウンテン・サイクルで発掘されたMS。領主ボルジャーノ公の名を戴いて命名された機体で,同時に発見された多数の武器を使いこなし,ミリシャの主力として活躍した。

!GUNDAM WAR DS前線のフォトグラフ ∀ U-109
ルジャーナ領で発掘された機械人形。ギャバン・グーニー率いるスエサイド部隊が使用。初期こそハリーのゴールドスモーに完封されたが,次第にミリシャの主力として戦況に貢献した。
※カード名「ボルジャーノン(スエサイド部隊機)」。

!GUNDAM WAR 放たれた刃 ∀ U-113
スエサイド部隊の隊員エイムズの機体。性能で遥かに勝るディアナ・カウンターのMSを相手に,ギャバン,ジョンらと共に連係を巧みに用いて対抗。ルジャーナ・ミリシャの中核を担った。
※カード名は「ボルジャーノン(エイムズ機)」

!GUNDAM WAR 放たれた刃 ∀ U-114
スエサイド部隊の隊員ジョンの機体。性能で遥かに勝るディアナ・カウンターのMSを相手に,ギャバン,エイムズらと共に連係を巧みに用いて対抗。ルジャーナ・ミリシャの中核を担った。
※カード名は「ボルジャーノン(ジョン機)」

!GUNDAM WAR 武神降臨 ∀ U-116
スエサイド部隊の隊長,ギャバン・グーニーの機体。ゼノア隊がロストマウンテンで発見した核爆弾を,普通の高性能爆弾と思い込んで奪取。続く戦闘のさなか,核が放つ光の渦に消えた。
※カード名は「ボルジャーノン(ギャバン機)」

!Gジェネレーションポータブル
ルジャーナ・ミリシャのMS。
ルジャーナのマウンテンサイクルから発掘された機体で,ルジャーナのMS部隊「スエサイド隊」の主力機となった。
マシンガンやバズーカ,クラッカーなどで武装し,MSとしては標準的な性能を持つ。
地球側の主力兵器の1つとして使用され,ディアナ・カウンターやギンガナム隊のMSと激闘を繰り広げている。
なおムーンレィスのレット隊からは,「ザク」という名称で呼ばれていた。

!GUNDAM FACT FILE 用語辞典
ルジャーナ・ミリシャの主力となる機械人形。ルジャーナ領の首都オールストンの西に位置するマウンテンサイクルから大量に発掘されたため,領主であるボルジャーノ公の名を冠してこう呼ばれるようになった。イングレッサ・ミリシャが運用するカプルに比べると人間的な外観をなしているのが特徴。特にマニピュレーターは5本の指を擁する人間型であり,バズーカやマシンガン,ヒートホークやクラッカーといったさまざまな携行兵装を使用できることから優れた汎用性を発揮した。主な搭乗者はスエサイド部隊の面々(ギャバン・グーニー,エイムズ,ジョン他)。

ムーンレイスの子孫であるレット隊は,ボルジャーノンを「ザク」と呼んでいた。「ガンダム」の名が"黒歴史"で語り継がれていたように,ザク=ボルジャーノンもその筋では有名な機体であったらしい。

!小説(福井版)描写抜粋
ルジャーナ領内で発見されたマウンテン・サイクル供宗愁ぅ鵐哀譽奪蟻Δそう呼んでいるだけで,ルジャーナ側は自分たちのマウンテン・サイクルが元祖だと主張しているが――から発掘されたモビルスーツは,〈カプル〉よりさらに数世代遡った旧式で,モビルスーツが開発されて間もない頃の機体と思われたが,甲冑をまとった人間を想起させるフォルムは,局地戦用の〈カプル〉にはない高い汎用性を誇っていた。コクピットには(MS−06F ZAKU供咾旅鎔があったそうだが,ルジャーナのパイロットたちは〈ボルジャーノン〉の名称で呼んでおり,これは領主のボルジャーノ公が直々に命名したとのことだった。

 ルジャーナ領主ボルジャーノ麾下の,ルジャーナ・ミリシャが発掘した機械人形。マシンガンやバズーカ等,多彩な武装を使用できるが,ムーンレィスのMSとの火力差は,歴然であった。
!!備考

 作中では描写はなかったが,イングレッサ領のカプル同様の発掘風景だった物と思われる。
!!関連項目
*[[MS-LEXOCONのデータを参照する|MS-LEXICON:ボルジャーノン]]
!!編集者
*あさぎり
*ダメガノタ(仮名)さん
----
{{category MS/MA・M}}
{{category モビルスーツ・∀}}
{{category 加筆募集・MS}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。