トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MGK-008〕ディジェ(小説版)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

DEJE / ディジェ

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MGK-008
兵器区分攻撃用試作型モビルスーツ
所属カラバ
パイロットアムロ・レイ
製作データ
デザイナー藤田一己
初出作品小説版 機動戦士Zガンダム 第4部(角川版)
参考文献小説版 機動戦士Zガンダム 第4部ザビ家再臨

 スペック

項目内容
全高23.0m
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量51.8t
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

 武装

バルカン

ビームナギナタ

ビーム・ライフル

 概要

 カラバの攻撃型試作モビルスーツ。
 地球上に展開するエゥーゴの支援組織「カラバ」が独自に開発した機体で,ジャブローの風作戦(ジャブロー攻略作戦)の後にエゥーゴ(アナハイム・エレクトロニクス)からカラバに提供されたRMS-099《リック・ディアス》をベースに開発が行われている。
 ジャブロー攻略作戦では,エゥーゴのパイロットが搭乗し,作戦に投入されたMSA-003《ネモ》やリック・ディアスは,作戦終了後そのままカラバへと譲渡されており,ジャブローで奪取したガルダ級アウドムラの運用戦力となっている。(なお,この際,MSN-00100《百式》およびRX-178《ガンダムMk-供佞浪鷦命令が出ており,未だ機密としての位置づけにあったことがわかる。)

 リック・ディアスは後に合流したアムロ・レイによって運用されているが,ニューホンコンでの戦闘や続くニューギニアでの戦闘では損傷しており,これらをきっかけに新規機体の設計開発が行われたものと思われる。
 開発に際しては,汎用機であったリック・ディアスを地上戦用の機体に再設計しているのが最大の特徴となっているが,ムーバブル・フレームなどの内部アビオニクスはそのまま流用されているため,短期間で完成している。
 また,武装も専用のビーム・ナギナタを除けば百式やリック・ディアスで用いられた部材の流用が行われており,これも本機がリック・ディアスの直系であることを示している。

 引用

口絵 Z GUNDAM MOBILE SUIT DATA BASE

 エゥーゴの地球上での支援組織カラバが試作したモビルスーツで,ニュータイプ戦士アムロ・レイの専用となっている。リック・ディアスをベースに設計されており,コクピットは頭部にある。
 武器もディアスのものを流用することが多い。

 備考

 角川文庫版の機体。
 イラストは,藤田一己氏で,ディジェSE-R風。
 というか,タイラント・ソード版と言った方がいいのかもしれない。
 なお,型式番号は誤植の可能性が高い。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・Z]


最終更新時間:2015年04月17日 22時32分09秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注