トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

〔MS-05〕ザク気諒儿硬

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!ザク / 旧ザク
>>[[ユーザーファイル入口|USER/〔MS-05〕ザク]]
!!!ザク
*[MS]
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,型式番号,MS-05
,兵器区分,汎用量産型MS
,所属,ジオン軍
,パイロット,ガデム{{br}}他
,型式番号,MS-05{{fn 実質的には,MS-05A/Bの集約項目に相当する。備考参照。}}
,兵器区分,汎用量産型モビルスーツ
,所属,ジオン公国軍
,パイロット,公国軍兵
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,大河原邦男
,初出作品,機動戦士ガンダム,MSV
,参考文献,Gジェネレーションポータブル

,初出作品,機動戦士ガンダム{{br}}(MSV)
,参考文献,
!!スペック
,項目,内容
,全高,UN
,全高,Unknown
,頭頂高,17.5m
,本体重量,65.5t
,全備重量,UN
,全備重量,Unknown
,ジェネレータ出力,899kw
,スラスタ推力,40700kg
,装甲材質,超硬スチール合金
,開発基地,ズムシティ
,製造メーカー,ジオニック社,他OEM各社

!ZAS-MI8B
ザク気謀初使用された熱核反応炉。
 ザク気謀初使用された熱核反応炉。
 開発ロットにより,使用されている反応炉も更新されているため,時期によって出力も異なっている。
 一般的に見られる899kwの融合炉は,後期型(B型)のさらに終盤のロットのものだと考えられる。
!!武装
!105mm マシンガン

!ザク・マシンガン
!対艦ライフル
!ザク・バズーカ
!ヒート・ホーク
!!概要
史上初めて実戦仕様のMSとして完成したのが本機,MS-05である。
この機体は,MS-05の初期に納入された機体である。
本機を元に様々な試験が行われ,機体の問題点を洗い出し,実戦仕様の機体へとフィードバックしていった。(MS-05Aとされることもある。)
細かい点を除けば,後のB型と変わらないが,大きな相違点として胸部装甲中心部にエッジがたっていることがあげられる。(B型は曲面で構成された装甲に変更されている)
 MS-05《ザク機佞蓮ぅ献ン公国軍が量産した史上初のモビルスーツである。ミノフスキー博士の理論を採用した小型融合炉を搭載することで,人型汎用兵器として完成したMS-04《プロトタイプザク》をベースに,生産性や整備性を重視して再設計した機体であり,「人型機動兵器としての完成度」を求めた結果,先に開発されていたMS-04は量産化するにはコストオーバーな機体となってしまったことから,量産化と実戦配備に向けて実用レベルにまとめるために再設計された機体である。
!開発経緯
 元々,ミノフスキー粒子の発見と,粒子の持つ特殊な効果の再現に成功した公国軍は,これを利用した兵器を開発することで,地球連邦との圧倒的国力差を覆すことを目的に既存の概念を覆す新型兵器の開発を進めていた。そして,その新型兵器こそがモビルスーツ(以下,MS)であったのである。
 MSが現在に近い形を獲得したのは,研究の開始から2年後のU.C.0073年で,MSの名を冠されるのもこの年であった。まず,外部制御,外部動力による稼働試験機MS-01が造られ,続いて制御機器内装による稼働試演機MS-02が造られた。そして,短時間ながら独立稼働が可能な試験機MS-03を経て,ミノフスキー超小型反応炉搭載の稼働試験機MS-04が完成し,実戦投入の目途が立った。
 このMS-04を実戦向きに再設計したMS-05が完成したのは,U.C.0074年2月であった。

