トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

〔MS-05〕ザク機聞い三連星機/オリジン版)の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
>>[[ユーザーファイル入口|USER/〔MS-05〕ザク]]
!!!ザク機淵リジン版)
*[MS]
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,型式番号,MS-05
,兵器区分,汎用量産型モビルスーツ
,所属,ジオン公国軍
,パイロット,ガイア{{br}}オルテガ{{br}}マッシュ
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,大河原邦男{{br}}アレンジ:安彦良和
,初出作品,ガンダム・ジ・オリジン
,参考文献,
!!スペック
,項目,内容
,全高,Unknown
,全幅,8.2m
,頭頂高,17.4m
,本体重量,Unknown
,全備重量,Unknown
,ジェネレータ出力,Unknown
,スラスタ推力,Unknown
※スペックはアニメ版のもの。
!!武装
!ザク・マシンガン
!対艦ライフル
!ザク・バズーカ
!ヒート・ホーク
!!概要
 MS-05《ザク機佞蓮ぅ献ン公国軍が量産した史上初のモビルスーツである。ミノフスキー博士の理論を採用した小型融合炉を搭載することで,人型汎用兵器として完成したMS-04をベースに,生産性や整備性を重視して再設計した機体であり,「人型機動兵器としての完成度」を求めた結果,先に開発されていたMS-04は量産化するにはコストオーバーな機体となってしまったことから,量産化と実戦配備に向けて実用レベルにまとめるために再設計された機体である。
 被弾防止のために動力パイプを内蔵した結果,機動性・反応性についてはMS-04に劣るものとなってしまったが,トータルバランスでは優れた機体となった。(なお,この動力パイプの問題は,高性能化においてネックとなったため,後継であるMS-06では再び外装式に改められている。)

 史上初のモビルスーツ戦に投入されて以降,量産が進められ,公国軍の一翼を担う機体となった。
 しかし,一年戦争勃発時には,その改良型のMS-06が主力となっており,本機は後方での支援任務が主となっていた。
!黒い三連星機
 本機は,初期生産型の1機で,独立戦争の開戦を待たずに月面で展開した史上初の対モビルスーツ戦「スミス海の戦い」に実戦投入された機体である。
 搭乗者は,後に黒い三連星と呼ばれる特務チームのメンバー,ガイア,オルテガ,マッシュで,ダークグレーで塗装された初期量産型のMS-05で参戦している。
!!引用

!!備考

!区分について
 これまでオリジン版に関しては,基本的にアニメ版・漫画版問わずにカテゴライズしていたが,MSDの展開とともに同一の機体でありながら従来の開発系譜と異なったモビルスーツが登場することとなった。また,旧来のMSVと同一の機体でありながらも,細部が異なる機体がほとんどであるため,2018年6月をもって,区分の再編を行っている。
 カテゴリについては,漫画版を「オリジン」,アニメ版を「オリジン/A」,MSD版を「MSD」として区分を行い,アニメ版とMSD版は展開上,双方のカテゴリに所属する場合もある,という形にした。
!!関連項目

!!編集者
*あさぎり
----
{{category MS/MA・M}}
{{category モビルスーツ・オリジン}}
{{category 加筆募集・MS}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。