トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MS-04〕プロトタイプザク(試作機)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

プロトタイプザク(試作機)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MS-04
兵器区分試作モビルスーツ
所属ジオン公国軍
パイロットミオン・ホシオカ
製作データ
デザイナー大河原邦男
コミック用アレンジ:山崎峰水
兼房光(MSコレクション)
初出作品Developers〜機動戦士ガンダム Before One Year War
参考文献

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

 武装

 無し

 概要

 本機は,ジオニック社がホシオカ重機など系列各社に製造を発注したMS-04《プロトタイプザク》の開発試作機である。

 MS-04は,MS-01からMS-03までの各試作機で得られたデータを元に設計された機体で,MS-03で一段落ついた基本設計を本格的な量産製品としてロールアウトさせるための機構整理の段階に移ったものである。
 従って,MS-03まではあくまでも実験段階の機体であり,真の意味でモビルスーツと言えるのは,このMS-04からであろう。

 MS-04では,MS-03で問題になっていたジェネレータの出力不足の解消(新型ジェネレータの搭載),実戦兵器としての装甲不足の解消の2点が主たる改良点で,特にジェネレータは,ミノフスキー物理学の進歩とその応用によって従来とは比較にならない高出力のものが誕生したことで,長年の懸案が一気に解消している。
 結果として,「人型機動兵器」としては十分な成果が得られたことから,本格量産への道筋がつき,ギレン・ザビは開戦の決意をしたとも言われている。
 このMS-04の各部の整理やコストダウンを経て誕生したのが,MS-05であり,更なるブラッシュアップの末に誕生したMS-06を含め,モビルスーツを代表する機体となっていくのである。

 なお,MS-04の名称であるが,当初は単に試作MS4号機でしかなかったが,戦史の整理においてザクを生み出す基となったことから,プロトタイプザクと呼ばれるようになったとされているが,一説によると当初は単に「ザク」と呼ばれた機体としてはMS-04が初だったとも言われる。

MS-04試作型

 MS-04では,モビルスーツという新たなフォーマットの「製品」を造り上げるための手段として,実際に開発を進めながらの改良が行われており,様々なトライ&エラーが繰り返された。
 ジオニック社から各社に行われたMS-04の製造発注に際しても,発注段階では暫定的な設計であった部分も多く,記録に残るホシオカ重機製の試作機は,手が5指では無い(三本指のマニピュレータだった)など,細部がかなり異なっている。

 ホシオカでは,この実機を用いて,実際に様々な作業を行うことで問題点の洗い出しを行っており,実際のMS-04の開発に大きな功績を残すこととなった。

 引用

ガンダムエース 2009/10付録 ガンダムエースコミックス MS COLLECTION

 作業機器製作工場「ホシオカ」が,ジオニック社の依頼を受け開発した汎用作業MS。すべてのMSの原型となる機体で,MS-05ザク気隆霑辰箸覆辰討い襦04試作機としてホシオカ製のプロトタイプが2機生産されている。

 備考

 デベロッパーズにてMS-04の完成までが扱われた関係か,最近の資料では,MS-04のパイロットがエリオット・レム,ミオン・ホシオカなどとなっており,定着しつつあるようである。(逆に言えば,デベロッパーズの扱いが,ほぼ公式に準じているということになる。)
 本サイトでは,デベロッパーズ版の初期型(三本指)をMS-04試作型,コンペ出展機をMS-04と分類している。この初期型であるが,劇中では,あくまで「MS-04のための試作機」といったニュアンスでの発言(04試作機)しかなされておらず,基本的な部分のみで組み上げられたデータ収集機といった方がいいと思われる。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・デベロッパーズ]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年07月16日 19時54分36秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注