!劇中補足
初登場は,機動戦士ガンダム第3話「敵の補給艦を叩け!」であり,シャアのムサイに補給に赴いたパプアの艦長,ガデムが使用した場面である。
この時点では,単に旧式としての扱いではあったが,モビルスーツが系統立てて進化していることを示すという大きな意味合いがあった。(ただし,この場合の呼称はあくまで「旧式のザク」。)
その後,劇場版でア・バオア・クーにおいて防衛部隊によって運用されている描写が描かれ,新旧のMSが混在して運用されていることを明確に絵として示した。
これにより,ザク系統の発展についての意識付けがなされ,その後の様々な媒体への波及が始まったと言っていいだろう。
 誕生したMS-05は,MS-04で完成の域に達していた「兵器としてのパッケージング」を更に進め,製品としてのクオリティコントロールまで為しえるものとなっていた。
 初期に誕生した27機は,いわばそのための評価機であり,これを俗にMS-05Aとする。(蛇足ながら,A型とB型の機体的な差違はほとんどない。細かい部分,例えば胸部装甲が被弾を考慮した局面型にB型では変更されている,といった点などが挙げられる。)
 同年5月には,OEM各社への標準仕様ともいえるMS-05Bがロールアウトし,この段階で実戦可能な標準仕様が確定したのである。
 このB型は,細かい改良が続けられながら,793機が生産されているが,これも生産時期や生産メーカーによって機体に細かい差異が認められるものとなっている。
 生産された機体のほとんどが,極秘裏に戦闘運用を行う部隊や,MSによる戦術大系の構築を担う教導機動大隊に配備され,運用されており,これらで得られたデータを元に,さらなる改良が加えられていったのである。

 だが,MS-05は充分に優秀な機体であったが,各種の戦術や部隊編成,大隊規模の作戦行動における稼働時間など,様々な問題も表面化していた。これらは主にボディ内部の容積率の問題から,動力系の機能向上が限界に達していたためと言われ,性能を維持あるいは更新しつつ,生産性や整備性の一層の向上が求められていったのである。
 このため,ジオニック社では,次なる大規模な改良において従来の発想にとらわれない大幅な改良を施すこととなった。MS-05Cの仮コードで開発が進められた機体は,MS-05の抱えていた様々な問題点を洗い出し,つぶしていくことでその外観を含め,大きな変化を遂げることとなったのである。
 U.C.0077年,完成した機体には,新たにMS-06の型式コードが与えられることとなった。後の歴史に名を残す,MS-06《ザク(ザク供法佞涼太犬任△襦この機体の誕生によってMS-05からMS-06への主力機の以降は確実となり,生産ラインは(一部組み替えが困難であったものを除き)全てMS-06へと切り替えられたのだった。

 だが,MS-05が姿を消したのではなく,後方へと退いたのみであり,数多くの部隊でMS-05の運用は続けられていたのである。
!!引用
!ガンダム占い0079〜0080
史上初の実戦用量産型MSで,820機が生産されている。初期先行試作量産型の27機は,初のMS部隊としてグラナダの教導機動大隊に配備され,パイロットの養成と戦技研究に用いられた。この機体の運用データが,後にMS-06を誕生させることになる。一年戦争開戦時には,数多くのザク気投入されたが,すでにMS-06の本格配備が行われており,前線ではなく補給部隊などでの作業に用いられることが多かった。

!GジェネレーションDS
一年戦争においてジオン軍が投入した初の量産MS,宇宙世紀史上,初めて兵器として実戦投入されたMSであり,それまでの戦闘概念を一気にくつがえすこととなった記念すべき機体である。
とはいえ開戦後間もなく後継機であるザク兇房舂呂虜造鮠り,一年戦争末期には「旧ザク」という別名で呼ばれるまでにロートル化してしまった。

!Gジェネレーションポータブル
ジオン公国軍の汎用量産型MS。
ジオン公国初,そして人類初の量産型MSであり,また名機MS-06ザク兇離戞璽垢砲發覆辰慎‖里任發△襦
後に開発されるザク兇鉾罎戮篤偉賄礎7呂篆篆丙淪椴未覆匹北簑蠅呂△襪,それでも戦闘用MSとして十分な完成度に達している。
一年戦争初期はジオン軍の主力機として用いられ,ブリティッシュ作戦などに投入されて多大な戦果を上げている。
しかしザク兇寮源困進むにつれ,次第に旧式化して前線を退いていった。大戦中盤以降はもっぱら輸送部隊の作業などに用いられている。
また大戦末期には,拠点防衛などに使用されることもあった。
劇中では,非武装でガンダムに挑んで敗れたガデムの乗機が印象深い。

