トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MBF-P02KAI〕アストレイ レッドフレーム改

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

アストレイ レッドフレーム改

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MBF-P02KAI / MBF-P02改
兵器区分汎用型MS検証試作機
所属ジャンク屋
パイロットロウ・ギュール
ハチ
製作データ
デザイナー阿久津潤一
初出作品機動戦士ガンダムSEED VS-ASTRAY
参考文献電撃HobbyMagzine
ガンダムエース

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

 武装

ビーム・ライフル

ビーム・サーベル

 ガンダムアストレイの背部に装備されている斬撃用ビーム兵器。高出力のビームの刃は,MSの装甲を容易に溶断することができる。
 その反面,エネルギー消費量が多く,レッドフレームが用いることは少ない。

ガーベラ・ストレート

 グレイブヤードで入手したモビルスーツ用実体剣。ザフトのMSが装備する実体剣と基本的には同じだが,そのコンセプトは全く別物である。
 既に失われた技術によって生み出された業物であったが,長い年月の間に朽ちてしまっていた。ロウは,その技術を体得するとともにガーベラ・ストレートを打ち直し,レッドフレームの主たる装備として用いることとなった。

タイガー・ピアス

タクティカル・アームズL

 概要

 オーブ連合首長国によって開発されたモビルスーツ。「王道ならざる者(アストレイ)」という名を持つことから分かるように,正規の手続きを踏んで開発された機体では無く,へリオポリス内で極秘開発されていた地球連合の新型機動兵器(連合初のMS)のデータを盗用して開発されるという,いわば脛に傷を持つ機体である。
 ヘリオポリスにおいて3機(あるいは後述する5機全て)の開発が行われていたが,ザフトのクルーゼ隊による襲撃事件によって,それぞれの機体が異なった勢力のものとなり,以後,歴史上に様々な活躍を残すこととなる。

 レッドフレームは,ジャンク屋であるロウによって使用されたことから,様々なシチュエーションで運用され,それに併せてOSや機体にも調整が施されている。

 本機は,ロウ・ギュールがレッドフレームにさらなる改良を加えたもので,本来レッドフレームが装備する予定でありながら,ブルーフレームに与えられたタクティカル・アームズを新たに開発し,搭載したことが最大の特徴となっている。
 また,地球圏に残されたターンデルタからパーツを移植し,ヴォワチュール・リュミエールの使用も可能となった。(ただし,これを実際に稼働させるには事実上核動力の搭載が必須となる。)

デルタフォーム

 背中がΔを逆さまにした形状になる。光の翼と呼ばれる「ヴォワチュール・リュミエール」を使うための形態である。特殊な推力が使用可能だが,真の能力を発揮するには核動力が必要である。

フライトフォーム

 飛行のための形態。特にフライトユニットの先端を鋭角に変形させた下図の形態は,ハイスピードモードと呼ばれる。ノーマルに比べ速度はでるが,安定感が低く,飛行しながらの格闘戦に向かない。

ワークフォーム

 引用

MS大全集2015

 ロウが持てる全ての技術をつぎ込みレッドフレームを改修した機体。ソード,フライト,アローフォームなど様々な形態になることが可能。またターンデルタのパーツを移植したことにより,デルタフォームにも変更ができる。(編註:変形ができる,か?)

 備考


 関連項目


 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・VS-ASTRAY]


最終更新時間:2015年08月23日 11時09分59秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注