トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MS-04〕ブグ(ランバ・ラル機)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ブグ

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MS-04
兵器区分汎用試作型モビルスーツ
所属ムンゾ自治共和国
パイロットランバ・ラル
製作データ
デザイナーカトキハジメ
初出作品機動戦士ガンダムTHE ORIGIN
参考文献

 スペック

項目内容
全高Unknown
全幅9.3m
頭頂高17.5m
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

 武装

マシンガン

ヒート・ホーク

 概要

 ムンゾ自治共和国において進められていた新型兵器「モビルスーツ」の開発は,トレノフ・Y・ミノフスキー博士が開発に参画したことで大きな進歩を見せることとなった。博士が開発した小型の核融合炉と流体パルスシステムは,従来の機体のネックとなっていた部分を解消しただけではなく,さらなる発展性をも見せたのである。
 これらシステムを最初に搭載したYMS-03《ヴァッフ》は,良好な成果を挙げ,得られた各種データを元に,実用兵器としての設計が加味された初の本格的な実戦用モビルスーツとして誕生したのが,MS-04《ブグ》なのである。
 流体パルスシステムによって四肢の駆動の速度の上昇などから機動性,運動性ともに従来機を超えた高い性能を獲得することに成功したが,反面,高性能な試作機として生産性,コストを度外視した結果,大量生産には向かない機体となっていた。

 このため,生産型としての再設計が施されることとなり,MS-05《ザク機奸陛時は単に「ザク」であった)が誕生した。
 MS-05ではMS-04で露出していた動力伝達ケーブルを敵機からの被弾による損傷を避けるために装甲内に収容することとしたが,結果として取り回しがしにくくなったことで,伝達じのエネルギーロスなどが発生し,MS-04よりは性能的に劣る物となってしまったが,従来型の機体と比較して高性能であったことから,大量生産に移行している。
 一方,試作機としての役目を(一応は)果たしたMS-04は,生産された一定数の機体をテストパイロットとして関わっていた各パイロットなどに与え,実戦でのデータ収集へと役目を切り替えている。

 こうした機体の中に,テストパイロットとしてモビルスーツ開発に関わっていたランバ・ラルへと与えられた機体がある。
 この機体は,ラルが自らのパーソナルカラーとしたブルーに塗装し,月面スミス海での戦闘などに投入されている。

 引用


 備考

 ジ・オリジンアニメ版で再設定された機体。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・オリジン]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年08月06日 21時49分35秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注