!1/100 MG ザクJ型 Ver.2.0
生産時期によってA型とB型に分類されるほか,後方任務や現地改修機もある。800磯以上生産された史上初の量産型MS。

!1/60 PG ザクF型 インストラクション
 当時の段階で実戦投入の目安とされていたスペックを一通り達成し,初の実戦型MSと呼ばれるMS-04をベースに,各部の機構や構造を徹底的にブラッシュアップして完成した実質的な量産型MS。教導機動大隊編成に伴って,MSという兵器そのものの検証や戦略,戦術を模索するテストヘッドとなった。

!GUNDAM WAR EXTENSION BOOSTER2 ジオン公国 U-183
ジオン軍の旧式MS。パプア級輸送艦の艦長ガデム少佐の搭乗機。木馬の奇襲に艦を失った為,丸腰に関わらず自らが出撃して格闘戦を挑んだが,噴煙の中で不意をつかれて撃破されている。

!機動戦士ガンダムMSパイロット名鑑<一年戦争編>
ジオン公国軍初の量産型MS。大戦初期のブリティッシュ作戦で多大な戦果を上げた。のちの傑作機であるMS-06のベースとなった。MS-06の量産化が完了すると,その役目を終え,前線を退いた。

 史上初の実戦用量産型MSで,820機が生産されている。初期先行試作量産型の27機は,初のMS部隊としてグラナダの教導機動大隊に配備され,パイロットの養成と戦技研究に用いられた。この機体の運用データが,後にMS-06を誕生させることになる。一年戦争開戦時には,数多くのザク気投入されたが,すでにMS-06の本格配備が行われており,前線ではなく補給部隊などでの作業に用いられることが多かった。
!!備考
!1
一般的に,MS-05とした場合,A型B型含むと考えた方が良いだろう。
実際,引用文はMS-05となっているが,実質的にはB型を表した文章であると考えられる。
!2
「ザク機廚箸いΕ諭璽潺鵐阿1981年発行のムック「ガンダムセンチュリー」が初出の非公式設定であったが,プラモデルやゲーム関連の設定では早くからこれが取り入れられていた。しかし,フィルムとして公式にこの名称が登場したのは,MS IGLOO 第3話であり,真の意味での公式化は,この時点で初めて成された。

!型式について
 MS-05の初出は,機動戦士ガンダム第3話「敵の補給艦を叩け!」であり,シャアのムサイに補給に赴いたパプアの艦長,ガデムが使用した場面であるが,この時点では,単に旧型のザクとしての扱いであり,モビルスーツが系統立てて進化していることを示すという大きな意味合いはあったものの,現在の様な型式まで含めた系統立てたものではなかった。
 実際,「ザク機廚箸いΕ諭璽潺鵐阿1981年発行のムック「ガンダムセンチュリー」が初出の非公式設定であり,公式に認知されたものではなかったが,プラモデルやゲーム関連の設定では早くからこれが取り入れられていったこともあり,「ガデムの旧型ザク=MS-05=ザク機廚箸い図式が成立したのである。
 しかし,フィルムとして公式にこの名称が登場したのは,これからだいぶ後のことになる。
!本項について
 知っての通り,MS-05は開発当初のA型,その後の生産型のB型があるが,意外にMS-05のみの表記の資料も多い。実際のところは,生産型であるB型がほとんどであるが,明確にA/B明記されていないものは,単にMS-05でまとめている。
 このため,本項はMS-05系列の統合的項目としての意味合いがあるが,資料的にはそのほとんどのデータが,MS-05Bに集中しているため,そちらを参照するのがいいだろう。
!!関連項目
*[[〔MS-05〕ザク]]
*[[〔MS-05〕ザク機淵好織鵐僖灰譽ション)]]
*[[〔MS-05〕ザク機淵好織鵐僖灰譽ション/阿像)]]
*[[〔MS-05〕ザク機淵好織鵐僖灰譽ション/吽像)]]
*[[〔MS-05〕ザク機淵侫Д鵐螢訛盻蠡圧 ]]
*[[〔MS-05〕ザク機弊鞍中隊所属機)]]
*[[〔MS-05〕ザク機癖箋訝翅盻蠡圧 ]]
*[[〔MS-05〕ザク機淵丱此璽ラッチ付き)]]

!!編集者
*あさぎり
----
!!!ザク機淵好織鵐僖灰譽ション)
*[MS]
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,型式番号,MS-05
,兵器区分,
,所属,スタンパ・ハロイ
,パイロット,-
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,-
,初出作品,機動戦士ガンダムZZ
,参考文献,-
*[[〔MS-05〕ザク機聞い三連星ガイア機/オリジン アニメ版)]]
*[[〔MS-05〕ザク機聞い三連星オルテガ機/オリジン アニメ版)]]
*[[〔MS-05〕ザク機聞い三連星マッシュ機/オリジン アニメ版)]]
*[[〔MS-05〕ザク機淵轡礇◆Ε▲坤淵屮訐賤儺/オリジン アニメ版)]]
*[[〔MS-05〕ザク機淵好譽鵐澄宍/オリジン アニメ版)]]
*[[〔MS-05〕ザク機淵妊縫犁/オリジン アニメ版)]]

!!スペック
,項目,内容
,全高,UN
,頭頂高,UN
,本体重量,UN
,全備重量,UN
,ジェネレータ出力,UN
,スラスタ推力,UN
*[[〔MS-05〕ザク機淵リジン版)]]
*[[〔MS-05〕ザク機淵デム機/オリジン版)]]
*[[〔MS-05〕ザク機聞い三連星機/オリジン版)]]
*[[〔MS-05〕ザク機淵轡礇◆Ε▲坤淵屮訐賤儺/オリジン版)]]
*[[〔MS-05〕ザク機淵薀訛眷枷機/オリジン版)]]

!!武装

!!概要
スタンパ・ハロイがコレクションしていたレプリカ。
全身が緑色のMS-06F風塗装だった。
!!引用

!!備考

!!関連項目

*[[〔MS-05〕ザク機ALIVE版)]]
*[[〔MS-05〕ザク機淵┘螢供Ε悒屮鶺 ]]
*[[〔MS-05A〕ザク]]
*[[〔MS-05B〕ザク]]
!!編集者
*あさぎり
----
!!!ザク機憤ち)
*[MS]
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,型式番号,MS-05
,兵器区分,-
,所属,スタンパ・ハロイ
,パイロット,-
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,-
,初出作品,機動戦士ガンダムZZ
,参考文献,-

!!スペック
,項目,内容
,全高,UN
,頭頂高,UN
,本体重量,UN
,全備重量,UN
,ジェネレータ出力,UN
,スラスタ推力,UN
!!武装

!!概要
スタンパ・ハロイがコレクションしていたレプリカ。
灰色に塗装された機体で,金剛力士像(阿像)のような姿で陳列されていた。
!!引用
!GUNDAM WAR 蒼海の死闘 ネオジオン U-113
スタンパ・ハロイ邸の門番として,門の左脇に置かれている機体。仏閣の金剛力士像を模した灰色のザクIのレプリカで,屋敷の主人の醜悪な成金趣味のコレクションの1つ。 

!!備考

!!関連項目

!!編集者
*あさぎり
----
!!!ザク機片濮)
*[MS]
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,型式番号,MS-05
,兵器区分,-
,所属,スタンパ・ハロイ
,パイロット,-
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,-
,初出作品,機動戦士ガンダムZZ
,参考文献,-

!!スペック
,項目,内容
,全高,UN
,頭頂高,UN
,本体重量,UN
,全備重量,UN
,ジェネレータ出力,UN
,スラスタ推力,UN
!!武装

!!概要
スタンパ・ハロイがコレクションしていたレプリカ。
灰色に塗装された機体で,金剛力士像(吽像)のような姿で陳列されていた。
!!引用
!GUNDAM WAR 蒼海の死闘 ネオジオン U-114
スタンパ・ハロイ邸の門番として,門の右脇に置かれている機体。仏閣の金剛力士像を模した赤色のザクIのレプリカで,屋敷の主人の醜悪な成金趣味のコレクションの1つ。
!!備考

!!編集者
*あさぎり
----
{{category MS/MA・M}}
{{category モビルスーツ・1st}}
{{category モビルスーツ・ZZ}}
{{category モビルスーツ・蒼穹の勇者達}}
{{category 加筆募集・MS}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。